高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 小松明峰高校vs久留米商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 小松明峰高校vs久留米商業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 小松明峰高校vs久留米商業

大会7日目の第2試合は、今大会で一番予選で番狂わせを達成して

甲子園に乗り込んできた小松明峰高校が、選抜で快速球を披露した

久留米商業のエース山田に立ち向かう絵図となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

番狂わせナンバー1 小松明峰

大会7日目の第2試合は、今大会で一番予選で番狂わせを達成して甲子園に乗り込んできた小松明峰高校が、選抜で快速球を披露した久留米商業のエース山田に立ち向かう絵図となった。

この年代の石川県大会ほど間違いないと言われたチームは無かっただろう。

ダントツで2枚も3枚も上と評価されたのが星稜高校。

選抜でも名門熊本工業を粉砕し、1点差で敗れた横浜商業が準優勝したことからもレベルの高さは見せつけた。

それだけに県内では星稜高校に死角は無い、と断言出来るほど湯上谷、荒山などを中心とした戦力は充実していた。

星稜を脅かす2番手が見当たらないほど星稜は群を抜いていたが、準決勝の金沢高校戦において大苦戦。

勝ったものの、延長17回の死闘の疲れは決勝でボディーブローのように効いた。

全くのノーマークで決勝に上がってきた小松明峰高校に終盤まさかの逆転劇を演じられ、小松明峰高校が甲子園初出場を決めた。

今大会の予選で一番の番狂わせと言われたのは過言ではないほど、まさに無名との扱いであった小松明峰高校であるが、しかし激戦の準々決勝からの3試合は全て終盤の転勝ち。

実力が無ければ切符は掴めなかったはずである。

久留米の剛腕再び

福岡県大会は選抜で快速球を披露した山田投手率いる久留米商業がV候補であった。

しかし、選抜で痛めた足と背中の負傷が唯一のネックとなっていた。

山田投手はエースとしてだけでは無く、4番を打つ主砲としても柱であったので負傷からの回復を待つ状況であった。

それならばと、頂上を狙うのは八幡工業、福岡大大濠高校、福岡高校、柳川高校、といった県内の実力2番手グループだった。

しかし、予選が始まると山田は痛みを悪化させないように庇いながらも快投を続け、一番安打を許したのも柳川高校戦の6本という安定ぶりでチームを春夏連続出場に導いた。

大黒柱の山田投手

山田投手が万全であれば、久留米商業の優位は動かないだろうという戦前の予想であったが、そこは星稜高校を退けた小松明峰高校なだけに、始まってみないとわからない。

だが、1回の表、小松明峰は山田投手のストレートに手も足も出なかった。

その裏、小松明峰エース細川も久留米商業打線を内野ゴロに全て打ち取る素晴らしいピッチングを見せた。

試合が動いたのは3回の裏、久留米商業はランナーを1人おいて2番中野が左中間にツーベースヒットを放ってチャンスを作ると、3番永松がライトへ犠牲フライを放ち先制点をあげる。

続く4番エースの山田が右中間を破るタイムリースリーベースヒットを放ってこの回2点をあげた。

4回の裏、小松明峰のエース細川が乱れる。デッドボール、自らのフィールダースチョイス、ピッチャーゴロエラーと満塁のピンチを招くと、9番塚本にスクイズを決められる。

続く1番矢羽田のセンター前ヒットのあと、ツーアウトランナー2、3塁として4番ピッチャー山田がレフトにタイムリーヒットを放つなどこの回一気に5点を追加した。

久留米商業完勝

7-0と大量リードしても、山田投手は変わらない。

気持ちを決して切ることなく、小松明峰打線に付け入る隙を与えない。

選抜の宇部商業戦で見せたような剛球ほどとは行かないものの、外角、内角に巧みなコントロール技術を見せて的を絞らせない。

県予選では、終盤にミラクルを連発して逆転してきた小松明峰。

それまで単打2本と成す術が無かったが、6回に9番寺師のレフト前ヒットと2番石谷のライト前ヒットでワンアウトランナー1、2塁と初めてチャンスを作るが、3番水落がセカンドゴロのダブルプレーに打ち取られて無得点に終わった。

小松明峰の見せ場はこの回だけで、そのあと小刻みにダメ押し点をあげた久留米商業が9-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

星稜を破る金星で初出場した小松明峰でしたが、実力の片鱗を見せれなかったのが残念でした。

山田投手は選抜の宇部商業戦ほどではありませんでしたが、4安打完封はさすがでした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ