高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

保湿が重要です! 乾燥肌の天敵 冬が来る前に

      2015/09/18

保湿が重要です! 乾燥肌の天敵 冬が来る前に

冬は肌にとって勝負の季節です。

乾燥肌になる原因などをしっかり確認し、

美しい肌を保ちましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

冬の肌荒れが進行するのはなぜなのか

寒さと乾いた空気が水分を奪う。冬の寒さは、肌の巡りを低下させ、乾燥した空気は肌の水分を奪っていきます。年齢肌にとって、そんな冬は要注意の季節といえます。もともと年齢肌は、加齢によって皮脂量が減少しているため、肌の水分が蒸発しやすくなっています。潤い保持成分「セラミド」の減少も原因のひとつ。年齢肌が冬の乾燥ダメージを受けやすくなる原因の一つに、年齢とともに減少するセラミドがあげられます。セラミドが減少すると、肌内部の水分が蒸発しやすく、「カサつき」や「肌あれ」、さらに「ハリ不足」など年齢肌の悩みを進行させてしまうのです。だからこそ冬の保湿は、美肌を保つうえでは、とても重要です。

引用元-冬の乾燥肌対策にオススメの保湿ケア|サントリーウエルネスのF.A.G.E.【エファージュ】

熱いお湯での洗顔は乾燥肌の原因に

■洗顔はぬるま湯でさっと
熱いお湯でクレンジングや洗顔すると、乾燥の原因に!

「クレンジングや洗顔は、水に近いくらいの常温水で。入浴中にクレンジング・洗顔を行う場合は、蒸気で肌をやわらかくし、一番最後に行うのが理想です。洗髪のときなども、顔に熱いお湯がかからないように気をつけて」(立元先生)

また、洗顔というと「きちんと汚れを落とさなきゃ」と時間をかけてじっくり洗いがちですが、実はコレ、逆効果。肌に必要な皮脂や、セラミドなどの保湿成分まで取り除いてしまいます。

「クレンジング&洗顔はなるべく短時間でさっとすませましょう。どんなに長くても2分以内で。泡はTゾーンから目の周り、頬の順にのせ、力を入れずにやさしく洗いましょう。朝の洗顔は、ぬるま湯で洗い流すだけでも十分ですよ」

引用元-冬の乾燥対策! 白ツヤたまご肌のための保湿の5ルール – Peachy – ライブドアニュース

乾燥肌に有効な水溶性保湿成分と化粧水

保水力が高い水溶性の保湿成分の中で、特に保水力に優れているのはこれらの成分です。
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
・天然保湿因子(アミノ酸 など)

それぞれの成分の特徴と、おすすめの化粧水をご紹介します。
今回は、特に以下の2点を重視しておすすめ化粧水を選んでいます。

・水溶性の保湿成分が多く含まれている
・刺激になりやすい成分が含まれていない または微量のみ含まれている
(化粧品の成分表示は配合量が多いものから順に記載されています。
成分表記の最初の方に保水力の高い保湿成分が記載されているものを選んでいます。)

引用元-しっかり保湿で潤い肌に!乾燥肌におすすめの化粧水と正しい保湿方法

乾燥肌のための入浴法

乾燥肌のためのスキンケア~入浴法~
長湯をしない、お湯の温度は38~40℃に
熱いお湯に長く浸かっていると、皮膚の表面を覆う細胞がお湯に溶けだし、皮膚はダメージを受けます。また、熱いお湯は痺みを誘発するので、つい引っ掻いたり、強くこすったりして肌を痛めてしまいがちです。  
 入浴剤は、使用方法や成分をよく確認して使ってください。硫黄成分には、肌の乾燥を促進する性質があります。  
石鹸の使い過ぎに注意
石鹸の成分が肌に残っていると、肌にトラブルを起こすことがあります。しかし、すすぎ過ぎもよくありません。石鹸は適量を使うことが大切です。汚れやすい部分以外は毎日石鹸を使う必要はないのではないかという専門家の意見もあります。
 
洗うとき、拭くときに強くこすらない
 肌を強くこすると、汚れだけでなく皮膚の角質層がはがれてしまうことがあります。身体を洗うときは手の平で優しく丁寧に。お風呂あがりには、バスタオルで柔らかく押さえるように拭くようにしましょう。
 
乾燥肌のためのスキンケア
 肌から水分を逃がさないよう保護するために保湿剤は欠かせません。保湿剤は入浴後すぐ(10分以内に塗るのが効果的です。肌の水分量は、入浴後10分までは入浴前の2倍程度ありますが、20分を過ぎると入浴前の状態に戻り、50分後には入浴前を下回ります。  
 保湿剤を塗る際には、手の平で優しく、できるだけ広く塗るようにしましょう。すり込むように塗るのは皮膚を傷め、逆効果です。  
 使用する保湿剤は、皮膚科で処方された物が安心です。痒みは、肝臓病・糖尿病・慢性の白血病のような病気の自覚症状として現れるケースがあり、そうしたことを確認する意味でも、皮膚科を受診 して肌の状態とその原因をきちんと把握することが大切です。

引用元-冬の乾燥肌対策|スキンケア|入浴法|保湿剤

乾燥肌の正しい保湿の考え方

保湿についての考え方には、大きく分けると以下の2種類があります。

(1)お肌が自らのバリア機能を回復するまでの「応急処置」としての保湿

健康なお肌でも、クレンジングや洗顔、入浴などにより、多かれ少なかれ角質層の細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)が洗い流され、お肌の水分保持力が弱まります。

お肌は主に睡眠中に、約24時間かけて失った細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)を回復させます。

細胞間脂質やNMF(天然保湿因子)が回復するまでの間はお肌が無防備な状態ですから、「応急処置」としての保湿が必要です。

間違ったクレンジングや洗顔を止め、お肌から過度に細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)が流出しないようになれば、多くの方は翌日にはお肌のバリア機能が回復しているはずです。

そのため、この「応急処置」の保湿では、お肌が細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)を回復するのを邪魔せず、またバリア機能の回復前のお肌をきちんと守る方法を選択する必要があります。

(2)お肌のバリア機能自体を高めるための保湿

加齢やアトピー性皮膚炎等が原因で、お肌の細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)の生成力が衰えている場合や、乾燥が進んでお肌が簡単に正常な状態に回復しない場合は、不足している分を補う方法を検討しましょう。

不足する細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)を補うのにも、以下の2種類のアプローチがあります。

細胞間脂質の主要成分であるセラミドやNMF(天然保湿成分)の主要成分であるアミノ酸など、不足しているもの自体を補う
細胞間脂質やNMF(天然保湿成分)の生成力を高める効果のある成分を補う

引用元-乾燥肌の予防と対策(3)乾燥肌の正しい保湿方法とは? | スキンケア大学

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ