高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 東海大一高校vs鳥栖高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 東海大一高校vs鳥栖高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 東海大一高校vs鳥栖高校

今大会の1回戦で最多得点となる13得点をあげた東海大一高校。

それに対するは初出場ながら1回戦を勝利し、歴史に名を刻んだ

フレッシュ鳥栖高校であった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

ヒジ痛との戦い

この試合中に気温38.5度を記録した。

その暑い中で熱戦を繰り広げるのは今大会の1回戦で最多得点となる13得点をあげた東海大一高校。

それに対するは初出場ながら1回戦を勝利し、歴史に名を刻んだフレッシュ鳥栖高校であった。

東海大一高校は選抜ベスト4の実力校であるが、唯一の不安材料と言えばエース杉本尚のヒジ痛である。

選抜の1回戦で完投したのを最後に、それからは痛みとの長い付き合いとなった。

県予選では1イニングしか投げれなかったが、双子の2番手ピッチャー杉本康の好投に助けられて夏の甲子園に戻ってきた。

久しぶりに投げた1回戦の東海大二高校との兄弟対決を勝利したが、やはり怪我を騙しながらエース杉本尚が8回まで投げた。

灼熱の太陽に未知の対戦高校、しかしエース杉本尚にとって一番の敵はヒジの痛みなのかも知れない。

しかし、好調な打撃陣も含めて選抜の実績からも東海大一高校が断然有利と予想されていた。

予想を覆す鳥栖

1回戦で見せた東海大一高校の打力を考えると、鳥栖高校エース内山としては先取点は与えれない。

1回の表、ワンアウトランナー1塁としてしまうが、このランナーの盗塁をキャッチャー堀江が素晴らしい送球でアウトに仕止める。

これで落ち着いた内山は初回を無得点で切り抜けた。

その裏、東海大一のエース杉本尚は先頭の小林をフォアボールで歩かせたものの、後続を3人で抑えて無難な立ち上がりを見せた。

ヒジ痛をこらえながらも、やはり杉本尚は別格という貫禄すらあった。

2回の表の東海大一の攻撃を三者凡退に切り上げた鳥栖エース内山がバットでも見せる。

2回裏の鳥栖高校はワンアウトから6番徳田隆が左中間を深々と破るスリーベースヒットで出塁。

全力投球を繰り出せないマウンドの杉本尚であったが、次打者7番徳田功を内野ゴロに仕止めてツーアウト。

ここで打席には8番ピッチャー内山が入る。

右投げ両打ちという珍しい内山はレフトに上手い流し打ちわ見せてタイムリー。

鳥栖高校が先に1点を先制した。

東海大一の打線

自らのタイムリーヒットで気をよくした内山投手は、3回の表もランナーを出しながら無得点に抑えた。

ここまで序盤、東海大一にヒットは許していない。

その裏、無得点に終わったがツーアウトからヒットを放つなど、序盤は鳥栖高校がペースを握っていた。

しかし1回戦で今大会最多の17安打の13得点を記録した東海大一打線が黙っているはずがない。

4回表、先頭の3番太田代がフォアボールで歩くと4番羽山が右中間へタイムリースリーベースヒットを放ち、早くも同点の一撃となった。

続く5番村田がセンター前ヒットを放って逆転すると、そのあと8番杉本尚がお返しとばかりにタイムリーヒットを放ってこの回一気に3点をあげた。

東海大一は5回にも5番村田のタイムリーヒットで1点を追加し、4-1と主導権を自分たちのものにした。

選抜ベスト4の実力

まるで序盤の鳥栖高校ペースが無かったかのように主導権が切り替わったまま終盤の7回表、東海大一はワンアウトランナー満塁と内山を責め立てる。

ここで6番岸がセンターオーバーのスリーベースヒットを放って走者一掃の3点を追加した。

東海大一打線はこの試合も10安打7得点と当たった。

2試合連続二桁安打とは破壊力抜群である。

ヒジの痛みをこらえながらも杉本尚は鳥栖打線に反撃を許さず、試合はこのまま7-1で東海大一が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

東海大一は杉本兄弟、鳥栖は徳田兄弟と互いにブラザース対決ともなっていました。

初出場の鳥栖にとって選抜ベスト4のチームの壁は厚かったですね。

鳥栖も9安打と攻めたのですが、1安打の差で6得点の差がありました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ