高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】3回戦 横浜商業vs学法石川高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】3回戦 横浜商業vs学法石川高校|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会3回戦 横浜商業vs学法石川高校

大会もベスト8進出を決める高校が続々と現れる中、バランス的に

一番総合力の高い横浜商業が登場となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

総合力ナンバー1

大会もベスト8進出を決める高校が続々と現れる中、バランス的に一番総合力の高い横浜商業が登場となった。

今大会ダントツの優勝候補は池田高校で総意と言われているが、走攻守に優れたナンバー1は横浜商業。

元々選抜で見せたようにエース三浦と高い守備力が準優勝の原動力になっていたが、この夏は打撃力に磨きをかけた。

初戦では単調になってしまった攻撃陣であったが、2回戦では好投手の佐世保工業エース香田を簡単に攻略した。

1番西村、2番信賀のコンビの出塁率の高さはさらに群を抜き、3番高井、4番佐藤利の長打力の高さはさらに磐石になった。

それだけでも相手ピッチャーに与えるプレッシャーは驚異的である。

さらに続く5番中村、6番佐藤道は広角に打球を飛ばす力がある。

加えて7番ピッチャーの三浦もバッティングセンスが良いと来れば、切れ目の無い打線という名状がピッタリ当てはまる。

これだけ打撃力が進歩しているのだから、総合力という意味では池田高校よりもバランスは長けているという評価か多かった。

小椋投手の安定感

学法石川高校のエース小椋投手は、今大会でナンバー1の長身を誇る。

その長身をいかしたストレートは相手バッターとしても打ちにくく、大量失点を取られたことは無い。

県予選でも2失点したのは準決勝の1試合のみで、あとは完封か1失点完投という素晴らしい安定ぶりを見せた。

甲子園大会でも1回戦の米子東高校戦では延長10回を投げ抜き1失点完投を見せ、2回戦の東山高校戦では2失点完投勝利と、全国大会でも変わらぬ安定感を披露した。

相手高校に2階から投げているようだった、と言われるほど高い位置から放たれる小椋投手のピッチングにキリキリ舞いだった。

学法石川高校としては、小椋投手が上手く横浜商業をかわしている間に先取点が欲しいところである。

序盤での爆発

両高校ともに初回は静かに終わったが、試合は早くも動いた。

2回の表、横浜商業はワンアウトランナー1、3塁として8番森屋がスクイズを決めて先制点をあげる。

続く9番林がレフトにツーベースヒットを放って追加点を奪うと小椋投手は動揺して1番西村にフォアボールを与えてしまう。

ここで2番信賀がセンターオーバーのスリーベースを放つと、続く3番高井にタイムリーツーベースが飛び出してこの回一気に5点を奪った。

3回にも横浜商業は9番林のタイムリーツーベースヒットなどで2点を追加し、早くも7-0とリードした。こうなると学法石川打線は焦りだし、横浜商業エース三浦に翻弄されていく。

4回には小椋投手がフォアボールを連発し、満塁のピンチで失点を重ねてこの回一気に4点を追加された。

こうなれば三浦投手は気持ちにさらに余裕が生まれ、7分の力で投げたという。

しかし、7分と言ってもそこは三浦投手。焦りのある学法石川打線は凡打の山を築いてしまう。

学法石川の反撃も

6回にもツーアウト満塁から9番林がこの日3本目となるタイムリーヒットを放ち、2点を追加した横浜商業は、まだまだ手を緩めない。

8回の表、先頭の5番中村がツーベースヒットで出塁するとワンアウト後、8番三浦のタイムリーで追加点。

さらに相手のエラーでチャンスを広げた後、1番西村にヒット、2番信賀にライト前ヒットが生まれる。

ここで3番高井がライトへスリーランホームランを放ち、この回6点目となるダメ押しの1発を披露した。

19点差となり、エース三浦はマウンドを降りた。

試合は決まった感に溢れたが学法石川はその裏、ツーアウトでランナーを1人置いて3番長瀬がレフトへツーベースヒットを放ち反撃の狼煙をあげる。

続く松井が4番の意地を見せてライトへタイムリーを放つと、5番猪俣もセンターにタイムリーを放ってこの回3点を返した。

しかし反撃もここまで。試合は19-3で横浜商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

横浜商業が有利と見られてはいましたが、このような展開になるとは高校野球は本当にわからないですね。

しかし、大量リードにもめげずに反撃を試みる学法石川高校に高校野球の素晴らしさも頂ましたね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ