高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 川之江高校vs岐阜第一高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 川之江高校vs岐阜第一高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 川之江高校vs岐阜第一高校

互いに打力には定評があり、県予選は得点力を見せつけた両チーム。

しかし1回戦の戦いぶりは双方ともにエースの活躍による完封勝ちであった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

スポンサーリンク

地力に勝る岐阜第一

互いに打力には定評があり、県予選は得点力を見せつけた両チーム。

しかし1回戦の戦いぶりは双方ともにエースの活躍による完封勝ちであった。

得点力の高いと両高校にとって、エースがシャットアウトで勝っているというのは、チーム自体が波に乗っているといった最高の状態であるがそんな両校のこの対戦は岐阜第一高校が有利と目された。

その理由は初戦で名門、天理高校に大勝していることと、選抜での実績であろう。

奪三振はゼロでありながら、打たせてとるピッチングで天理高校を完封したエース加藤の投球術には目を見張るものがある。

川之江高校エース定金も初戦で完封を見せているとは言え、1発のある岐阜第一打線には相当手を焼くだろうとの見方が多く、戦前の予想は岐阜第一が優勢と見られていた。

川之江高校、初回のパンチ

1回の表、川之江高校のトップの田川に対して岐阜第一エース加藤はいきなりフォアボールを与えてしまう。

ここで川之江高校は2番大塚に送りバントをさせてワンアウトランナー2塁とする。

続く3番井原の打球はファーストゴロ。

しかし、一塁手山田がこれをエラーしてしまい、川之江高校は労せずワンアウトランナー1、3塁のチャンスを迎えた。

ここで続く4番高橋が右中間を破るタイムリースリーベースヒットを放ってランナー2人が生還し、川之江高校が先制した。

この高橋の素晴らしい打球により、岐阜第一守備陣は浮き足立ってしまったのか、続く5番寺田の打球をショート林がお手玉してしまい、もう1点追加となり川之江高校は初回に3点をあげる好スタートをきった。

初回からエラー2つと、思わしくないプレーで失点してしまった岐阜第一高校は、その裏1番林がライト前ヒットで出塁する。

続く2番白木が送りバントを決めてワンアウトランナー2塁としたあと、3番早矢仕がセンター前にヒットを放ち、これがタイムリーヒットとなって岐阜第一は1点を返した。

2回の表、川之江高校はワンアウトから9番定岡がライト前ヒット。

続く1番田川がレフト前にヒットを放って続くと、2番大塚がフォアボールで歩き、川之江は満塁のチャンス。

ここで3番井原がライトへ犠牲フライを放って川之江が1点を追加した。

じわりじわり岐阜第一

再び3点差とされた岐阜第一は、その裏先頭の5番ピッチャー加藤がセンター前ヒットで出塁。

続く6番伊藤はセカンドゴロに倒れたものの、ダブルプレーにはならずにランナーが残った。続く7番穴吹がフォアボールで歩き、スコアリングポジションにランナーを進めると8番山田がレフトにタイムリーヒットを放って1点を返した。

3回の裏、岐阜第一はこの回先頭の3番早矢仕が、打った瞬間に入ったと思ったと言うソロホームランをライトへ放ち、ついに3-4と1点差まで追い上げた。

リードされたとは言え、毎回得点を重ねていく。こうなるとペースは完全に岐阜第一に傾いて行く。

沈黙の終盤

4回の裏、岐阜第一高校はワンアウトランナー2、3塁のチャンスで2番白木がスクイズを決めてついに同点に追い付いた。

このあと4番石地にタイムリーツーベースが飛び出してこの回一気に3得点をあげ、6-4と逆転に成功した。

いつの間にか逆転されていた川之江高校はすぐさま5回の表、3番井原のヒットを4番高橋が送ってランナー2塁としたあと、5番寺田が右中間にタイムリーツーベースヒットを放って1点差と追いあげた。

中盤で1点差と、この試合はまだまだわからないといったところであったが、このあと両エースが踏ん張り、試合は終盤を迎えた。

前半の打撃戦で、やはり両チームともに打力の強さを認識したが、後半は1回戦で見せたようにエースが点を与えない。

試合は終盤になって投手戦となり、そのまま岐阜第一高校が6-5で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

前半は点の取り合い、後半は両エースの粘り合いと、まさに固唾を飲む接戦でしたね。

川之江高校としては後半最大のチャンスであった7回が残念でした。岐阜第一の地力が目立つ試合でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ