高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

目がかゆい 特に寝る前にかゆくなる 秋にも花粉症の症状が

      2015/09/27

目がかゆい 特に寝る前にかゆくなる 秋にも花粉症の症状が

春のイメージある花粉症ですが、

秋も花粉症はあるのです。寝る前は特に自律神経の関係で、

目がかゆくなったりすることが多いみたいです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

スポンサーリンク

秋にもある花粉症、症状を和らげるには?

今や国民病になりつつある花粉症。ヒノキやスギに代表されるように、花粉症は春のイメージが強い病気です。でも夏はカモガヤ、秋はブタクサ、冬はイネ科の一部という具合に、アレルギー物質はほぼ1年を通して飛びかっています。鼻がムズムズする、くしゃみや目のかゆみが止まらないなど、風邪と重なる諸症状があって、なおかつ治りが遅いと感じたら花粉症を疑ってみましょう。花粉症は免疫力を高めるビタミン・ミネラル類やポリフェノールを多く含む玉ねぎや大豆といった野菜を摂取することで和らげることができます。また、カテキンが含まれる緑茶も症状の緩和に効果的。体内から事前予防することをおすすめします。

引用元-備えて負けない 秋花粉-ドクターシーラボ公式通販

秋の花粉症の原因ブタクサとは

ブタクサは、北アメリカ原産の雑草です。

高さは1mほどになる一年草で、キク科の植物になります。

開花時期については7月~10月ごろの秋になります。

同属のオオブタクサの場合では、なんと高さは2m~4mほどになります。

凄い高さでしょう。

そのどちらも原因物質となる雑草です。

日本国内では、スギやヒノキの次に患者数が多いとされている代表的なアレルゲンとなっています。

アメリカの場合では、全人口の5%~15%もの人がブタクサによるアレルギーを持っています。

さて、スギやヒノキの花粉は3月頃から飛び始めます。

それが落ち着いたころの7月下旬にブタクサが飛散を開始します。

症状を訴える人は9月ごろから徐々に多くなってきますね。

日本で花粉症を起こす原因は、木と草の花粉になります。

この二種類に分けられます。

※木の花粉の飛散時期は1月~6月ごろ、草は5月~11月ごろです。

ブタクサの時期は7月下旬からとなっていますが、その直前にイネの花粉が飛びます。

それは、スギやヒノキが飛ぶ時期と重なっています。

その時期は、スギ、ヒノキ、イネなどで体にアレルゲンがもたらされてだいぶストレスも溜まっている頃でしょう。

そんな中で症状がキツくなることもあると言われています。

そんな事から、自分の症状に合った対策をする必要があります。

体にかかる負担を少しでも軽減できるように対策を行なっていきましょう。

引用元-ブタクサの花粉対策ナビ – 発症時期と予防・改善法など

目がかゆい時の正しい対処法とは

1.目をこするのはOK?
石岡先生 NGです。目をごしごしとこすると、角膜が傷つく恐れがあるので避けてください。特に、アイメイクをしたまま目をこすると、化粧品が目に入るだけでなく、炎症や感染症の原因になることもあります。

また、目をこすると、まぶたや白目がむくんでしまい、人相が変わったようになったと相談される患者さんもいます。こすってもかゆみの解決にはなりません。

2.目を冷やすのはOK?
石岡先生 直接的な解決法とは言えませんが、かゆみを和らげられることがあります。かゆみが強いときは、清潔なタオルで冷たいおしぼりを作って、しばらくまぶたの上に置いてください。

3.目を水道水で洗い流すのはOK?
石岡先生 目にゴミやシャンプーなどの異物が入って目のかゆみを感じる場合は、水道水ですぐに洗い流してください。ただし、花粉症などで目がかゆい場合に、日常的に水道水で目を洗うことは避けましょう。

なぜなら、水道水には感染症を引き起こす可能性のあるウイルスや、細菌、病原微生物を消毒するための「塩素」が含まれており、これが目の表面を傷つける恐れがあるからです。

また、コンタクトレンズを使用している場合は、点眼薬で洗い流す方がいいでしょう。市販では、「防腐剤が含まれておらず、人間の涙の成分に極めて近い『人工涙液』タイプの、生理食塩水の点眼薬」を勧めています。

4.目薬をさすはOK?
石岡先生 むやみに点眼をすることはお勧めしませんが、「ものもらいかな」と思ったら抗菌薬点眼を、「アレルギーかな」と思ったらアレルギー用の点眼薬を、「ドライアイのようだ」と思ったらドライアイ用の点眼を使用してください。

1週間たっても症状が改善されない場合は、「別の原因か、市販の目薬では効かないのだ」と思って眼科を受診してください。

目がかゆいときは、できるだけこすらずに、心当たりのある原因に応じた目薬を試す、冷やしてかゆみを和らげる、場合によっては眼科を受診するようにしましょう。

引用元-眼科専門医に聞く。目がかゆい時のOK・NG対処法「むやみに目薬はNG」 | 「マイナビウーマン」

鼻水や目のかゆみが出る前に

朝起きた瞬間からくしゃみと鼻水が止まらなくなるという患者さんは少なくありません。布団にも花粉が付着しているからで、それを跳ね上げてしまうからです。寝る前に濡らしたタオルなどを枕元に用意し、目が覚めたらすぐに鼻や口を軽く覆って下さい。苦しくなければマスクをして寝るのが理想です。

引用元-くしゃみと鼻水が止まらないのは秋の花粉症の場合も!?

また、目がかゆくなったら、冷たい水や冷やしたタオルなどで目の周りを冷やします。くれぐれも擦らないようにして下さい。必要であればゴーグルタイプのメガネを使用します。また、マスクはご自分の口元にしっかりフィットするものを選びます。高級なマスクもありますが、それが必ずしも最適とは限りませんのでご注意下さい。

衣類は折り返しがなくツルツルとした素材のものを選び、帽子をかぶる習慣を付けるのも対策の1つです。家の中にも確実に花粉は侵入してくるため、マメに拭き掃除も行って下さい。

引用元-くしゃみと鼻水が止まらないのは秋の花粉症の場合も!?

寝る前に目がかゆいなどの症状が出るのは自律神経のせい?

寝る前と起きている時、一体何が違うのか。それは「交感神経」と「副交感神経」
に関係しています。起きているとき・活発なときに優位なのは「交感神経」。リラ
ックスしているときに優位なのは「副交感神経」ですよね!この二つを合わせて
『自律神経』といいます。

「じゃあ、かゆみが副交感神経のせいなら私達はリラックスできないの?」

いえいえ!副交感神経が悪いのではありません。アトピーの方はこの「交感神経」
と「副交感神経」のバランスが悪いのです。自律神経のバランスが悪いとはどうい
うことかというと。。。

朝から満員電車に揺られ、上司からは文句を言われ、同僚は評価されているのに
なぜ自分は評価されないのかというイライラを持って帰宅ラッシュの中家路につ
く。そして深いため息をつきリラックス。すると、急激にかゆくなり始めます。

我慢をして緊張していると交感神経過多になり、そのストレスの反動から急激に
交感神経から副交感神経に戻ります。このどちらか一方に過剰に偏っていたりす
るということが自律神経のバランスが悪いということです。

引用元-寝る前が一番かゆい!?: Simple Life

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ