高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

発熱からくる下痢と腹痛 様々な要因

      2015/09/19

発熱からくる下痢と腹痛 様々な要因

腹痛から下痢をし、発熱まですると身体はかなり

つらい状況でしょう。病院に行くことが第一ですが、

参考に原因や考えられる病気について考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

腹痛からは色々な原因が考えられる

【概要】腹痛と言っても、いろいろあります。特に最終的に外科的処置が必要となるものを急性腹症と言いますが、最初は同じ腹痛です。腹痛は大きく分けると、胃や十二指腸、大腸の炎症や潰瘍によって生じる痛みと、腹膜を刺激して生じる痛みに分けることができます。また腹痛というと胃や腸を考えますが、肝臓、胆嚢、膵臓、女性であれば卵巣、子宮、また腎臓や尿管が原因となることもあります。

【腹痛の原因】上記にも書きましたが、原因を特定することは難しく、やはり最終診断は医師に頼るべきでしょう。しかし、食べすぎた飲み過ぎた、いつもと同じ胃の痛み、下痢を伴ったいつもの痛みなど、ご自分で判断される場合も多いと思います。最も多い原因は、急性の胃炎によるものでしょう。字の如く胃の炎症が急に起こったものです。同じように腸に生じた場合急性腸炎で、多くは下痢を伴います。その他胃潰瘍や十二指腸潰瘍の頻度も高いでしょう。また尿管結石の場合、以前に経験があると自己判断されることも多いでしょう。痛みが激烈なことが多く、側腹部痛や腰部痛が中心のことが多いのが特徴です。その他自己判断されるケースが多いのは、やはり女性の生理痛などでしょう。また胆石や胆道系の痛みのこともあります。いずれにしても、原因はたくさんあり、いつもと同じとか、食べ過ぎなど心当たりがある場合を除いて自己判断は禁物です。

【腹痛の診断】ここでは、食べ過ぎによる胃炎や腸炎を中心に書きます。胃炎と十二指腸炎を鑑別するのは難しいですが、一般に食後に痛む場合と空腹で痛む場合で、障害部位は異なると考えられます。胃の上部などでは食後、出口近くや十二指腸では空腹に痛むことが多いようです。もちろん例外もたくさんあります。また嘔気や嘔吐を伴ったりすることも多いようですが、これは胃炎や胃潰瘍に限ったものでないことに注意して下さい。急性虫垂炎(盲腸)は初期には胃部の痛みとして始まることがあり、徐々に右下腹部痛に変わることもあります。大切なことは、いつもと違う痛みや症状、程度が強い場合は自己判断自己治療のみでなく医療機関を受診して下さい。

大腸炎の場合は下痢を伴うことが多く、痛みの場所は下腹部が多いようです。しかも間欠的にぎゅっと絞ってくるような痛みが繰り返し、排便によって軽減することが多いです。しかしこれも、いつもと違う場合や、便に血が混じる場合など、早急に受診して下さい。

引用元-急病の対処方法

発熱や下痢、腹痛の症状がでる食中毒に注意

食中毒による症状は、下痢、嘔吐、腹痛、発熱が主症状になります。原因となる細菌やウイルスが侵入することで発熱し、消化管の中で細菌やウイルスが増殖し胃腸の機能低下となり下痢や嘔吐があらわれます。食中毒の症状は、原因となる細菌やウイルスの種類によって発症するまでの期間(潜伏期間)や発症期間も異なります。また、下痢や嘔吐の原因となる細菌やウイルスによって異なる性質を利用して病院に行かなくても自己診断することができます。この方法は、ご自身や家族が下痢や嘔吐などの症状があらわれたときに応急処置をするのに非常に役に立ちます。そのためにも下痢や嘔吐の原因となった細菌やウイルスの症状を知ることが非常に重要になります。このページでは、日本国内で発生している食中毒の種類のリストを作成してみました。

食中毒を症状から種類を特定可能

説明の通り、食中毒の症状や原因を疑われる食品を摂取してから発症するまでの期間(潜伏期間)から原因となる細菌やウイルスを特定することができます。特に食中毒の原因となる細菌や種類によって症状は明らかにことなります。まずは、患者さんの症状を聞き取ります。下痢や嘔吐は、どの種類でもありますが、発熱は一部しかありません。非常に軽い発熱の場合は、自覚症状がないこともありますが発熱があるか無いかは種類を特定するのにヒントになります。また、食中毒の原因となる細菌やウイルスには、原因になりうる食材があります。例えば、カンピロバクターは鶏肉が原因、腸炎ビブリオは魚介類、サルモネラ菌は肉類、ウエルッシュ菌はカレーやシチューなどの煮込み料理、病原性大腸菌も肉類などです。発症した時間から逆算して該当する時刻に疑われる食品の摂取をしたかで原因物質を特定することができます。

引用元-食中毒の症状と種類

下痢や腹痛、感染性胃腸炎に注意

(1)感染性胃腸炎とは

ウィルス、あるいは細菌などの感染性病原体が原因になり、吐き気・嘔吐、下痢、腹痛などの急性の胃腸炎症状を引き起こす病気です。その結果として種々の程度の脱水、電解質喪失症状、発熱などの全身症状が加わるものを感染性胃腸炎と言います。
年長児や成人では細菌性腸炎の頻度が高いのですが、乳幼児ではウィルス性腸炎が圧倒的に多くなります。
特に1歳以下の乳児では症状の進行が早く、乳児嘔吐下痢症と呼ばれます。

(2)感染性胃腸炎の原因

ウィルスによるものと細菌によるものに分かれます。
ウィルス性:ロタウィルス・ノロウィルス・アデノウィルスなどで、主に冬場に見られます。
細菌性:サルモネラ・腸炎ビブリオ・カンピロバクター・病原性大腸菌などがあり、主に夏場に見られます。夏場の食中毒の原因は主にこれによるものです。

引用元-

下痢止め剤と整腸剤の役割の違い

くすりは、下痢の種類によって使い分ける必要があります。
下痢止め剤には、腸管の運動を抑制する成分、荒れた粘膜を保護する収れん成分、下痢の原因物質を吸着する成分、腸内の細菌を殺菌する成分などが含まれているので、下痢の原因を考えて成分を選ぶ必要があります。食中毒の治療で菌を排出しなければならないときには、腸管運動抑制成分の入った下痢止め剤は使わないようにします。
整腸剤には腸内の悪玉菌を抑えて善玉菌を助ける整腸生菌成分が配合されています。腸の調子を整えたいときに選びます。

引用元-下痢・食あたり(食中毒)の対策|からだの症状|くすりと健康の情報局

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ