高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】3回戦 PL学園高校vs東海大一高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】3回戦 PL学園高校vs東海大一高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会3回戦 PL学園高校vs東海大一高校

名門高校ながらエースと4番が1年生というPL学園と、双子ピッチャーで

選抜ベスト4という東海大一の戦いは、両高校にとって今大会初めて骨の

ある相手との対戦になったのかも知れない。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

真価を問われる両校

名門高校ながらエースと4番が1年生というPL学園と、双子ピッチャーで選抜ベスト4という東海大一の戦いは、両高校にとって今大会初めて骨のある相手との対戦になったのかも知れない。

PL学園は中心が1年生という事で、中村監督自身が甲子園出場出来ただけでも満足というチームであった。

しかし、元々この年代も打力には定評があったので、かの逆転のPLを彷彿させる好チームという声もあった。

今大会が池田高校の3季連覇に注目が集まり、まして強豪高校揃いの大会であったため、PL学園は完全なダークホース扱いであった。

だが、1年生エース桑田が素晴らしい安定感で2試合を投げて失点はわずか2。

ダークホースの枠を飛び越えて一気に優勝戦線に名乗りをあげるかが、この強豪東海大一高校戦で問われる。

一方の東海大一高校は、双子ピッチャーの中でもエース杉本尚の力が抜きん出ていた。

しかし、選抜以降杉本尚は肘の故障に悩まされていたため、県予選はほとんど双子のもう一人である杉本康に頼らざるしかなかった。

だが甲子園大会となれば控えの投手陣では役者が違う。

肘に不安のあるエース杉本尚が痛みを堪えながら、1回戦2回戦と勝ち抜いてきた。

東海大一高校としては、打線が活発なだけに大量援護で杉本尚に楽をさせて来たが、相手がPL学園となるとこれまでとは勝手が違う。

お互いにとって、良い試金石となる一戦となった。

PL学園、ロケットスタート

ヒジ痛を重く見た斉藤監督はマウンドに控えの杉本康を送った。

初戦、2回戦と、中盤まで投手戦となり終盤から得点するパターンのPLであったが、今日は違った。

1回の表、PL学園は1番池部がいきなりライト前ヒットで出塁する。

ワンアウト後、3番加藤に右中間へタイムリーツーベースヒットを放つ。

続く1年生4番清原の止めたバットがライト前ヒットになる。

これが1年生4番清原の甲子園初ヒットであった。

続く5番朝山にもツーベースヒットが飛び出し、PL学園は早くも2点を先制した。

3回の表、ワンアウトでランナーを2人置いて2番神野がタイムリーヒットを放って3点目。

続く3番加藤がスクイズを決めると、4番清原のセカンドゴロをエラーしてしまい、PL学園は一気に3点を追加した。

もはや優勝戦線

早くも5-0としたPL学園の先発は3年生の藤本。

藤本は初回、2回裏とヒットのランナーを出されるがいずれもダブルプレーで切り抜けた。

3回裏に東海大一は7番柴山がライト前ヒットで出塁すると続く8番杉本が送りバントを決めてランナー2塁。

ここで9番時田がレフト前ヒットを放ち、これがタイムリーとなって反撃の1点を返した。

1点を返されたPL学園は4回の表、ツーアウトから3番加藤が左中間にツーベースヒットを放つと、続く4番清原にレフト前にタイムリーヒットが生まれて直ぐに1点を加算、6点目をあげた。

東海大一は4回の裏、3番太田代がレフトラッキーゾーンに飛び込むソロホームランを放ち、2点目を返した。

しかし、このあとは三者凡退に終わり、淋しい反撃となった。

スコア以上の強さ

序盤から猛打を奮うPL打線に対し、東海大一は堪らずヒジ痛を抱えるエース杉本尚をマウンドに送った。

杉本尚はPL打線を寄せ付けずに凡打の山を築いていく。

一方の藤本投手も東海大一打線に的を絞らせず、そのあとは無得点に抑える。

互いに後半は投手戦となり、スコアは動かない。

するとPL学園は8回からマウンドに1年生エースの桑田を送り、逃げきりをはかる。

東海大一もヒジ痛を堪えて投げる杉本尚がPL打線を0封するとは皮肉である。

桑田は2回をピシャリと抑え、試合はPL学園がこのまま6-2で勝利した。

高校野球好きの一人言

1回戦、2回戦ではややスロースタートだったPL学園もこの試合ではロケットスタートでしたね。

打線の爆発力はもはや脅威となっています。一気に優勝戦線に名乗りをあげた試合となりましたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ