高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

目の充血がひどい 治らない原因は?

      2015/10/02

目の充血がひどい 治らない原因は?

目の充血の多くが眼精疲労からきます。

いつもの事だからと放っておくと慢性化し、治らなくなる事も。

ひどくなる前に対処するようにしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

目の充血が起こる原因とは

1 )目の炎症

目の炎症は、外部からの刺激や、病気によって引き起こされます。

(1) 外部からの刺激
最近、次のようなことで目に負担をかけたり、刺激を与えたりしませんでしたか?

目にゴミなどが入った
コンタクトレンズの調子がよくない
屋外で長時間紫外線を浴びた
目を強くこすった
プールで泳いだ(消毒用塩素の刺激)
(2) 病気
目の充血がなかなか取れない場合は、目の病気が原因かもしれません。アレルギー性結膜炎(花粉症)や感染性結膜炎、ドライアイ、ぶどう膜炎といった病気では、炎症による充血を引き起こすことがあります。

2 )目の疲れ

目を酷使する環境にいる場合や、目の休息を十分にとっていないと、充血があらわれる場合があります。次のようなケースに心当たりはありませんか?

長時間パソコンなどのディスプレイを見続けている
寝不足が続いている

引用元-目の充血 – 目の症状セルフチェック|参天製薬

眼精疲労と充血の予防・改善法

このように、同じ充血の症状でも原因はそれぞれ異なっているものですので、症状に不安がある場合にはできるだけ早く眼科を受診するようにしてください。また目が充血しないようにするためには、日頃から皆さん自身で予防しておくことも大切です。

充血は目が疲れることによって引き起こるものですから、眼精疲労が溜まらないようにする、目を酷使しすぎないようにする、目が疲れる前にこまめに休憩を取る、夜はしっかり睡眠を取る、蒸しタオルで目の周り全体を温める、目の周りをマッサージする、目のエクササイズをする、コンタクトレンズはいつも清潔にしておく、コンタクトレンズを付ける時間を少なくするなど、眼精疲労と共に充血も予防していきましょう。

ただし、こうした対処法は一時的な疲れ目による充血への予防・改善策となります。疲れを取っても充血が治らない、ますます充血がひどくなっているという場合には、一時的な充血ではなく何らかの病気の発症を示しているサインであるケースが考えられます。頻繁に充血が起こる場合も目にトラブルが起きていることがありますので、目の疲れを改善させても充血が一向に治らない、という場合にはすぐに眼科で診てもらいましょう。大切な目を守るためにも、対処はできるだけ早く行なうことが重要です。

引用元-気付いたら目が真っ赤に・・・充血がひどい場合の予防・改善法 | 緑内障の症状改善なら手術よりもこの自宅治療がオススメ[アイケア]

目の充血が治らないのはなぜ?

充血の本質は、白目の部分に走っている毛細血管の拡張です。

この部分は非常に過敏なので、

コンタクトレンズの装用
花粉症
眼球の炎症、
疲れや寝不足
などの刺激で結膜の血管は拡張します。

その時に、充血の状態、すなわち血管の拡張の状態を長く続けていると、ちょうどゴムが伸び切ってしまうのと同じで、血管が開いたままになってしまい、治らなくなってしまうのです。

そうならないようにするためには、

コンタクトレンズを装用していて少し充血が気になるときには、すぐにはずす
花粉症など目の炎症で充血が目立ってきたときには、すぐにお薬を使って治療を行う
疲れや寝不足で目が赤くなったときには休息を取るようにする

ことが必要です。

充血が起こった時に早いうちに治していかないと、この女性のように血管が開いたままになってしまい、充血が残ってしまうことになってしまうのです。

さらにこの女性の良くなかったのは、充血に対する治療を行わずに、充血を取る目薬を使い始めたことです。

充血を取る目薬は血管収斂剤で、血管収斂剤を長い間使うとその後にリバウンドがきてまた充血を繰り返すことになってしまい、さらに長く使っている間に徐々に効果がなくなってきて、やがてはそのまま充血が残ってしまうことになるのです。

きれいな目は第一印象を良くしますので、印象を良くするためにもいつもきれいな目でありたいものです。

このようなことにならないためにも、充血が気になってきたときにはお早い目の治療を

引用元-ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : 目の充血が気になっている方。 早く治さないと、そのまま残ってしまうこともあるのです

目の充血がひどい 結膜炎について

<細菌性結膜炎>
バイ菌が入ったという表現が多い結膜炎ですが、多くはこの細菌による結膜炎によるものです。黄色い粘っこい目ヤニや充血が特徴で適切な治療を行えば数日で良くなります。

<ウイルス性結膜炎>
ウイルス感染によるもので、代表的なものに「流行性角結膜炎(はやり目)」や「咽頭結膜熱(プール熱)」などがあります。ウイルス性の場合は感染力がとても強いので家族内感染や他の人にうつさないように気をつける必要があります。

<アレルギー性結膜炎>
花粉症やハウスダストなどのアレルギーが原因でおこる結膜炎で、1年中症状がある「通年性アレルギー性結膜炎」と、花粉症に代表されるような特定の季節だけの「季節性アレルギー性結膜炎」とに分けられます。抗アレルギー剤の目薬が治療の中心となります。またコンタクトレンズの汚れによるアレルギーとして起こる場合もあります。

引用元-目が充血する病気とその治療方法 | いしゃまち

充血を最も早く治すには?

最も即効性がある充血改善方法は、

「血管収縮剤の入った目薬」しかありません。

でもご存じのとおり、一時的に充血を抑えるだけで、

効果は継続はしません。

むしろ、長期的に使用すると、充血が取れなくなるという副作用があるので、

どうしても充血をとりたい時だけ、使用しましょう。

充血は目を修復するために、目に栄養や酸素を送る反応で

悪いものではありません。

慢性化するから充血が治らない。

充血を長引かせないようにするため、

根本原因を早く治すことに専念しましょう。

引用元-治らない充血を根本から治すには? | ドライアイ対策

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ