高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 池田高校vs高鍋高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 池田高校vs高鍋高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 池田高校vs高鍋高校

大会8日目の第4試合は58000人という超満員の観衆が球場に駆けつけた。

その要因は優勝候補ナンバー1の池田高校が登場したからであった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

池田高校登場

大会8日目の第4試合は58000人という超満員の観衆が球場に駆けつけた。

その要因は優勝候補ナンバー1の池田高校が登場したからであった。

対する宮崎県代表の高鍋高校がミニ池田と呼ばれたほど1回戦で猛打を見せつけたが、やはり本家との対戦となると話は別。

戦前の予想はやはり池田高校が圧倒的に有利という声が多数であった。

しかし初戦で太田工業に先取点を取られたように、水野投手の出来が春の大会に比べて今一つの調子に見えた事で、選抜の岐阜第一高校のように池田高校の攻撃を耐えしのげば、好機を伺えるのでは?という意見もちらほら出ていた。

本家池田高校の実力は如何に

ミニ池田こと高鍋高校としては、まずエース清野が山びこ打線を上手く抑えて味方の先取点を待つ形をとりたい。

1回表、その清野投手の立ち上がりは1番坂本をセンターフライ、2番金山をセカンドゴロに仕止めて早くもツーアウトとした。

しかし、山びこ打線にツーアウトも何も関係ない。

3番江上がライトへ強烈なヒットを放つと4番水野がセンター前ヒットで続く。

すると5番吉田がセンター前にタイムリーヒットを放って早くも池田高校が先取点を奪った。

このあと6番山田に右中間へのツーベースヒットが生まれてもう1点追加し、初回に2点をあげた。

その裏、高鍋高校はワンアウトから2番増田が内野安打で出塁すると、すかさず盗塁を決めてランナー2塁とチャンスを作る。

しかし3番坂口に対した水野のストレートは明らかに初戦とは異なり快速球。

坂口は三振、続く4番横山もセカンドゴロに打ち取られた。

水野の復調

自責点ゼロという、非の打ち所の無かった水野投手の選抜当時の出来に比べるのは酷だろう。

なにせ夏春連覇を成し遂げた池田高校は日本中の注目を浴び、連日の取材とファンが練習グラウンドを囲んで調整時間が難しかったという。

そんな中で県大会を突破してきたのは、やはり水野投手と山びこ打線の潜在能力の全てであったと思われる。

夏春夏の3季連覇というプレッシャーを背負いながら、初戦今一つだった水野も今日は少し復調の兆しを見せるピッチングを疲労した。

4回の表、池田高校はランナーを1人置いて恐怖の9番井上が左中間にツーベースヒットを放ち、3点目を追加した。

水野は尻上がりに調子をあげ、5イニングを投げて内野安打含む単打2本しか許さなかった。

水野が復調したならば間違いなく超高校級なのだから、いかに打力自慢の高鍋高校としても苦戦は必至。

エース清野投手としてはこれ以上点差を広げられたくは無い。

池田らしさ

しかし6回の表、ついに池田高校らしい山びこ打線が爆発する。

この回先頭の6番山田がツーベースヒットで出塁すると、ワンアウトから8番松村がフォアボールで歩く。

続く9番井上がライトへ強烈なヒット、1番坂本が左中間にツーベースヒット、2番金山がセンター前ヒット、とつるべ打ち。

江上が倒れてツーアウト後、4番水野が右中間にツーベースヒット、続く5番よしだもレフト前ヒットと打者一巡の猛攻でこの回一気に5得点を追加した。

高鍋高校エース清野が気落ちする暇もなく、池田は7回の表にノーアウトランナー1、2塁から9番井上が右中間にツーベースヒットを放って追加点。

そのあと2番山田が右中間を破るタイムリースリーベースヒットを放ってこの回も一気に4得点を追加した。

この強さに本来の池田高校の強さを日本中の高校野球ファンが改めて感じたことだろう。

試合はこのまま12-0で池田高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

1回戦は球が走っていなかった水野投手もこの日は復調しましたね。

4安打完封とは改めて恐れ入りました。

抽選の結果、次は広島商業と興南高校の勝者との対決が決まり、どちらが来ても非常に楽しみなカードとなりました。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ