高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

大学生のうちに資格を! 文系なら時期はいつ頃までに取得すればいい?

   

大学生のうちに資格を! 文系なら時期はいつ頃までに取得すればいい?

文系の大学生で取るならおすすめの資格は、

いつの時期から、またどのくらいの期間で勉強をしたらよいか。

それぞれに合った勉強法を見つけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

大学生は長期の休み時期に資格の勉強をしよう

大学生のうちは長期休暇が毎年2回訪れます。
大学時代には長期休暇をありがたいと思うことはないかもしれませんが。
この長期休暇は大学の特徴的なこと。
人生において新しい経験を積むのに最適な時間。
ムダな時間の過ごし方だけは避けたいですね。

宿題もなく、何に縛られることがない。
自由な時間が2ヶ月近く。社会人になればお盆やゴールデンウィークを休むことは出来ますが、
2カ月近く休むには会社を辞めるしか方法はありません。
また、業種によってはお盆やゴールデンウィークを全て休むこともできない。

学生時代は人生の中で最も自由な時間が手に入る貴重な時。
人生を豊かにするためにも学びましょう。社会に出るために準備期間ととらえて、
将来のために糧となる準備を始めている人もいます。
自分に使える時間が余りあるのに、何もせず4年間を過ごすのですか?
もったいない!将来の自分のために今この時期に資格取得を始めましょう。

引用元-資格の勉強をする | 大学生の長期休暇の過ごし方

大学生でMOSの資格を取るための勉強法とは

取得のためにどのような勉強を行いましたか?

試験前は対策教材を使って一人で勉強しました。大学の情報系の科目ではMicrosoft Officeの各アプリケーションについて学びましたが、足りないところを自分で努力して身につけました。「一日、最低2時間は勉強すること」を目標にしましたが、アルバイトなどでできない日もありました。そんな時は、怠けたくなる気持ちに鞭打って翌日は2倍勉強するよう心がけました。勉強には、公認コースウェアの対策テキストと模擬問題集を使いましたが、対策テキストはわかりやすく、細かい説明も記載されていたため、2日分の長時間の勉強でも集中して取り組むことができました。また、模擬問題集は40分以内に90%以上の正解率を得られるようになるまで繰り返し解きました。

取得後の感想をお聞かせください

資格の勉強は8月からはじめましたが、9月にはWord、10月にはExcel、そして11月にはPowerPointの資格を取得。いずれも、かなり高得点で合格でき、なかでもPowerPointは980点という点数を取ることができて自分でも感動しました!
今後は、資格取得によって身につけたスキルを大学のレポート作成や発表の場に活かしていきたいです。また、近いうちにAccessの資格にも挑戦して、マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター取得も目指したいと思っています。

引用元-合格者の声 2010年28|MOS公式サイト

宅建試験は毎年10月、勉強を始める時期は?

例えば3か月の学習期間で不合格になってしまったら、
翌年の受験日まで約10か月プラス合格発表まで一ヵ月半(合計約一年)もの
時間を与えられる(待たされる)ことを強いられる事を考えると、
最初の3か月に勉強のために費やした時間は必ずしも勉強する必要がなかったのに
勉強してしまった、ということになります。
(もともと翌年が合格目標の人はよいのですが、宅建の合格まで、もっと早めに
スタートを切っていれば初受験で合格し、資格を取得できたにもかかわらず、
結果的に合格まで15か月(最初の三カ月プラス二回目の受験で一年)というのは、
リベンジするまでの期間悔しい気持ちを持ち続けることになり、
12月の合格発表から翌年10月の試験まで残り10ヶ月もあるので、
最初の3カ月は、必ずしも必要な勉強時間ではないという意味で。)
こう考えると、時間のロスが恐ろしくて、
一刻も早い勉強を開始せずにはいられません。
さぁ、それがわかったら、勉強!勉強!やる気があるから資格取得へ向けて
勉強できるのではありません。勉強するから、宅建資格をとるぞ!
とやる気が出てくるのです。我ながら、偉そうながらもええこと言うなぁ!!
てへっ。あなたも宅建試験に合格し、合格証書を手にしてください!
そして宅建資格をゲットしましょう!

引用元-宅建の勉強時間・学習期間・開始時期

行政書士資格を目指した勉強のスケジュールとは

行政書士試験は、毎年11月の第2日曜日に開催されることとなっています。そのため、11月に向けて計画的に勉強スケジュールをたてる必要があります。

まずは過去問を解くことや、資格スクールの模擬試験などを活用して自分の進捗度を把握し、それに応じて取組み内容やスケジュールを検討しましょう。

行政書士試験の合格には、他の資格試験同様に、やはり過去問を研究することが非常に重要だといわれています。

合格体験者の多くが、なるべく早めに基礎的知識を身につけて過去問の分析に取り組むことが有効だと語っています。

個人のレベルによりますが、最低でも試験3か月前の8月までに基礎力を固め、過去問に取り組むことで出題傾向を把握していれば、試験の流れに慣れることもできるでしょう。

効果的に勉強するには
行政書士試験は独学でも合格は可能ですが、出題範囲が広く、また近年では法的思考力を問うような応用的な問題も多く出題される傾向にあるため、過去問や法律を暗記すればよいという試験ではなくなっています。

そのため、独学では難解な法律を理解できない、意思が弱く怠けてしまうという場合には、資格スクールや通信教育などを活用するのもよいでしょう。

また、法学部の学生の場合には行政書士に関する講座を大学が提供している場合もあるため、自分の通う大学でそのような講座がある場合には活用するのも有効です。

引用元-行政書士資格取得までの勉強時間 | 行政書士の仕事、なるには、給料、資格 | 職業情報サイトCareer Garden

最大難関の司法試験に打ち勝つために

予備試験も含め、司法試験は確かに難しい試験なのですが、選ばれし天才しか合格できないというわけではなく、六法全書を丸暗記しないと太刀打ちできないというわけでもありません。普通の人が努力をすれば合格する試験です。

 その意味で、司法試験も予備試験も「特別な試験」だと思う必要はありません。高校受験や大学受験と同じ「たかが試験」だと思っていればいいのです。

勉強仲間を選ぶ

 一緒に勉強する仲間を見つけるのは、勉強の方向性をまちがえないためにも、モチベーションを保つためにも大事なことです。それだけに、人選は慎重に。

 吉野さんは、司法試験合格を目指す人には、やたらとマニアックで難しい問題に取り組みたがる傾向があるといい、この傾向がある人は「不合格予備軍」であり勉強相手には向かないとしています。

 基礎ができないうちから難しい問題に取り組んでも実力は伸びないというのは、どんな試験でも同じですよね。

ノートを作らない

 勉強にノートはつきものだと考えられがちですが、ノートはまとめるのにとにかく時間がかかりますし、ノート作りそのものが目的になってしまうリスクもあります。

 それなら、ノートは「○○についてまとめたものがない」という時だけ作るようにして、その他は参考書や判例集にポストイットを貼ったりメモを書き加えるなどして補強していくほうがはるかに効率的です。

 ノートが必ずしもいけないわけではないのですが「5時間かけてノートを作っても、5時間勉強したことにはならない」というのは心に留めておきましょう。

偏った勉強をしない

 予備試験は科目が非常に多く、短答式と論文式で対策が異なります。どんなに時間がある人でも、その全てを毎日みっちりとこなすのは至難の業でしょう。

 ただ、だからといって科目によって得意不得意がはっきりしているようでは合格は望めませんから、日によって重点的に勉強する科目はあっても、放置する科目はないように心がけましょう。短時間でもいいので、「勉強しない科目を作らない」ことが大事です。

引用元-司法試験予備 一発合格する猛者の勉強法 – ITmedia eBook USER

twitter

 - 教育, 生活ハウツー

ページ
上部へ