高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

これもニキビ? 原因はなに? 膝のニキビが痛みも

   

これもニキビ? 原因はなに? 膝のニキビが痛みも

ふとした時に膝を見るとニキビのようなものが。

これはニキビなの?と疑問に思った方もいるはず。

実は毛包炎という病気かもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

膝をつくと痛い、ニキビ?

四肢(しし:両腕や両足)の着衣と摩擦する部位とか
肘・膝・脇・頸・股などの間擦部(かんさつぶ)にできた軽度の傷とか吹き出物や開放性の傷(皮膚や粘膜が破れてできる傷)については、
一般に市販されているマ■ロンとかオ▼ナ●ン軟膏だとかの殺菌用消毒剤、または抗生剤軟膏や抗生剤入りのステロイド軟膏を塗布して なおかつ
適当な大きさと厚みのある保護ガーゼ(滅菌ガーゼが理想)をネット包帯で支持固定するか
または
絆創膏(バ●ド■イド)を貼り付ければ
傷の安静による苦痛の軽減が図れるでしょう。
そして、分泌物の吸収や清潔保持(感染防止)の観点からの常に新しいものに交換しましょう。
以上のように家庭内におけるファーストエイド感覚で処置すればいいと思うのですが
あくまで応急処置としてとらえ、念の為、その後、異常が認められるのであれば皮膚科の専門医、
または、
他科との連携での対応処置の観点から皮膚科と内科のある総合病院(理想的)にいかれて専門医の先生にかかり診察をうけられた方が良いでしょう。
お大事に。

引用元-昨日辺りから、膝小僧が痛いな~、と思ってよく見てみたらにきびのような… – Yahoo!知恵袋

そもそも膝にニキビはできるのか

足(ふとももや膝)にもニキビってできるんですか?

いわゆる”ニキビ”とは、『皮脂の過剰な分泌』と『毛穴のつまり』の総称です。
顔に出来るものを特にニキビと呼ぶようになっただけで、毛穴につまった皮脂を栄養にして当該菌が異常発生した結果、炎症や化膿をともなっていくものはすべてニキビとも言えます。

ニキビが増えやすい体質の方は経験があると思いますが、それは胸や背中にも出来ることがあります。太股や膝に出来る方は珍しいとはいえますが、それは「そもそもその部位に皮脂腺が少ない」ことが関係すると考えられます。

よく”お尻”などに出来て内部で膿んでしまうものを俗に”瘍”と言い、大きくなって痛みを伴うと切開して膿を出す外科的処方を行います。

まあ、割に簡単に治療できます。顔の真ん中に出来るものを地方では”面丁”と言うことがあり、これは頭部(脳)に近いところで内部膿節が出来てしまうので、脳に毒素が廻ってしまいやすく、外科的治療があまり行われなかった昔は大変に恐れられたものでした。

皮脂腺出口に角質が詰まり、内部に膿胞が溜まってしまうものはすべて、内部の膿を外に出すことを専一に考えなければなりません。あと、その部位が脳に近いかどうかで危険度を図りますが、膝や太股の場合、前述した”瘍”と同じ種類と考えるほうがいいかもしれません。

軽い程度ならニキビ治療で完治すると思われます。

引用元-足にニキビができるのはどうして? :: どうして太ももにニキビできるかな|yaplog!(ヤプログ!)byGMO

膝のニキビ実は毛包炎かも。毛包炎とは

毛包炎: 毛包炎は毛包に生じる感染症です。毛の根元が、小さな白にきびのような状態になります。一つの毛包のみに生じることもあれば、多くの毛包に生じることもあります。感染した毛包にはかすかな痛みがありますが、それ以外に特に具合が悪く感じられることはありません。

塩素処理を十分に行っていない温水浴槽(ホットバス)、ジャグジーバスなどに入った後にこの病気が生じることがあります。このような毛包炎は緑膿菌により生じるもので、温浴毛包炎、温浴皮膚炎などとも呼ばれます。この毛包炎は、感染後6時間から5日以内に発症します。水着で覆われていた部分、つまり胴体やお尻の部分に最もよく生じます。

ひげをそる際に、ひげが丸まって皮膚の中に入ってしまい(内方発育毛)、実質的には感染はないのに炎症を起こすことがあります。この種の毛包炎はひげによる偽毛包炎(鬚毛部仮性毛包炎)と呼ばれます(毛の病気: ひげの内方発育 を参照)。

毛包炎の治療は抗菌洗浄剤や局所用抗生物質により行います。毛包炎の範囲が広い場合は、抗生物質の内服が必要です。温浴毛包炎は、特に治療をしなくても1週間以内に治ります。しかし、再発を防ぎ、他の人に感染させないようにするためには温水浴槽内を十分に塩素消毒する必要があります。内方発育毛が原因の毛包炎の場合、多数の治療法があり、効果もさまざまです。重度で再発する症状については、菌の培養検査(膿のサンプルを採取して検査室で培地に入れて微生物を増殖させる)を行います。培養の結果が抗生物質の選択に役立ちます。ひげそりを一時的に中断することが必要な場合もあります。

引用元-毛包炎と皮膚膿瘍: 細菌による皮膚感染症: メルクマニュアル 家庭版

毛包炎の原因とは

毛穴の奥にブドウ球菌が繁殖して起こる皮膚の感染症で、中央部に膿がある赤い発疹ができます。ニキビに似ていますがニキビのように皮脂や角質が固まったコメドがないのが特徴です。

毛嚢炎を発症する主な原因は以下の通りです。

毛穴または毛穴周辺が傷つくこと
皮膚が湿った状態が続くこと
ステロイド薬の使用
少数の毛嚢炎(毛包炎)がたまにできる程度であればクリニックでの治療は必要なく、自然に治りますが、繰り返す場合は、上記のような点に心当たりがないかを考えてみましょう。

ナイロンタオルや垢すりでゴシゴシこすることや、下着など衣服との摩擦、ムダ毛の処理時に毛穴が傷つくことが多いので、もし当てはまるものがあれば改善するようにしてください。

引用元-お尻の吹き出物の原因とケア方法 | スキンケア大学

毛包炎の治療と対策について

治療の方法

 数が少ない場合はとくに治療の必要はなく、自然に治ります。次から次にたくさんできる場合や、痛みがありおでき(せつ)に近いものは抗菌薬(化膿止めののみ薬)を3〜4日間内服します。

毛嚢炎(毛包炎)に気づいたらどうする

 たまにできる程度であれば気にすることはありません。次々とたくさんできる場合は、毛包炎ができるきっかけ(首筋や太ももではいつも衣類で肌が刺激を受けていないかどうか、副腎皮質ステロイド薬を必要以上に塗っていないかどうか、など)がないかを考えてみましょう。
 思いあたる誘因もなく、長く続くようであれば皮膚科専門医に相談しましょう。

引用元-毛嚢炎(毛包炎)|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

twitterの反応


https://twitter.com/NinoYasuhg/status/500246336067760129

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ