高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

大学生の資格 法学部におすすめの資格は?

   

大学生の資格 法学部におすすめの資格は?

法学部大学生が関係する資格を取りたいのであれば、

やはり高き門の司法試験に向けて勉強するのが一番。

それ以外にも挑戦できるのであれば、行政書士なども

おすすめですよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

法学部大学生が資格を取りたいのであれば一番いいのは司法試験突破!

司法試験といえば難関試験の代名詞ともいえる資格。弁護士・裁判官・検察官になるためには、なんとしてでも突破しなければならない高い壁です。エリート校といわれる慶應義塾大学法学部からは多くの法曹が誕生しています。
現役慶應生は、法曹を目指してどんな風に勉強しているのか? 法学部法律学科の学生にその実情を聞いてみました。
●司法試験を狙う学生はほぼ全員、ダブルスクール
法学部なら授業でみっちり法律を学ぶのですから、授業をしっかりまじめにやれば、それで充分なのでは?と思うかもしれませんが、それは大きな間違い。大学教授はあくまで学者。自分が研究している領域についての専門家ですが、幅広い領域から出題される司法試験対策に必ずしも精通しているわけではありませんし、法学部の教授だからといって必ずしも司法試験合格者とは限りません。
そのため法曹を目指す慶應生たちは「大学の勉強と司法試験の勉強は別もの」と早くから割り切り、そのほとんどが予備校に通います。たいていは大学1年か2年からですが、高校生の頃から通っている人もいるそうです。
「僕は内部進学だったので、大学受験がない分早くから勉強しようと思い、部活を引退した高校3年生の8月から通っていました」(法学部・2年男性)
「私も高校3年生からです。弁護士を目指したのは小学校6年生の時。社会科見学で最高裁判所へ行き、大法廷を目の当たりにして、ここで働きたい!と思ったのがきっかけでした。子どもなりにどうしたら弁護士になれるかを調べたら、ものすごい量の勉強が必要だとわかり、できるだけ早くから勉強を始めたほうが有利だと思いました」(法学部・2年女性)

引用元-法学部の大学生必見!司法試験を『突破する大学生』と『突破しない大学生』の違いとは? – エキサイトニュース(1/2)

司法試験の難易度とは

平成26年度の司法試験では、1,810人が合格をはたしました。

出願者の中で、受験資格が得られた者が9,159人、そのうち実際試験を受けたのが8,015人でした。8,015人のうち、短答式試験の合格ラインを突破していたのが5,080人です。

合格率を出す場合、出願者をベースにするのか、実際に受験した人をベースにするのかで結果が異なりますが、受験者に対する合格率は22.6%となっています。

司法試験を受けるまでには法科大学院を受験し修了するか、予備試験に合格する必要があります。つまり、ある程度の法学知識がない人は受けることさえできない試験です。そこで、22.6%の合格率はかなり厳しい試験であるといえるでしょう。

また、司法試験の合格率は、各大学、法学未修か既修か、といった属性により大きく異なります。20%以上の合格率をもつ法科大学は20校ほどで、他の学校はそれ以下の合格率です。中には合格者0人の学校もあります。

引用元-司法試験の難易度、合格率 | 弁護士の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

大学生のうちに取得しておくといい資格宅建試験の内容と合格率について

①試験問題・方式・日程・受験資格・受験手数料

試験問題は、土地や宅地・建物に関する法律から50問出題されます。
「民法」をベースに勉強することになります。
試験方式は4つの選択肢の中から1つを選択するマークシート方式で、試験時間は2時間です。

試験は毎年1回(2014年は10月)に行われ、申し込みは例年7月上旬から始まります。
受験にあたって年齢・経験などの制限はなく、学生や外国籍の人でも受験できます。
受験手数料は7,000円です。

② 合格率はどれくらい?どのくらい勉強が必要?

毎年20万人ほどが受験する宅建。気になる合格率は15%程度と、あまり高くありません。
決して簡単な試験ではないため、一般的に3~6ヶ月の準備期間が必要とされます。

③合格した後は?

試験に合格したら、実務経験が2年以上ある場合を除いて
「登録実務講習」を受けることにより「宅地建物取引主任者」に登録できます。

講習は「通信講座」「演習」「修了試験」から構成されています。
また登録手続きを受けなくても「宅地建物取引主任者資格者」
として資格の効力は一生有効です。

引用元-人気の国家資格『宅建』とは?難易度はどのくらい? | 大学生の困った!を解決するCampus Magazine

法学部生なら行政書士にも挑戦してみよう

市販の参考書、過去問集、そのほかに、疑問点が出てきた時に、速やかにそれに対して正しい答えを与えてくれる情報源を持っていれば、十分可能です。ただ、憲法、民法、商法、行政法、最高裁の判例に照らした問題等、とてつもなく広い範囲から出題されています。
よく引き合いに出される司法試験と比べると、確かに難易度は低く、比較的取得し易い資格だとされていますが、必要とされる知識は膨大です。法律を全部覚えているとしても、問題を解くために、一番適切な法律を当てはめることの出来る実力が求められます。たとえ、法学系大学生といえども油断は禁物です。
今ある知識に、より一層の知識と応用力、洞察力を積み上げていく必要があるでしょう。一般知識問題についてですが、法令で満点でも、こちらで4割の得点がないと合格は出来ません。新聞などで生きた情報を知識として蓄積していくのも一つの方法です。試験問題全てに当てはまることですが、特に記述式については、必要とされている言葉、或いは条文は何かということ、出題者の意図を、すばやく読み解く力を十分養って臨みたいものです。
また、一つの言葉の読み間違いで、問題の趣旨が全然違ったものになってしまう、という事もよくあります。過去問演習などで、ケアレスミスを犯さない習慣をつけること、学習中のミスは、そのままにしないで、しっかり修正して身につけてしまう事も大事です。

引用元-法学系の大学生の場合独学だけでも合格できますでしょうか – ?行政書士

法学検定資格で自分の実力を試してみよう

「法学検定試験」は、公益財団法人日弁連法務研究財団と公益社団法人商事法務研究会が共同で組織した法学検定試験委員会が実施している、法学に関する学力を客観的に評価する、わが国唯一の全国規模の検定試験です。
  法学検定4級・3級試験を2000年から、2級試験は 翌2001年から実施しておりましたが、法科大学院が定着したことを受けて、2012年から新制度で実施することになりました。
  これらの試験は、法学に関する学力を客観的に評価する唯一の試験として、大学での単位認定、企業の入社・ 配属時等の参考資料として、さまざまな場面で利用されております。
  また、2003年から実施している「法学既修者試験(法科大学院既修者試験)」は、 各法科大学院の「既修者コース(2年コース)」を目指す受験者のために実施しているもので、法学既修者であることを証明するための資料として、多くの法科大学院で提出を求められております。
  法学検定試験(各コース、法学既修者試験)はどなたでも出願することができます。受験資格はいっさい問いません。

引用元-法学検定

twitterの反応

 - 教育

ページ
上部へ