高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

甘く見てはいけない発熱と下痢からの手のしびれ

   

甘く見てはいけない発熱と下痢からの手のしびれ

日常生活の中で手のしびれを感じたことはありますか?

手のしびれと発熱や下痢の関係についてしっておきましょう。

明日は我が身です。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

手のしびれは風邪と関係があるのか

風邪をひいて嘔吐してしまったり、
悪寒が発生する状態だと、
手のしびれが自然に発生することがあります。

あまり気にする必要はないのですが、
一時的に酸欠状態になってしまい、
症状が発生することがあります。

また汗をたくさん書くことによって、
水分が足りなくなってしまったり、

嘔吐とすることによって、
体の中の栄養バランスが急激に崩れてしまって、
症状が出てくることもあります。

病気を改善することが最優先の治療方法で、
そのあとは栄養バランスを整える必要があります。

ただし、
あまりにも筋肉に負担が入ってしまった場合には、
長期間にわたり手のしびれが出てくることがあります。

引用元-手のしびれと風邪や嘔吐・悪寒は関係ありますか?

下痢や嘔吐を引き起こすウイルス性胃腸炎

「お腹にくる風邪」ともいわれ、感染性胃腸炎を引きおこす冬のウイルスの代表が、ノロウイルスとロタウイルスです。発症すると激しい下痢やおう吐の症状がでます。下痢やおう吐は、カラダの防衛作用ですが、ウイルスを体外に排出するだけでなく、カラダの機能維持に大切な体液を体外に一挙に大量に排出している状態でもあります。これを放置していると、体液を失った状態である脱水が進行し、疾患からの回復が遅れるだけでなく、手足のしびれや頭痛といった脱水症の症状があらわれ、深刻な病気につながることもあります。特に脱水弱者である子どもや高齢者は、下痢・おう吐に際しては脱水症の危険性をしっかりと認識し、罹患した場合の正しい水分補給方法を知っておくことが大切です。

一般に成人の体液は、汗や呼気などから1,000ml、尿や便から1,500mlが毎日失われ、食べ物や飲料から同じ量を摂取して出納バランスをとっています。下痢はカラダに必要ない老廃物と共に、消化液(体液)を大量にカラダの外へ排出している状態だと考えてください。体液は、水分と電解質(ナトリウムやカリウムなどのイオン類)とタンパク質などで構成されています。カラダの水分を保つ機能が未完成な幼児では体液は体重の70%を占め、成人では60%、高齢者になると50%程度になって、カラダのさまざまな機能を維持する役割を持っています。下痢では、それが大量に体外へ放出されているのです。体液が不足する状態が「脱水」ですから、ウイルスによって下痢やおう吐をすることは、その時点で「脱水」を疑い、脱水対策をはじめるべきです。

引用元-冬に多いウイルス感染性の胃腸炎。下痢・おう吐に大切なのは脱水対策 | 冬脱水の対策など多数掲載 かくれ脱水JOURNAL

手のしびれ、フグやキノコの毒にも注意

○フグや貝類の毒…
フグほど、死に至らしめる毒を持っている魚はいません。事実、食中毒死亡者の半数以上がフグによるものです。まず食後20分~3時間で、唇・舌先がしびれ始めます。そして嘔吐から始まり、言語障害・呼吸困難を発症し死亡する場合も…。他にホタテガイ・イガイ・ムラサキガイ・コタマガイ等々も、顔や手足にしびれの症状や下痢/嘔吐/腹痛を発症します。

○キノコ類の毒…
キノコ採りのニュースで年に数人、必ずキノコの毒に当たったニュースを耳にします。毒素が少ないキノコであれば、嘔吐・下痢程度で治まります。しかしトリカブトの場合、大量に食べることで死亡することもあります(以前、トリカブトによる殺人事件もありました)。
また食物自体に毒は含まれていなくても、食物を摂取することで付着した菌が体内に侵入し食中毒を発症する場合もあります。

引用元-食中毒によるしびれについて…-しびれを放置すると危険です!しびれの情報サイト

下痢の原因細菌性胃腸炎の代表的な菌について

【サルモネラ菌】
哺乳類の腸内にいる菌です。人間の腸にも存在していますが、割合はごく小さいので、人間の便からの感染は殆どないようです。食品などから感染する事が主な原因となり7~72時間程度で腹痛や発熱、下痢が起こります。

卵、鶏肉、レバ刺し、うなぎなどの食品が原因となることが多いのですが、特に生卵や生卵加工品、完全に熱の通っていない卵食品には注意する必要があります。日本ではよく「たまごかけごはん」 が食べられますが、実はサルモネラ菌による食中毒が起きやすい食べ方とも言えます。

【病原大腸菌】
大腸菌のすべてが病原性を持つわけではないので、人間にとって病原性のある大腸菌を指して「病原大腸菌」あるいは「下痢原性大腸菌」と言います。中にはただの下痢で終わってしまうものもありますが、腸管出血性大腸菌O157のように強い毒性を持つものもあります。

腸管出血性大腸菌O157は、牛などの家畜の便に含まれており、便がついてしまったものからどんどん感染していきます。そのため、どの食べ物に多い、ということが特定できません。水からも感染しますので、水道以外の飲み水を飲む場合にも注意しなければなりません。

感染から3~5日程度で激しい腹痛に襲われ、その後下痢、さらには下血に発展します。重症の場合には死に至る原因になるほど毒性の高い菌です。

【カンピロバクター】
100年ほど前から知られる菌で、家畜となる動物の流産の原因と認識されてきました。その後、人間に対しても食中毒の原因となることがわかりました。家畜や家禽が保菌しており、食用の生肉が汚染されて食中毒に発展します。また、飲み水やサラダなどの生野菜が汚染されたケースも少なくありません。

感染から2~3日の潜伏期間を経て腹痛、下痢、発熱などの症状を発症しますが、潜伏期間が7日程度と長くなる場合もあります。

引用元-下痢の原因④嘔吐と下痢の原因(細菌性) | 下痢の改善相談室

手のしびれ、こんな病気も

ギラン・バレー症候群
ギラン・バレー症候群は,
一般的には細菌・ウイルスなどによる上気道の感染や下痢などの感染があり、1~3週後に両足に
「力が入らない(筋力低下)」
「しびれる(異常感覚)」
などで発症します。
筋力の低下は急速に上方へ進行し、
足全体や腕にもおよび、
歩行時につまずく、
階段を上がれない(運動まひ)に至ることがあります。
さらに、
顔の筋肉がまひする、
食べ物が飲み込みにくい、
声が出にくい、
物が二重に見える、
呼吸が苦しい
などの症状も起こることもあります。

これらの症状はピークに達するまでは急速に悪化し、時には人工呼吸器が必要となることもあります。症状が軽い場合は自然に回復することもありますが、多くの場合は入院により適切な治療(免疫グロブリン静注療法や血液浄化療法など)を必要とします。
原因として、神経症状に先だつ感染症がみられる場合もありますが、感染症かどうかはっきりしない場合も多く、ごくまれではありますが医薬品によっても同様の症状が現れることがあります。
原因医薬品としてはインフルエンザ、肺炎球菌、ポリオなどのワクチンや肝炎治療などに使用されるインターフェロン製剤、関節リウマチなどに使用されるペニシラミン、感染症に使用されるニューキノロン系抗菌薬、HIV 感染症に使用される抗ウイルス化学療法薬、抗がん剤などが知られています。

引用元-ギランバレー症候群/感染後多発性神経炎/急性炎症性脱髄性多発神経根ニューロパチー 

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ