高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

黄疸の症状と様々な種類のがんとの関係

   

黄疸の症状と様々な種類のがんとの関係

がんの発見は黄疸の症状から気付く事も多くあります。

また、末期で黄疸の症状が出るがんもあります。

違いをしっかり見極めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

胆管がんは黄疸症状で発見されることが多い

胆管癌は胆嚢がんと違って胆汁の流れ道にできるがんですから比較的小さながんでも胆汁の流れが妨げられ(胆汁の鬱滞)黄疸症状が現れて胆管癌が見つかることがあります。
胆管癌の初発症状の90%は黄疸です。その他には掻痒(そうよう)感、軽度の上腹部痛、体重の減少なども半数程度の症例で認められます。
黄疸症状としては皮膚や眼球の白目の部分が黄色くなったり、便の色が白っぽくなったり、尿の色が濃くなったりします。かゆみを自覚することもあります。
黄疸を伴わない症例では腹部痛や発熱、食欲不振、全身の倦怠感(けんたいかん)などが初発症状として現れることが多いようです。
しかしながら無症状の症例もあり、この場合には早期発見は困難といえます。
胆管癌が進行すると、体重の急激な減少や背中の痛み、腹部の腫れ、みぞおちの辺りの痛みが出てくることがあります。また、便通異常(下痢や便秘)が続くこともあります。
さらに胆管癌が進行して癌性腹膜炎を起こした場合には腹水を呈することもあります。
胆管癌になると食欲不振や体重の減少がしばしば起こります。
胆管癌による背中や腹部の痛みは、がんが周囲の神経に浸潤した場合や、炎症が起きた場合、肝臓が腫れる場合などに起こります。
このほかにも全身倦怠感、悪心・嘔吐などの症状が現れることもあります。

引用元-胆管癌の初期症状と末期症状 【がん相談無料-鈴木医院】

肝臓がんで黄疸はなぜ起こるのか

黄疸には胆汁の流れが深く関わっています。肝臓の肝細胞は胆汁という消化液を作り、胆のうに送っていったん溜めて濃縮してから十二指腸へと排出します。

しかしがんが進行すると肝機能が低下してしまい、胆汁がスムーズに流れなくなり肝臓にとどまってしまう状態になります。

すると血中にビリルビンという黄色い色素が増加し、これが黄疸につながると考えられています。

黄疸は肝臓疾患のほかにも、すい臓がんや胆石といった病気でも起こることがあります。

まれに体質的にビリルビンをうまく処理できない黄疸体質の人もいますが、皮膚や白目の黄色い濁りが見られた場合は、すみやかに受診することが大切です。

肝臓がんで黄疸とともに表れやすい症状としては、全身倦怠感や発熱、皮膚のかゆみなどです。

特にビリルビンが増えると皮膚の末梢神経を刺激するようになるため、体中に強いかゆみを感じる患者さんが少なくありません。

体質的なものによる黄疸の場合はこのような他の症状は見られませんので、併発症状のある場合は何らかの病気である可能性が高くなります。

引用元-肝臓がんと黄疸 | 肝臓がんのき・ほ・ん

胃がんで黄疸が出るのは転移の証拠

黄疸は肝臓に関係があるのに
胃がんで黄疸はおかしいと思うかも知れません。

でもよく考えてみて下さい。
胃がんは進行すると転移する事を。

以前胃がんと転移について
書いた記事があるので参考にして下さい。
胃がんの転移しやすい場所はどこ?

初期の胃がんであれば
転移はまずありませんが
進行性の胃がんでは肝臓に転移しやすいです。

肝臓に転移したがん細胞が
胆汁の通り道を塞いでしまうと
ビリルビンが逆流を始めます。

引用元-胃がんの黄疸は赤信号 | ガン知識発信ブログ

その結果黄疸が現れるのです。

逆に言うと肝臓がんでもないのに
黄疸が出現すると
肝臓に転移している事を意味します。

引用元-胃がんの黄疸は赤信号 | ガン知識発信ブログ

膵がんは黄疸などで気付くことが多い

膵がんは早期の状態では自覚症状が少ないため、なかなか発見することができません。もう少し進行してから腹痛、体重減少、黄疸等で気づかれることが多い病気です。そのため、膵がんと診断されたときには進行した状態で見つかることが多いのです。また、背中が痛くなると膵がんを心配する方がいらっしゃいますが、必ずしも膵がんに特徴的な症状ではありません。糖尿の方の血糖値コントロールが急に悪くなった時などは要注意です。

腹痛

膵がんは膵管から発生するため、膵臓の中の主膵管という膵液が集まる管が詰まってしまうことがあります。主膵管が詰まってしまうと作られた膵液の逃げ場が無くなり、内部の圧力が上昇し膵管が拡張します。膵管の拡張は膵がんの重要なサインの一つです。また、膵管の内部の圧力が上昇し、膵臓に炎症がおこります。これを随伴性膵炎といい、随伴性膵炎により腹痛や発熱を伴うことがあります。
黄疸

肝臓から総胆管という管が膵臓の頭部を貫いて十二指腸に流れており、肝臓で作られた胆汁という消化液を十二指腸に運んでいます。膵がんにより胆管が圧迫されることがあり、胆管への圧迫が進むと、胆汁の流れがさまたげられ、全身が胆汁により黄色くなる黄疸という症状が出現します。黄疸が進行すると全身の皮膚が黄色みがかり、かゆみなどが出現しますが、黄疸の初期症状では尿の色が濃くなることや、目の白目の部分(眼球結膜)が黄色味をおびます。膵頭部にできた膵がんは大きさが小さい段階でも総胆管を圧迫し黄疸が出現することがあり、早期発見につながります。尿の色が黄色っぽくなる、目の白目の部分が黄色くなるなどの症状を自覚された際には専門病院での精密検査をお勧めします。
体重減少

膵臓は胃、大腸、十二指腸などに接しています。膵臓に腫瘍ができると接している臓器を圧迫して、食事がとれなくなる場合があります。その場合、体重減少という形で症状が現れることがあります。また膵臓はたべものを消化し吸収し易くする膵液という消化液を分泌しております。膵がんにより膵液の流れがとどこおるとたべものの消化吸収する力が弱くなり、栄養をとりこめなくなり体重が減少することがあります。

引用元-膵癌:膵臓の病気と治療 | 東京医科歯科大学肝胆膵外科

黄疸の症状が出たら余命数ヶ月の場合も

黄疸の症状を引き起こす原因の中には、
末期のすい臓がんや肝臓がんもあります。
これらの特徴としては治療をしても根治が困難で、
余命も数ヶ月、ひどい時は数週間になってから
発見されることがある点です。
「毎年会社の命令で健康診断に行ってるから
癌ならさっさと発見されてるはずだし、私は大丈夫ですよ」
そんな風に思うかもしれません。
しかし、すい臓は他の臓器に囲まれているという
位置関係の問題もあり、
レントゲン等の画像診断でも見落とされがちです。
現代医療であっても早期発見が難しい病気の1つなのです。
そのため、黄疸のように明確な症状が出ている場合には、
早期でもまあまあ進んだ状態でもなく、
末期に分類されるレベルのことが多いのです。
癌の場合は0期から4期にステージを分類し、
後ろに行くほど症状が進行していくことになります。
(実際はさらに細かく区分されます)
この4期は末期に近い意味合いになるわけですが、
すい臓がんの場合はここまで進行してから見つかることが多く、
癌の中でも厄介者なのです。
肝臓がんにしても兆候が見つかりづらく、
初期症状は皆無といえる病気です。
本人は健康なつもりで暮らしているのに、
病気は着々と体内で進行して手遅れな時期へと
進んでいることもあるのです。
もちろん、これらは黄疸の原因の一例であって、
まったく関係のない理由で症状が出ている場合もあります。

引用元-黄疸の症状が出たら余命数ヶ月の場合も « 西洋医学×東洋医療

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ