高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

黄疸の症状はわかりづらい 大人になればなるほど見逃しがち

      2015/09/21

黄疸の症状はわかりづらい 大人になればなるほど見逃しがち

黄疸は新生児に多いイメージがありますが、

大人でも黄疸が出ることがあります。

症状と合わせて確認しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

黄疸は大人でもなるのか

なりますよ。
肝臓で作られた胆汁が胆臓に送られ濃縮されます。
濃縮された胆汁が十二指腸に分泌されるのですが、その通り道になんらかの障害が生じてうまく流れなくなると、
血液中に排泄されてしまいます。
これが、黄疸です。
ザクッとした説明ですが。

白目が黄色くなってませんか?
ちょっと黄色いのではなく、明らかに黄色です。リポビタンDの色してませんか?

気になるようなら、内科、詳しく行くと消化器内科を受診してください。

引用元-黄疸って大人でもなりますか?先日、母から顔が黄色いと言われ… – Yahoo!知恵袋

黄疸の症状とは

一般に自覚症状が乏しい。診断学では黄疸はひとつの徴候としてとらえられている。
皮膚掻痒感(ひふそうようかん):皮膚の痒み。直接ビリルビン優位性の場合に見られる。
眼球結膜黄染
眼球結膜黄染(がんきゅうけつまくおうせん)は、目の結膜が黄色くなること。血中ビリルビン濃度が3mg/dl以上になると出現する。
皮膚掻痒感に関しては若干の異論も存在する。ビリルビン以外の胆汁排出が正常である(肝、胆道系の酵素は上昇しない)体質性黄疸(の一部)では皮膚掻痒感が出現しないことが知られている。そのため、皮膚掻痒感は高ビリルビン血症の症状ではなく胆汁鬱滞の症状であると考える者もいる[誰?]。胆汁鬱滞とは胆汁が十二指腸に至らない病態である。胆汁鬱滞をおこせば通常は高ビリルビン血症をきたすが、高ビリルビン血症は胆汁鬱滞をおこすとは限らない。胆汁鬱滞の原因としては肝細胞の数や肝臓形態を含めた機能の異常や肝内、肝外を含めた胆道の閉塞が挙げられる。胆汁鬱滞では皮膚掻痒感からはじまり皮膚黄色腫、骨粗鬆症、血液凝固異常が生じる。臨床的には脂肪便や脂溶性ビタミンを中心とする吸収不全が有名である。
なお、体質性黄疸の例から皮膚掻痒感を起こす原因物質がビリルビンではないということはわかっているが、原因物質は同定されていない。
黄疸の終末像はBBBが未成熟な新生児なら核黄疸、成人の場合はビリルビンのミトコンドリアへの沈着による多臓器不全である。なお胆汁鬱滞の終末は感染症による敗血症や肝障害による肝不全である。

引用元-黄疸 – Wikipedia

黄疸が出る理由とは

そもそも黄疸とは何故出るのでしょうか?肝臓と顔色が黄色くなることの関係は何でしょうか?
では、まず肝臓が普段どのように働いているのかを見ていきましょう。
肝臓とは体中の毒素、例えばアルコールや体から出る老廃物などを解毒し、脂肪分を分解する助けになる消化液胆汁
を分泌する臓器です。
つまり、肝臓が悪くなるということは体の解毒作用が弱くなり、脂肪分をうまく体が吸収できなくなると考えられますね。
肝臓が悪くなると、肝臓が処理するべき毒素の一つビリルビンというものがうまく処理されなくなります。
これを処理できなくなると、体の中に毒素であるビリルビンが溜まるということになります。
ビリルビンには黄色の色素がありますので、体に溜まり皮膚や白目に沈着する事で黄色く見える黄疸となるのです。

引用元-黄疸が大人に出たら?大人の黄疸に潜む5つの病気とは?

黄疸の症状が出ても自己診断は控えて病院へ

白目の部分や肌(皮膚)が黄色く染まる黄疸の症状が出ると、
末期がんの可能性を疑ったり、
危険な病気ではないかと心配する人がいる。

その心配は時として当たっていることもあるものの、
深刻な原因ではない場合も多いので
まずは落ち着いて診断を受ける事が重要。

心当たりの病気を持っていないのなら、
ちょっとした問題が黄疸の症状の原因の場合もある。

そもそも、なぜ目や肌が黄色くなるかというと、
ビリルビンという成分が皮下脂肪に大量に溶け出すことが
直接的な原因となる。

その背景にあるのは体質的なことであったり、
胆汁が正常に流れないことであったり、
肝細胞に問題が生じていたりするので、
一概に言えるものではない。

あくまで黄疸は様々な病気によって引き起こされる症状。

腹痛の場合に胃潰瘍や胃がん、ただの風邪など、
様々な原因が考えられるように、
黄疸にしても想定できる原因は多種多様。

だからこそ、自己診断は止めておいたほうがいい。

ちなみに、症状がひどくなってくると、
汗まで黄色くなってくる。

こうなると、肌に触れるTシャツまで黄色くなってきて、
ますます見た目に顕著な状態となる。

治療を行うにしても、
根本に何があるかが異なる以上、
黄疸を治すために共通の治療があるわけではない。

治療期間も様々なので、
このへんは人それぞれとしか言いようがない。

極端な話、末期がんによって黄疸の症状が出ているなら
治療をしても回復しないこともある。

もちろん、実際にそんな重い病気ではなく、
実は簡単に治るものであったり、
特に心配するほどのものではないこともある。

引用元-黄疸の症状が出たということは|世界4大自由を手に入れる海外生活者の風変わりな生活

発熱や吐き気症状後に黄疸は急性肝炎の疑いあり

肝炎は、主としてウイルスの感染によって起こる病気で、ウイルスAに感染したものをA型肝炎、ウイルスBに感染したものをB型肝炎という。(薬物やアルコールによるものもある)以前は、ウイルスの経口感染によるものを流行性肝炎、輸血によって感染するものを血清肝炎と呼んでいたが、現在では、A型肝炎もB型肝炎も、経口でも輸血でも起こることがわかっている。

急性肝炎は、発熱して、吐きけがあったり、下痢をしたり、食欲がなくなって、ひどくだるいという症状に始まり、2、3日して黄疸がでるのがふつうだが、黄疸が出ずに、ただカゼのような症状だけのこともある。残念ながら、現在、このウイルスに効く薬は発見されておらず、また予防も困難である。したがって、治療は、絶対安静を守り、バランスのとれた栄養をとる必要がある。

慢性肝炎は、急性肝炎が慢性化したもので、殊にB型肝炎は長引いて慢性肝炎になる傾向が強い。が、急性肝炎の症状が軽くてかかったことに気づかないでいて、いつの間にか慢性肝炎になっているものもよくある。疲れやすいとか、だるいとか、腹がはる、食欲不振などがあれば一応疑って調べてもらうほうがいい。また、酒好きの人が、酒が飲めなくなったら、やはりこの病気を疑う必要がある。安静を第一に、医師の指示通り、気長に療養するのがいちばんである。

引用元-急性肝炎

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ