高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 興南高校vs広島商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 興南高校vs広島商業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 興南高校vs広島商業

昨夏の3回戦と同一となるこのカードは、Aクラス同士の対戦であり、

この試合の勝者が3回戦で優勝候補の池田高校と対戦も決まっている

という非常に注目の試合となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

リベンジを誓う同士の対戦

昨夏の3回戦と同一となるこのカードは、Aクラス同士の対戦であり、この試合の勝者が3回戦で優勝候補の池田高校と対戦も決まっているという非常に注目の試合となった。

作夏の対戦では広島商業が逆転勝ちを納めているが、興南高校としては作夏のメンバーが8人も残っており、まさに絶好のリベンジの機会を作った格好である。

そして一際リベンジに燃えているのがエース仲田幸であった。

作夏の広島商業戦、5回までノーヒットピッチングを見せて2-0とリードしていながら突如コントロールが乱れ、6四死球と走者一掃となるヒットから4失点して逆転敗けを喫した。

たった被安打2本でチームが負けたのは自身の制球難であることは明らかであった。

加えて選抜1回戦、終盤での逆転敗けを味わっていることから、最後の夏に馳せる思いは誰よりも強かったことだろう。

対する広島商業とてリベンジの思いが強い。

リベンジの相手は昨年夏の決勝で敗れた池田高校である。

池田高校のパワー野球は、それまでの高校野球を覆す歴史的なものであった。

それは同時に広島商業の小技野球を根底から覆すものでもあった。

今年のチームは伝統である小技や試合運びに加えてパワーを引っ提げての広島商業なだけに、満を持して池田高校と対戦を希望していたわけである。

抽選の結果、この試合に勝てばリベンジの機会を設けれる。

まさに互いにリベンジを誓う対戦となった。

作夏のような序盤

作夏の対戦同様、興南高校が先攻で始まった。

広島商業のようなチームを後攻めに回すのは後々怖い気もするのだが。

広島商業はエース沖元ではなく、2番手の吉本がマウンドに上がった。吉本は初回、2回とフォアボールを出すものの何とか無難な立ち上がりを見せた。

興南高校エース仲田幸は初回から快速球をキャッチャーミットへ投げ込み、初回、2回を投げて奪三振2のノーヒットピッチングであった。

試合が動いたのは3回の表、興南はツーアウトから2番比嘉がフォアボールで出塁すると、キャッチャー中村のパスボールでランナー2塁。

続く3番新里がセンター前にタイムリーヒットを放って今年も興南高校が1点を先制した。

その裏、仲田投手はまだヒットを許さずに2つの三振を奪い完璧なピッチング。昨年と同じく序盤は興南高校がリードした。

悔やまれる攻防

4回の表、興南高校は先頭の6番仲田幸がレフト前ヒットで出塁すると、続く7番棚原が送ってランナー2塁。

8番与儀の当たりが内野安打となって追加点のチャンスとなるが、9番島袋の時にスクイズ失敗してダブルプレーに終わる。

その裏、仲田幸は簡単にツーアウトとしたあと4番西川にフォアボールを与える。

続く5番中村にチーム初ヒットを許すとここでまさかの制球難が出てしまい、6番立川、7番欅に連続フォアボールを与えて押し出し、同点の1点となってしまった。

この興南高校の攻防が後になって響く。
 

涙ふたたび

6回の表、興南は4番仲田秀の右中間ツーベースヒットを皮切りにノーアウト満塁とすると、内野ゴロの間と犠牲フライで2点を勝ち越す。

しかし粘りの広島商業はその裏2番相島がエラーで出塁すると、3番正路が左中間にツーベースヒットを放ってランナー2、3塁とすると、4番西川、5番中村が連続スクイズを決めて2点を奪い、同点に追い付いた。

こうなるとペースは広島商業。

終盤8回の裏、ツーアウトランナー1塁から6番立川が左中間へスリーベースヒットを放ち、勝ち越しの1点をあげた。

この試合、初めてリードを許した興南高校に反撃の力は無く、このまま広島商業が4-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

因縁の対決、たまに聞く言葉ですがこのような対戦があるというのは本当にドラマチックですね。

作夏、選抜、そしてこの夏と、興南高校も広島商業も共に甲子園にドラマを作ってくれましたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ