高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 横浜商業vs佐世保工業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 横浜商業vs佐世保工業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 横浜商業vs佐世保工業

春夏連続出場となるチーム同士の戦いの中でも、この対戦は選抜

準優勝vs選抜ベスト8という実績のある強豪同士の争いとなった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

選抜準優勝vs選抜ベスト8

春夏連続出場となるチーム同士の戦いの中でも、この対戦は選抜準優勝vs選抜ベスト8という実績のある強豪同士の争いとなった。

1回戦で思わぬ苦戦を強いられた横浜商業は、開幕試合の雰囲気に飲まれたとは言えその力強さは充分に披露した。

やや淡白になってしまった攻撃陣も、延長に入って直ぐに勝ち越し点を取れるのはやはり力のある証拠。

終盤ではキャッチャー森屋の悪送球など少しバタバタした所も見えたが、本来は硬い守備力を誇る磐石な内野陣である。

また、エース三浦は選抜で3試合連続完封を含む32イニングス無失点ピッチングを見せたように非常に安定感の秀でたピッチャーであるので、佐世保工業としてもどのように三浦投手を強いられ攻略するか頭を悩ます課題であった。

一方の佐世保工業も生命線はエース香田の出来に限る。

香田も選抜で2試合連続完封をしたほどの好投手。

この夏の1回戦でも黒沢尻工業をシャットアウトに抑えるなど、こちらも安定感は抜群である。

ただ、佐世保工業の場合は打線が決して強力では無く、これまで何度か香田投手を見殺しにしてきた。

まして今日の相手が三浦投手となれば点を取るのは困難が必至。

この対戦は投手戦になるが、打力に勝る横浜商業がやや有利という予想が多かった。

思わぬ展開

佐世保工業としては、香田投手が横浜商業打線を封じている間に何とか先取点をもぎ取り、横浜商業の焦りを誘いたい所であるが、頼みの香田投手がピリッとしない。

1回表、トップの西村にいきなりフォアボールを与えてしまう。

続く信賀が送ったあと、3番高井にサード強襲ヒットが生まれてランナー1、3塁。

4番佐藤利の時にキャッチャー田淵がパスボールしてしまい、横浜商業が難なく先制点をあげた。

2回の表にはピッチャー三浦が自らスリーベースヒットを放ってチャンスを作ると、1番西村にタイムリーヒット、そして2番信賀にもタイムリースリーベースヒットが飛び出して2点を追加した。

三浦投手がその裏に2つの奪三振を奪うほど好調なだけに、横浜商業のペースになるのは防ぎようが無かった。

総合力ナンバー1か

序盤から思わぬ展開に浮き足立つ香田投手に対して3回の表、4番佐藤利が大会15号となるソロホームランをライトに放った。

投手力は互角と言われた香田投手にとって、相手の主砲に打たれたホームランは深いダメージなったことだろう。

反撃を試みたい佐世保工業は4回の裏、3番田淵がセンター前ヒットを放ち、ノーアウトのランナーを出塁する。

しかし今日の三浦は本来の出来映えであり、大きなカーブを低めに集めて凡打の山を築く。

三浦が佐世保打線を封じている間に5回の表に2番信賀、3番高井の連続ヒットからもう1点を追加して5-0とすると、佐世保工業に流れを変える手段が見当たらなくなっていた。

横浜商業、完勝

6回の表、ソツの無い横浜商業はワンアウトから9番林にツーベースヒットが飛び出してまたチャンスを作る。

ツーアウトとなったあと2番信賀が右中間を破るタイムリースリーベースを放って6点目を追加した。

どうにか一矢報いたい佐世保工業は8回の裏、ワンアウトから1番川添がフォアボールで出塁すると、俊足をいかして盗塁に成功する。

2番山下が浅いセンターフライに倒れてツーアウトとなったが、3番田淵がライトに強烈なヒットを放つ。

俊足の川添が3塁ベースを回ってホームを狙うが、その上を行くのが横浜商業の守備力。

ライト高井から中継された返球は川添のホームインを許さなかった。

試合はこのまま終わり、横浜商業が6-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

投手力は互角と言われたものの、横浜商業打線は香田投手から13安打、6得点。

そして三浦投手は佐世保工業を4安打完封とまさに完勝でした。

おまけに守備力は元々定評がありましたから、総合力の高さは今大会ナンバー1でしょうね。

強かったです。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ