高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 横浜商業vs広島商業|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦  横浜商業vs広島商業|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会1回戦 横浜商業vs広島商業

大会初日の1回戦第1試合、言わゆる開幕試合のカードは

屈指の好カードとなった

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

横浜商業 夏季大会2012 応援風景 -YouTube動画

好カードの開幕戦

大会初日の1回戦第1試合、言わゆる開幕試合のカードは屈指の好カードとなった。

なにせ横浜商業は前年春のベスト4のメンバーからエースピッチャーの三浦とクリーンナップを打っていた高井が残って中心となり、秋の関東大会でも高いレベルを見せつけていた。

対する広島商業は前年夏の準優勝チームであり、秋の中国大会を制していた。

ちなみに、この大会での優勝候補とされたAクラスのチームは6チームあり、北から享栄、上宮、広島商業、宇部商業、池田、興南の6高校であった。

横浜商業はそのAクラスを追うBクラス扱いであったが、作春ベスト4の原動力にもなった中心選手のエース三浦や主力打者の高井がいて、関東でも素晴らしい戦績をあげている事から限りなくAクラスに近いのでは無かろうかと思っていた。

その実力高校同士であるが、中国大会の決勝でエース沖元が宇部商業相手にノーヒットノーランしていることからやや広島商業が優勢と見られていた。

それに加えて広島商業には伝統の試合運びもある。

しかし、私としてはまったくの互角と見ていて予想がつかないほど双方の実力を楽しみにしていた。

しかし好事魔多し。

広島商業のエース沖元が開幕まであと3日という所で足を捻挫するという負傷で先発を回避することがやむ終えなくなった。

それで広島商業のマウンドには2番手ピッチャーの吉本が上がることになった。

序盤でついた差

開会式直後の試合とあって球場は満員の中、先行は横浜商業で始まった。

広島商業、吉本と横浜商業、三浦の両ピッチャーの立ち上がりはまずまずで、ランナーは出すものの2回を終わって0対0。

ただ、広島商業は初回のワンアウト1、2塁のチャンスで選手宣誓をした4番正路がダブルプレーで打ち取られたのが後々痛かった。

2回終了時点で安打も互いに1本と、膠着状態が続くことも予想された3回表、横浜商業はワンアウトから1番打者であり、斬り込み隊長でもある西村がライト前ヒット。続く信賀も出塁して3番高井がライトへ先制タイムリー。

そして4番佐藤道の意表をつくスクイズで加点すると、続く5番中村と6番佐藤利の連打で一挙4点を先制する。

その裏、広島商業も4番正路のセンター前へのタイムリーで1点を返すが、四球で出た豊田の走塁失敗など今日の広島商業は何かと拙走が目立っていた。

やはり開幕直前のエース沖元のアクシデントが早く点を取らないといけないというプレッシャーになったのであろうか。

作春ほどに速球が走っておらず、決して絶好調とは見えない横浜商業エース三浦であったが、広島商業が攻め倦んでいる間に立て直し、徐々にリズムを掴んでいった。

三浦にはブレーキ鋭い大きく曲がるカーブがあり、焦る広島打線は術中に嵌まっていく。

思わぬ実力差

そして4対1で迎えた5回表、横浜商業はこの回ちょうど先頭がトップバッターの西村。

西村はレフト前ヒットで出塁し、2番信賀がきっちり送って3番の高井がライトスタンドへ大会第1号となる2ランホームランを放つ。

1番・2番コンビが出塁、進塁し、クリーンアップがランナーを返すという理想的な攻撃で、この試合もまだ中盤ではあったが決定的な追加点になったのは誰の目にも明らかであった。

6回裏に広島商業も欅のスリーベースヒットと西川のタイムリーで1点を返して6対2として食らいつこうとするが、すぐの7回表に横浜商業は四球で出た信賀が2盗、3盗を決めて追加点に繋げる。

逆に広島商業は7回裏に先頭の二塁手、沖元滋がレフトへツーベースヒットでチャンスを作るも代打宮尾、9番竹内、1番に戻り相島と3人連続で三振に仕留められる。

これで勝負あったと誰もが思うかも知れないほどの三者三振であった。

三浦は尻上がりに調子をあげ、前半は3つだった奪三振が後半は8個と、終わってみれば優勝候補の1校である広島商業に散発6安打、奪三振11、自責点2という快投を見せた。

横浜商業は打線も12安打7得点というそつのない所を発揮し、総合力において非常に高いレベルを見せた。

広島商業のエース沖元は捻挫を圧して8回、9回のマウンドに立ち、2イニングを無安打無得点に抑えて片鱗を見せただけに直前のアクシデントは非常に残念であった。試合は7対2で横浜商業が勝った。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

Y校の広島商のお株を奪う様な試合運びにシビれましたね〜。

共にAクラス同士の対戦と言えど、かなりの総合力の高さに驚いた記憶があります。

沖元投手が万全でもう一度見たい対戦です!

1983年 第55回 春のセンバツ大会高等学校野球大会 出場校

北海道 駒大岩見沢(北海道、初出場) 東北 青森北(青森、初出場) 東北(宮城、2年連続9回目) 関東 取手二(茨城、初出場) 横浜商(神奈川、2年連続7回目) 桐蔭学園(神奈川、初出場) 峡南(山梨、初出場) 東京 桜美林(東京、2年ぶり5回目) 帝京(東京、3年ぶり3回目) 北信越 星稜(石川、3年連続5回目) 福井商(福井、4年ぶり7回目) 東海 岐阜第一(岐阜、13年ぶり3回目) 東海大一(静岡、7年ぶり2回目) 享栄(愛知、20年ぶり8回目) 近畿 長浜北(滋賀、初出場) 立命館(京都、25年ぶり4回目) 泉州(大阪、初出場) 上宮(大阪、2年ぶり3回目) 高砂南(兵庫、初出場) 報徳学園(兵庫、2年ぶり8回目) 星林(和歌山、15年ぶり2回目) 中国 大社(島根、7年ぶり2回目) 広島商(広島、9年ぶり15回目) 宇部商(山口、17年ぶり2回目) 四国 尽誠学園(香川、初出場) 池田(徳島、4年ぶり4回目) 今治西(愛媛、10年ぶり4回目) 明徳(高知、2年連続2回目) 九州 久留米商(福岡、4年ぶり5回目) 佐世保工(長崎、2年ぶり3回目) 熊本工(熊本、6年ぶり12回目) 興南(沖縄、2年ぶり2回目) 引用元-−-Wikipedia

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ