高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】3回戦 宇都宮南高校vs中京高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】3回戦 宇都宮南高校vs中京高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会3回戦 宇都宮南高校vs中京高校

今大会は多士済々のピッチャーが揃ったが、この試合は点を与えない

という安定感においてズバ抜けた両エースの登場となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

豪腕投手vs技巧投手

今大会は多士済々のピッチャーが揃ったが、この試合は点を与えないという安定感においてズバ抜けた両エースの登場となった。

中学時代にはすでに名前を轟かせていた中京高校エース野中投手。

あの池田高校、蔦監督にして「全国優勝出来る投手」と言わしめた。

昨年の春夏の甲子園でも2年生エースとして共にベスト4という輝かしい成績を残した。

しかし、共に決勝進出を逃した最大の要因は野中投手を援護出来なかった打撃陣にあった。

そこでパワーアップに成功した打線は1回戦、2回戦と2桁安打の猛攻で相手投手を粉砕してきた。

打撃力が高くなり、エースが野中投手という事で一気にストップ・ザ池田高校の1番手となっていた。

一方の宇都宮南高校はフレッシュな初出場高校。

しかし、エース荒井の制球力には目を見張るものがあり、1試合で失点が3を越えることは無い。

変則的なサイドから放たれる多彩な投球術は、連打や四死球で崩れることはまず無い。

初戦の高松商業との試合も被安打3の1失点完投勝利で噂に違わないピッチングを披露した。

しかし戦前の予想では、やはり中京高校の打線が強力という事と野中投手が安定感に長けている事から5-1くらいのスコアで中京が勝つのではないだろうかと言われていた。

浮き足立つ宇都宮南

好投手、エース荒井に託すのであれば先取点が欲しい宇都宮南高校。

1回の表、ワンアウトから2番松本がセンター前ヒットで出塁するとすかさず盗塁を決める。

スコアリングポジションにランナーを進めた宇都宮南であったが、逆に気負ってしまったのか頼みの3番小宮山、4番佐藤が連続三振に斬られていきなりの先制パンチとはいかなかった。

野中投手のストレートは1回戦、2回戦よりも格段に素晴らしいものがあった。

中京高校はその裏、ワンアウトから2番安藤がセンター前ヒットで出塁する。

3番鈴木がレフトフライに倒れてツーアウト後、4番野中がセンター前ヒットを放ってランナー1、2塁。

ここで5番紀藤をセカンドフライに打ち取ったエース新井であったが、攻守のセカンド松本がこれをエラーしてしまい、中京高校が思わぬ形で先制の1点をあげた。

完璧な野中投手

2回の表、試合を振り出しに戻したい宇都宮南高校であるが6番益子、7番渡辺が連続三振に斬られてしまう。

確かに中京という名前を聞いただけで強さを感じてしまい、浮き足立ってしまう。

しかし、この日の野中投手はそれを抜きにしても段違いの出来であった。

5回を投げて被安打1、7奪三振という好調ぶりであった。

一方の荒井も初回こそ味方のエラーから1点を失ったが、そのあとは中京打線を手玉に取る素晴らしいピッチングを見せた。

4回の裏、中京高校は先頭の5番紀藤がチーム3本目となるレフト前ヒットを放つ。

続く6番長島が送りバントを決めると、7番佐々木はフォアボールを選んでランナー1、2塁とする。

しかし、このチャンスも8番高橋がサードゴロに仕止められてダブルプレー。

またしても荒井投手のピッチングが冴えた。

三振が1番の安心

6回の表、宇都宮南高校はツーアウトから1番沼生がライト前ヒット、続く2番松本がセンター前ヒットと初めて連続ヒットでチャンスを作る。

ここで野中投手は3番小宮山に対して三振を狙いにいき、見事に三振でピンチを切り抜けた。

荒井投手は4回にヒットを打たれて以降、完全に中京打線を抑えるノーヒットピッチング。

こうなると野中投手としては1点も与えるわけにはいかない。

後半は互いに両エースが踏ん張ったが野中投手の13奪三振、5安打完封という素晴らしいピッチングで試合は1-0で中京高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

野中投手が5安打完封と完璧でしたね。

しかし、敗れた荒井投手も中京打線を3安打に抑えた素晴らしいピッチングでした。

荒井投手は結局予選から通じて1度も崩れないピッチャーでしたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ