高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

これって黄疸の症状? 手のひらが黄色くなってるんだけど

      2015/09/22

これって黄疸の症状? 手のひらが黄色くなってるんだけど

手が黄色くなっていて黄疸かと心配に

なったことはありませんか?症状を見ていくと

単なるみかんの食べ過ぎということもあるようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

手だけが黄色くなる症状は黄疸ではなく柑皮症

肌、とくに手のひらや足の裏が黄色いという場合には、柑皮症が疑われる。柑皮とはみかんの皮のことで、柑皮症はみかんの中に含まれるカロチンという色素によって、肌が黄色くみえることをいう。カロチンは、みかんの他にも、カボチャ・ニンジンなどにも多く含まれている。みかんは食べなくても、オレンジジュース・野菜ジュースをたくさん飲む子どもにもみられることがある。柑皮症の場合には、目の白眼が黄色くなることはないので、黄疸と区別できるし、黄色いというだけで特別、からだに害があるというものでもない。カロチンを多く含む食べものを制限すれば、自然に治る。

また、皮膚の血行が悪くなっているときも、肌の色が黄色いと感じられることがある。一般に日本人の肌の色は、もともと黄色っぽい色なんだけれど皮膚の毛細血管を流れる血液によって赤味を帯びている。皮膚を流れる血液が減少すると、黄色い皮膚の色が目立ってみえることもあり、貧血などがある場合にみられることがある。

引用元-黄疸と柑皮症 野菜ジュースやみかんで黄色に?|『卵は半熟じゃないと機嫌が悪いです。』

なぜみかんをいっぱい食べると手が黄色くなるのか

では、なぜみかんをいっぱい食べると手が黄色くなるのか。原因はみかんの色素、カロテノイドにある。特に、カロテノイドの一種「β(ベータ)クリプトキサンチン」がみかんに豊富に含まれているというのがみそ。舌をかみそうな名前だが、動物実験でがんの抑制効果が認められ、注目が集まっている色素だ。βクリプトキサンチンは、ニンジンやトマトに含まれるβカロチンやリコピンなどの色素とは構造が違い、血液に入ると脂肪酸とくっつき、最終的に脂肪細胞にたまる性質を持つ。食べる量がわずかでも、脂肪にたまりやすく、いっぱい食べれば食べるほど、色素がたまる仕組みだ。
 実際、農研機構・果樹研究所カンキツ研究部が2002年から、静岡県の約180人を対象に血中のβクリプトキサンチンを調べたところ、「みかんをほとんど食べない」と答えた人でも、血中に色素を含んでいる事が分かった。2001年の調査では、みかんを毎日4個以上食べる人の血中には、ほとんど食べない人の約10倍もの色素(1デシリットル中187マイクログラム)を含んでいた。つまり、みかんを食べれば食べるほど、血液を通して脂肪に黄色い色素がたまり、その結果、手が黄色になるというわけだ。

                        □ □ □

 みかんの色素の機能性を研究する、同研究所の杉浦実主任研究官は「実は手だけが黄色くなるのではなく、足の裏や臓器など脂肪があるところは、黄色くなるんです」という。手は、目につきやすい部分だけに「手だけが黄色くなった」という思いこみがあるようだ。手などが黄色くなる傾向は「赤ちゃんや女性、高齢者に見られやすい」と杉浦さん。脂肪の量やホルモンの関係で、男性の場合は、女性よりみかんを多く食べていても、黄色くなりにくいという。
 ところで、黄色くなっても大丈夫なのだろうか。日本大学短期大学部食物栄養学科の西山千秋教授は「全く心配することはない。みかんの色素で黄色くなった、ただそれだけのこと」と意に介さない。みかんを食べるのを一時的に抑えれば、元に戻るという。黄色い手は、みかん好きの証拠。ついでに足の裏も黄色くなるか、試してみよう。

引用元-ネット管理人・みかんをたくさん食べると手が黄色くなるわけ

黄疸は症状により4つのタイプに分けられる

溶血によるもの(溶血性貧血)
肝細胞の障害によるもの(肝細胞性黄疸)
代表的な疾患は急性肝炎です。ウイルス、薬剤、アルコール、自己免疫など様々な原因でおこります。慢性肝炎は通常は黄疸をみません。肝硬変で 黄疸をみる場合には、肝細胞の機能がかなり低下していることを意味します。
胆汁の流れが障害されるもの(閉塞性黄疸)
肝内胆汁うっ滞症(急性肝炎にみられる一つのタイプであり、ウイルスや薬剤などが原因となっておこりますが、薬物療法によって改善が期待され ます)と外科的な治療が必要な閉塞性黄疸(結石、腫瘍などが原因となり胆汁の排泄路である胆管が狭窄して黄疸をきたします)に分かれます。
体質性のもの(体質性黄疸)
4つのタイプがあります。
治療が必要となる黄疸は1〜3に含まれる病気がほとんどです。黄疸を認める場合には、血液を採取して血液像や肝機能検査などを調べるとともに超音波やX線を 用いた画像検査を行い、黄疸の原因を早急に調べて、内科的な治療を行うか。あるいは外科的な手術が必要かどうかを判断する必要があります。

引用元-一般のみなさまへ | 日本消化器病学会

手が黄色くなる症状 油断は禁物

私がウイルス性の肝炎になったときは、吐いたときに目が黄色くなっただけでした。
それが唯一私の黄疸の症状でした。

そして、入院して同室の患者さんに話を聞いていると、みなさん、かなり黄疸が強く
出ていたようです。黄疸が出た手を、ミカンの食べ過ぎで手が黄色くなったと
思っていた患者さんもいます。

体全体の皮膚が黄色味を帯びた人もいました。肝臓病に罹ると、
灰白色便の便が出る人もいます。

灰白色の便は、脂肪分を摂り過ぎた時や、胆石や胆道の病気で異常が起こり、胆汁が
腸に流れてこない場合もこの色になります。灰白色便は、肝臓を悪くしたときだけで
なく「膵臓」「胆石」「胆道」などの病気でもおこります。

とにかくこのような便が出たら内科か消化器科を受診することをお勧めします。
何か変?と思ったとき、面倒がらずに病院を受診することがもし病気だった場合にも
早期回復が望めます。

原因不明の肝機能障害 で悩まされる30代の女性がいました。彼女は、普段は何の症状
もなく、たまに、風邪や何か体の不調で血液の検査をすると、肝機能の数値が高いこと
を指摘され、エコーなどの検査をしても異常なしと言われるので悩んでいます。

とにかく、一応肝機能の数値が高いという血液検査の結果が出ているからには、肝臓病
を悪化させない生活をしなければいけないということで、できるだけ安静を心がけて、
質の良いたんぱく質を摂ることを心がけているといいます。

私も肝炎で入院した時の退院指導で、1時間仕事をしたら、10分間上向きに寝て身体を
休ませることを言われました。横になって休むことで肝臓のへ血液がよく流れるように
なり、快復が早まるのだそうです。やっぱり肝臓病の一番の治療法は安静なのですね。

引用元-肝炎と黄疸の症状、灰白色便について | 肝臓に良い食べ物とサプリメント|肝機能回復最新ガイド

柑皮症と黄疸の見分け方とは

肝機能障害や、胆石等お持ちの人は、黄疸との鑑別に悩むのではないのでしょうか?

実は簡単に見分ける方法があります。

黄疸だと、てのひらや足の裏だけでなく、全身が黄色くなります。

黄疸の場合の特徴として、眼球の白目の所まで黄色くなります。

眼球の白目は、正常の場合、青みがかった白色です。

(注:実際に診た患者さんで全身に黄疸が出てた時は、超人ハルクの様に黄緑掛かった胆汁の様な色でした。肝臓癌の末期の患者さんでしたが、いつも饒舌な人なのにその日はやけに大人しかったのを覚えています。その日から三日後にお亡くなりになりました。)

柑橘類、ニンジン、カボチャ、アンズ、パセリ、マンゴー、 とうもろこし等々。

カロテノイド色素の多い食物をたくさん摂ると手足が黄色くなります。

引用元-柑皮症(かんぴしょう)と黄疸(おうだん)の簡単な見分け方|錦糸町:肩こりと肩甲骨の痛みを治療目的のマッサージで解消

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ