高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 東山高校vs学法石川高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 東山高校vs学法石川高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 東山高校vs学法石川高校

互いにエースがチームの要の対戦の場合、先取点が試合に与える影響は大きい。

エースが乗るとチームも乗るし、エースが飲まれるとチームも飲まれる。

この試合も戦前の予想では先取点が鍵を握ると言われていた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

先取点が鍵

互いにエースがチームの要の対戦の場合、先取点が試合に与える影響は大きい。

エースが乗るとチームも乗るし、エースが飲まれるとチームも飲まれる。

この試合も戦前の予想では先取点が鍵を握ると言われていた。

2階から投げているよう、とまで言われたことのある学法石川高校エース小椋は186センチの長身を生かした本格右腕。

1回戦では延長10回を投げ抜いて1失点、被安打4、奪三振9の見事なピッチングを披露した。

対して東山高校エース菊井は初戦で8四死球と乱れたものの、6安打完封のシャットアウト。

注目の左腕であった創価高校の小野に投げ勝っている。

互いに要所を締めるピッチングを身上としているため、戦前の予想は投手戦が濃厚と見られていた。

それだけにやはり先取点が鍵を握ると言われた。

流れを決めたボーク

1回の表、東山高校は小椋投手に対して三者凡退に終わった。

初戦に比べて小椋投手はさらにストレートが走っているように見えた。

その裏、学法石川高校はトップの太田卓がいきなりレフト前にヒットを放って出塁。

続く2番高橋が1塁側に上手く送りバントを決めてランナーをセカンドに進めた。

小椋投手の出来映えからして先取点は献上したくない東山高校エース菊井は気負ってしまったのか、3番長瀬の時にボークをしてしまう。

このボークでランナーは3塁に進塁し、学法石川高校が先制のチャンス。

ここで打席の長瀬がスクイズを決めて学法石川高校が1点を先制した。

2回の表、先取点をもらった小椋投手は三者凡退に抑えて東山高校を寄せ付けない。

一気にムードは学法石川ペースとなった。

流れのままに猛攻

早くも学法石川高校に雰囲気が傾いたまま、2回裏の学法石川の攻撃は5番の猪俣から。

猪俣は菊井のストレートを捉えてセンター前ヒットを放つ。

続く6番添田の送りバントをピッチャー菊井がエラーしてしまい、ノーアウトランナー1、2塁と学法石川はチャンスを広げる。

続く7番太田光が内野安打となり、ランナー満塁の大チャンスを迎えた。

しかし、菊井投手は根気よく投げて8番小針を三振、9番小椋をファーストゴロに仕止めてツーアウトとする。

しかし安心感からか1番太田卓にフォアボールを与えてしまい、押し出しの2点目を献上してしまう。

もうフォアボールは出せない、その思いがコントロールを甘くしたのか2番高橋は真ん中に入ってきた球をフルスイング。

ジャストミートした打球はセンターオーバーのスリーベースヒットとなり、走者一掃となる3点が追加されて早くも5-0と学法石川がリードを広げた。

終盤、東山の意地

序盤に5点差をつけられた東山高校としては早い反撃で流れを変えたい所であるが、如何せん小椋投手にパーフェクトピッチングされていては何も打つ手がない。

ようやく5回表にツーアウトから6番林がチーム初ヒットを放つが盗塁を封じられてしまう。

6回表にはワンアウトから8番山下、9番菊井がそれぞれセンター前ヒットを放って連打を見せるが、続く1番黒沢がセカンドゴロのダブルプレーに倒れて無得点に終わった。

7回表にも4番木原がヒットを放つなど、初ヒットが出てから毎回ヒットを放つようになった東山打線がついにホームベースを踏む。

8回の表、この回先頭の6番林が打撃妨害で出塁すると、ワンアウト後に8番山下がライト前ヒットを放ってランナーを1塁2塁とする。

ここで9番ピッチャー菊井がやや疲れの見える小椋を捉え、打球は左中間を破るツーベースヒットとなり2人のランナーが生還、3点差とした。しかし、このあとの1番黒沢がダブルプレーに打ち取られたのが痛かった。

9回の表、東山高校は最後の攻撃もワンアウトランナー1、2塁と粘るが、反撃もここまで。

小椋投手が要所を踏ん張り、学法石川高校が5-2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

終わってみれば、パーフェクトに抑えられていた東山高校の方がヒット数は上でしたね。

しかし、前半の学法石川高校の効率のよい攻撃が最後まで糸を引いた試合でした。

やはり先取点が試合を左右する、そんな試合でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ