高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

腎臓に障害が起きる事によって発生する貧血も

      2015/10/09

腎臓に障害が起きる事によって発生する貧血も

腎性貧血とは、腎臓が原因となって生じる貧血です。

鉄欠乏性貧血とはまた違うので、

治療や予防法も違うようです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

腎性貧血とは

腎性貧血とは、腎臓に障害が起きる事によって発生する貧血です。腎臓は、血液に関わる重要な働きをしている臓器であり、赤血球を産生を促進させ、成熟させる働きのあるホルモンとしてエリスロポエチンが分泌されます。しかし、腎機能が低下する事により、腎臓のからのエリスロポエチンが産生されなくなり、造血機能が低下します。その為、血液中の赤血球が減少をし、酸素の輸送能力が低下する事で貧血の症状が現れます。これを腎性貧血といいます。

また、腎臓の機能低下により、低酸素を感知する感受性の低下、尿毒症による低栄養、溶血の亢進、出血傾向の出現 、透析による血液の損失などの要素が加わります。さらに腎機の機能が低下すると貧血が進行します。そのために慢性腎不全になると、ほぼ例外なく貧血になります。クレアチニンクリアランスが40ml/分以下、あるいは血清クレアチニン1.6mg/dl以上になると貧血が出てくるといわれております。

引用元-腎性貧血の症状、原因、予防、診断と治療|貧血の症状と原因、治療方法

腎性貧血の症状について

赤血球は体中に酸素をはこぶ役割を持っているため、その数が減ることで疲れやすく、動悸や息切れ、めまいなどの、日常生活に支障をきたすような症状があらわれます。
ただし、貧血はゆっくりと進行するため、体が症状に慣れてしまって、気が付かないことがあるので注意が必要です。

また、全身の酸素不足をカバーするため、心臓に負担がかかっており、貧血症状が強いほど、末期腎不全になる割合が高いともいわれているため、放置せずに早めの治療が大切です。
同じ貧血でも、よく耳にする鉄分不足から生じる「鉄欠乏性貧血」がありますが、症状は同一でも、原因も治療法も違うため、腎性貧血は鉄剤だけを補給しても、改善されることはありません。

引用元-末期腎不全になる?腎性貧血について徹底調査!

腎性貧血と鉄欠乏性貧血は違う

腎臓の機能が低下すると、「疲れやすい」「動悸がする」「少し早足になっただけで息切れする」「立ちくらみやめまいがする」といった症状も現れます。これらは貧血の症状。慢性腎臓病の症状の1つです。

「貧血」と聞くと「鉄分を補給すればいいのね」と考える人も多いことでしょう。しかし、腎機能が低下して引き起こされる貧血では、鉄分を補給しただけでは症状は改善しません。貧血が起こるメカニズムが「鉄欠乏性貧血」とは異なるためです。

「鉄欠乏性貧血」は体内の鉄分が不足して、ヘモグロビンの産生が不十分になって引き起こされるもの。腎機能が低下して引き起こされる「腎性貧血」は、「エリスロポエチン」の分泌が減少することが原因です。

エリスロポエチンは赤血球をつくる働きを促進するホルモンで、腎臓から分泌されています。
腎臓の働きが低下すると、腎臓からのエリスロポエチンの分泌が減少し、
骨髄で赤血球をつくる機能が低下して貧血になるのです。

だから、腎性貧血の治療にはエリスロポエチンの分泌不足を改善するアプローチが必要になります。
鉄分を補給すればいいというわけではありません。

赤血球は体の隅々に酸素を運ぶ役割を担います。
腎性貧血になると全身の酸素不足が起こるため、
その状態をカバーしようとして、心臓にいつも負担がかかるようになります。

また、貧血がひどいほど末期腎不全になる危険性が高いとも言われています。
腎性貧血は早いうちに治療を開始することが大切です。
早期から治療を開始すれば、息切れや立ちくらみ、疲れやすさが改善されるだけでなく、
慢性腎臓病の進行を抑えることも期待されます。

引用元-腎性貧血と鉄欠乏性貧血は違う

腎性貧血の治療について

腎性貧血には、エリスロポエチンの分泌不足を補うために赤血球造血刺激因子製剤(ESA)の投与による薬物治療が行われます。また、あわせて食事療法や、鉄剤の投与も行われます。
CKD患者さんに推奨される治療目標値はヘモグロビン値11g/dL以上です。13g/dLを超える場合には、腎性貧血治療薬を減らしたり、休薬したりすることがあります。ただ、最終的には個々の患者さんの病態にあわせて目標値は設定されます。心臓や血管などに重篤な疾患がある患者さんや、医学的に必要のある患者さんには、ヘモグロビン値12g/dLを超える場合に、腎性貧血治療薬を減らしたり、休薬したりすることがあります。
近年、従来の赤血球造血刺激因子製剤より投与回数が少ない、持続型の赤血球造血刺激因子製剤も開発され、治療の選択肢がひろがりました。

引用元-腎性貧血の治療について|知ろう。ふせごう。慢性腎臓病(CKD)

腎性貧血を予防する食生活と運動について

★腎性貧血を予防する食生活
正しい食事療法のみで貧血を改善することは難しいですが、適度にたんぱく質の摂取や適度な鉄分が含まれた食事をすることで少なからず予防できます。エリスロポエチンの働きを効果的にするためにも、『正しい食生活』はとても大切です。カリウム、リンに注意しながら、日頃から栄養素も摂るように気を付けましょう。
★腎性貧血を予防する適度な運動
透析患者における運動療法は、心臓や血管の働き、骨や筋肉の状態を改善して、貧血に伴う様症状を改善してくれます。自分の体力にあった運動内容を知り、無理をしない程度にとどめましょう。体調を整えてから運動を始める事が大切です。体調や体力はその人によって様々です。まず、相談してから運動を開始しましょう。

引用元-(医)杉の会 杉本クリニック

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ