高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】2回戦 中津工業vsPL学園|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】2回戦 中津工業vsPL学園|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会2回戦 中津工業vsPL学園

2年前、昨年と、選抜を連覇しながらも5年ぶりの選手権出場と

なったPL学園。

その原動力はエースと4番の1年生コンビによるものだった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

ダークホースPL

2年前、昨年と、選抜を連覇しながらも5年ぶりの選手権出場となったPL学園。

その原動力はエースと4番の1年生コンビによるものだった。

元々打力には定評のあった世代ではあるが、投手陣が今一つであった。

しかし背番号11のエース桑田のピッチングはどうであろう。初戦の所沢商業戦を見事に完投勝利した。

1年生の完投勝利はかのスーパースター荒木大輔以来の快挙であるが、如何せん今大会は池田高校の夏春夏の3季連覇に全注目が向けられていたために、話題的にはまだ目立たなかったのが事実であった。

この試合でも先発を任された桑田に真骨頂を見ることが出来るであろうか。

一方の中津工業は名門PLに対して初出場の新鋭高校であった。

しかし、フレッシュなパワーを見せつけて1回戦の八戸工業大一高校との初出場対決を大差で制してきた。

もともと接戦に強さを見せて大分県大会を勝ち上がってきたチームであったが、初戦では打線が爆発して甲子園でも闘えることを示した。

だが、次の相手はダークホース扱いとは言え大阪名門のPL学園。

真価が問われる時が来たのかも知れない。

雨模様の中の序盤

ポツリポツリと雨の落ちる甲子園球場、マウンドには1年生エースの桑田が立っていた。

桑田はいきなりトップの右田にライト前ヒットを許すが、送りバントされたあと3番浦岡をサードゴロ、4番都築を三振に仕止める。

その裏の中津工業エース大成も簡単にツーアウトを取ったあと、好打者3番加藤を三振に切ってとる素晴らしい立ち上がりを見せた。

2回の表、中津工業は5番ピッチャー大成が三振、6番川畑がセカンドゴロ、7番笹原がピッチャーゴロに抑えられる。

その裏PL学園はワンアウトから5番キャプテン朝山がチーム初ヒットとなる強烈なライト前ヒットを放つが、大成投手が後続をきっちり抑えた。

3回の表、中津工業は8番東がファーストゴロ、続く9番奥下もファーストゴロと、桑田投手の見事にコントロールされた投球術に当てるだけが精一杯。

そして1番右田もセカンドゴロに倒れて無得点に終わる。

この辺りのピッチングは最早1年生といった枠など感じさせない。それほど落ち着いたマウンド捌きを見せる桑田であった。

スコアレスではあるが

3回裏、先頭の8番桑田の良い当たりはレフト真正面であり、ワンアウト。ツーアウト後、1番池部の強いショートゴロも右田が上手く裁いてPL学園もランナーを出せない。

4回の表、中津工業は2番堂上がファーストゴロ、3番浦岡がピッチャーゴロ、そして4番の都築までサードフライと外野まで球を飛ばす事が出来ない。

それに奮起した中津工業エース大成も3年生の意地と、PL打者を上手く打たせて取り、凡打の山を築いていく。

5回の表裏を終わった時点で0-0。

両エースが相手にホームを許さずに中盤を終えた。

しかし、互いのピッチングを比較してみるとどうだろう。

桑田は初回にヒットを許した以降は全て内野ゴロであり、外野まで1球も運ばれてはいなかった。

堰をきったように

桑田が崩れるのは難しいと思った矢先、6回の裏にツーアウトランナー2塁から2番神野がライト前ヒットを放ってあっさりPLが1点を先制する。

すると7回の裏、PLは5番朝山、6番山中の連続ツーベースヒットで加点すると、8番ピッチャー桑田にもタイムリーが出てこの回2点を追加した。

こうなるとスコアレスの緊迫感は何処に行ったのやら。

8回裏には5番朝山のタイムリーが飛び出すと、そのあとランナーを2人置いて8番ピッチャー桑田がライトへとどめのスリーランホームランを放ち、中津工業の息の根を止めた。

桑田は最終回ツーアウトから1番右田にスリーベースヒットを打たれたが、続く2番堂上をピッチャーゴロに仕止めて試合終了。

PL学園が7-0で快勝した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

投げては3安打完封のシャット、打っては4打数3安打4打点1ホームランと桑田投手のワンマンショーと言っても過言ではありませんでしたね。

名門PLで1年生時から主役を張れるほどの逸材、と言うことを後々痛切に知ることになります。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ