高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】3回戦 池田高校vs広島商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】3回戦 池田高校vs広島商業|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会3回戦 池田高校vs広島商業

この試合から3回戦に突入したが、いきなり昨年夏の決勝と同じとなった。

しかし、この対戦は昨年の対決を上回る印象的な試合となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

昨年夏の決勝カード

この試合から3回戦に突入したが、いきなり昨年夏の決勝と同じとなった。

しかし、この対戦は昨年の対決を上回る印象的な試合となった。

登場した池田高校は優勝候補ナンバー1であり、夏春夏の3季連覇の偉業がかかっていた。

それだけに全国からその動向を注目されて練習どころではなかったが、地力で県予選を突破して甲子園に乗り込んできた。

初戦こそ今一つながら勝ったが、2回戦では本来の池田らしさで大勝し、調子を取り戻していた。

一方の広島商業は、作夏の決勝で広島商業野球を根本から引っくり返されたように池田高校の凄まじいパワー野球で大敗した。

そこで伝統ある広島商業野球にパワーを加え、有力チームとして広島県大会を勝ち上がって来たのであった。

選抜ではエース沖元の負傷もあってその実力を発揮できなかったが、この夏は2回戦で興南高校を倒すなど打倒池田高校に向けて準備万端といったところであった。

まさに因縁の対決、非常に注目度の高い一戦となった。

絶好調の水野

1回の表、マウンドに上がった沖元投手は丁寧にコントロールして三者凡退のナイスピッチングを見せる。

その裏、水野投手も2回戦同様に素晴らしい速球を披露して全て内野ゴロの三者凡退に抑えた。

2回の表、打席には打者としても注目の水野。

沖元投手としては一番打たせたくないバッターであるが、水野は沖元のストレートを強振して打球はレフトラッキーゾーンに運ばれる先制のホームランとなった。

これで投打ともにのった池田高校は4回の表にも3番江上がフォアボールで歩いた後、4番水野、5番吉田の連続ヒットで満塁と沖元を攻める。

このあと6番山田がフォアボールで押し出し、そして7番高橋にタイムリーが生まれて一気に3点を追加した。

水野はうるさい広島商業の序盤を無得点に抑えるピッチングを見せた。まさに池田高校ペースで試合は動いていた。

アクシデント

5回の表、池田高校はワンアウトから打席には4番水野。

水野は今大会ここまで12打数10安打と、凄まじい好調ぶりであった。

しかし、沖元投手の内角球がすっぽ抜けてしまい水野のヘルメットを直撃するアクシデント。

倒れたままピクリとも動かない水野に場内は悲鳴が飛び交ったが、間もなくして水野は一塁へ歩いた。

続く5番吉田もダブルプレーに仕止められて試合のムードが一変した。

以後、力が入らなくなった水野であるが、控え投手との差があり過ぎるために続投となった。

5回の裏、水野投手はフォアボールを出したランナーを9番永谷にタイムリースリーベースヒットで返される。

続く1番豊田にもタイムリーヒットを打たれ、計2点を返された。

水野が甲子園で2点以上取られるのは初めてのことであった。

そのストレートは球威がなく、まるで別人のようにスライダーでかわすピッチングに切り替わった。

救った吉田の1発

4-2と池田高校リードのまま終盤を迎えたが、水野投手の調子が急落したために試合はわからなくなった。

7回の表、池田高校は1番坂本のレフト前ヒットと2番金山のフォアボールでチャンスを作るが、3番江上がセンターフライに倒れる。

それまで当たりに当たっていた4番水野も気のない三振。

ここでなにか嫌なムードが流れている池田を救ったのは5番吉田。

吉田は狙っていたストレートを会心の一撃、その打球はレフトスタンドに飛び込むスリーランホームランとなった。

この1発は非常に効果的で、点差を広げる以上に広島商業の反撃ムードを抑えるのにはうってつけとなった。

8回の裏に広島商業は、ぼーっとしながら力投する水野から1番豊田がセンターへツーベースヒットを放つと、水野の暴投で進塁。

そして2番相島の犠牲フライで1点を返す。

しかし、反撃もここまで。後は水野が何とか踏ん張り、池田高校が7-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

池田高校がベスト8一番のりを果たしましたね。

しかし、デッドボールのアクシデントは不可抗力とは言え驚きました。

以後、別人のように三振したり、四球を出したり暴投したり。

3季連覇はどうなるのでしょうか。

沖元投手もそのあと投げにくかったでしょうけど、頑張っていましたね!

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ