高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

大学生のうちに資格を! 時期はいつ頃がいい? 理系におすすめは?

      2015/10/04

大学生のうちに資格を! 時期はいつ頃がいい? 理系におすすめは?

理系の大学生の時期に取っておくべき資格は文系と

さほど変わりがないようです。

専門的な技術資格は就職後に経験を積んでから

取得するといいかもしれません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

大学生の時期に取得しておきたい資格は自動車運転免許?

私のいるような化学業界では、大手であれば資格で判断するのはせいぜい運転免許の有無くらいではないでしょうか。
(化学会社にかぎらずメーカーの工場は交通の便がよくない場所にあるところもあり、運転免許がないと2人中1名落とす選択をする場合、たぶん落とすでしょう。)

私がある電力会社を検討していたとき、電験1種(第一種電気主任技術者)を持っているか、というところでチェックボックスがある会社がありました。もし持っているならその難易度からして就職に非常に有利になるでしょう。
(私の勤務先でもほしいくらいです。中途採用でも十分考慮されるでしょう。)

最低限、というところでいうと、語学があるかもしれません。(資格ではないかもしれませんが)
どこの会社でも語学(特にTOEIC)が重視される傾向にあり、できれば英語以外の言語ができるという証拠のようなもの(○○語検定3級以上)などがあると有利でしょう。ちなみに英語などは入社時は不問でも入社後に厳しく管理する会社が増えております。また最近は入社時でもTOEICのスコアに下限をもうけている会社もあります。

理工系の国家資格は、実務経験がないと免許にならないものが多く、またそういった資格は入社後に会社でとらせてもらえることが多いのであまり気にしないことがよいと思います。
(国家資格とはいえ、受験料だけで結構お金がかかるものも多い)
変に資格マニアだと思われて面接で心証を悪くすることを恐れ、あえて合格の事実をエントリーシートや履歴書に書かない人もいます。

引用元-質問です。理系大学で就職に役立つ資格は何があるのでしょうか?自… – Yahoo!知恵袋

理系大学生と資格取得について

2010年のアンケートですが、ある転職サイトのアンケートによると理系が取得を目指す資格は、弁理士(43.6%)、公認会計士(7.5%)、司法書士(6.0%)、宅建(6.0%)だそうです。やはり理系に人気に弁理士の割合が断トツではありますが、文系が目指す資格としても上位の資格が続きます。

理系が望む資格は難しいものが多い

理系の方が目指す資格は、なかなか難関なものばかりです。そして、理系ですと研究・開発、技術・設計、生産・製造をはじめ、エンジニア、技術営業、そして金融系など、理系といっても幅広い職種があります。
その一方で理系は「高い専門性」が求められ、実務面だけではなくそれを示すには「資格」の取得が必要となってきます。
理系職種に就く社会人は、スキルアップや会社からの促しで、資格を取る人が多い現状です。

引用元-理系大学生におすすめの就活に有利な資格まとめ | 就活のことならキャリアパーク

弁理士になるための勉強時期、期間とは

弁理士試験に合格している合格者を見てみると、弁理士の勉強時間、学習時間はだいたい予備校や専門学校の授業が基礎講座、択一講座、論文講座、論文答練、択一答練などの200回程度のフルコースの講座を受けて合格されています。

学校での授業でだいたい600時間程度あります。

これも最初の12か月から15カ月でこの程度です。

さらに学校の勉強の他に自習を1:4程度で行わないと弁理士は合格できないと思うので、最低3000時間程度の勉強は必要です。

予備校をフルコースで活用したときの学習時間で、予備校をあまり使わなかったりすると、さらに倍程度の時間がかかるとみてください。

これが考えた結果、弁理士を最短で取得するための学習時間です。

勉強期間

弁理士の勉強期間は、旧試験ほどではありませんが、それなりの時間がかかります。

特許法や意匠法、商標法などは法律でも特別法といわれている部類なので、とても難解で理解しづらい科目です。よってかなりの時間をかけないと理解できないでしょう。

特に択一試験が7科目もあり、それなりに厄介な問題が多いので、択一試験に苦しむ受験生が多いはずです。

客観的に見て、受験初期から短答合格まで2-3年、そこから論文合格まで2年ほどかかるというのが相当の期間といえるでしょう。

合格率
弁理士試験の合格率は択一試験が受験者10000人前後、合格者3000人前後、合格率30%前後、論文試験は受験3000前後、合格者650前後、合格率22%前後、一発合格率5-6%ほど
短答合格者は免除があるので、受験対策はしやすいですが、一発合格はなかなか難しいです。

平成23年の弁理士試験は、出願者数8735、受験者数7948、合格者数721というところ、12倍くらいになったんですね。

引用元-弁理士 勉強時間 :3000時間・3年以上

理系なら情報処理の資格を大学の時期に取得するのもいい

IT企業が発展しつつある今の日本において、人気が出ている理系の資格があります。
それが「情報処理」の資格です。
システム監査技術者やネットワークスペシャリスト、応用情報技術者試験、プロジェクトマネージャー、ITサービスマネージャー、基本情報処理技術者、ITパスポート試験、情報セキュリティスペシャリストなど、さまざまな資格があるので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
情報処理の資格をひとつ持っておけば、IT資格がある者として採用される確率もあがるでしょう。
とくに、注目すべき資格が「基本情報処理技術者」です。
情報処理の資格において、基本情報処理技術者は、ITに関する知識・技能があるとみなされています。
情報処理の資格を取得したいけれど、どれがよいのかわからない人は「基本情報処理技術者」を取得してみてはいかがでしょうか。

引用元-理系の資格で役に立つものとは? ~資格の種類と注意点について~ | SAT危険物取扱者公式BLOG

理系大学生が目指したい資格のひとつ技術士について

技術士法第2条は、技術士を次のように定義している。
「技術士」とは、第32条第1項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価またはこれらに関する指導の業務を行う者(他の法律においてその業務を行うことが制限されている業務を除く。)をいう。
「技術士補」とは、技術士となるのに必要な技能を修習するため、第32条第2項の登録を受け、技術士補の名称を用いて、前項に規定する業務について技術士を補助する者を言う。
このように、技術士とは 「高等の専門的応用能力」を備えた技術者であると規定されている。では、「高等の専門的応用能力」とは、具体的には一体どのような能力のことであるか。受験対策書や受験対策講座などでは「これまで習得した知識や経験等に基づき、対処すべき課題に合わせて正しく問題を認識し、必要な分析を行い、判断し、対応策の企画立案等を実施できる能力」[1]「的確に問題点を把握して、創意工夫により解決を図る能力」[2]などと説明されている。実際、技術士試験では、技術上の問題を発見し、それを解決できるかどうかを問う出題がされている[3]。
「技術上の問題を発見し、それを解決する業務」とは、すなわち技術コンサルタントの業務である。技術コンサルタントと名乗って仕事をするかどうかは別として、技術士とは技術コンサルタントの能力があることを国が認定した技術者であると言える。
技術士は、業務独占資格ではない。例えば、建築の設計や医療行為などは、独占業務である。そのため、その資格を持たない者は、これを行うことはできない[4]。一方、技術コンサルタントという仕事は、技術士の独占業務ではない。そのため、誰でも技術コンサルタントの仕事を行うことはできる。しかし、技術士は、国家試験によって一定レベルの問題解決能力を認証されている。また、技術士法第45条および59条により、秘密保持義務を課されている。したがって、無資格の技術コンサルタントと比較して、顧客の信用を得やすいと考えられる。

引用元-技術士 – Wikipedia

 - 教育

ページ
上部へ