高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】3回戦 印旛高校vs岐阜第一高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】3回戦 印旛高校vs岐阜第一高校|白球の足あと

1983年 選手権大会3回戦 印旛高校vs岐阜第一高校

夏は意外に初出場となる印旛高校であるが、選抜甲子園大会での

活躍ぶりで高校野球ファンとしてはすっかり名門高校の1つである。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

夏の印旛へ

夏は意外に初出場となる印旛高校であるが、選抜甲子園大会での活躍ぶりで高校野球ファンとしてはすっかり名門高校の1つである。

特に最近では81年春の選抜大会で準優勝という輝かしい成績も残している。

しかし、その準優勝も実は涙の準優勝である。

あと2人アウトに取れば紫紺の優勝旗を手にしたところでPL学園にまさかの逆転サヨナラ敗けを喫し、悔しい悔しい準優勝となったのであった。

なぜか夏の甲子園大会には縁の無かった印旛高校であるが、この夏に初めて甲子園の土を踏み、初戦では大田高校を倒して新しい歴史を作った。

2年前の雪辱を含めて狙うは深紅の優勝旗を目指す。

岐阜県史上最強の声も

対する岐阜第一高校は新チーム結成以来、かなりの強さを見せつけてきた。まず新チームになって秋の岐阜大会を制し、そのまま東海大会をも優勝した。

東海チャンピオンとして望んだ選抜大会でも初戦で四国の雄である尽誠学園をサクッと倒した。

2回戦で敗れたとは言え、圧倒的な強さの池田高校相手に中盤までがっぷり四つに組んだ実力は本物としか言いようが無い。

この夏の大会も1回戦ではエース加藤が完封勝利し、2回戦では集中打で逆転勝ちと、違うパターンでも勝てるのはやはり実力のある証左。

近年の岐阜県代表チームの中でも最強の声が上がっていた。

完全なる岐阜第一ペース

両方のチームが得点力に長けているだけあって、やはり先取点が大きく試合を左右するだろうと予想されていた。

1回の表、印旛高校はツーアウトから3番山中がセンター前ヒットを放つも、岐阜第一エース加藤のカーブに4番颯佐はあえなくショートゴロにおわる。

その裏、岐阜第一はトップの林がいきなり右中間へスリーベースヒットを放つ。

いきなりの先制チャンスを迎えたが、しかしここは印旛高校エース古瀬にスクイズを見破られてランナー林はタッチアウトとなり、この回は無得点に終わる。

2回の裏、岐阜第一は5番ピッチャー加藤が右中間にツーベースヒット。続く伊藤が送りバントを決めて、ランナー3塁と再び先制のチャンス。

ここで7番穴吹がセンター前にタイムリーヒットを放って岐阜第一が先制点を奪った。

3回の裏にも岐阜第一はエラーで出塁した林を送りバントで進めてチャンスを作ると、3番早矢仕のライト犠牲フライで2点目を追加した。

4回にも岐阜第一は相手のエラーから3点目を追加し、完全にペースをものにしていた。

最高の出来

エラー絡みで失点し、雰囲気が落ち込む印旛高校であるが、きっかけの糸口を見つけないとどうにもならない。

しかし、岐阜第一エース加藤の打たせて取るピッチングに欺かれて凡打の山を築いていく。

5回の表、印旛高校は先頭の7番寺田がライト前ヒットを放つ。

ノーアウトのランナーを大事にするか、強行でチャンスを広げるか。

悩んだあげく、続く8番佐川の強行はショートゴロ、続く9番大野の強行はショートゴロのダブルプレーに打ち取られて無得点に終わってしまった。

岐阜第一は8回の裏にもピッチャー加藤のヒットを皮切りにワンアウトランナー1、2塁のチャンスを作ると、代打岡田が左中間を深々と破るタイムリースリーベースヒットを放って2目を追加した。

岐阜第一エース加藤は印旛高校打線を単発3安打しか許さない完璧なピッチング。

本人も5回目となる甲子園のマウンドで最高の出来と語った。試合はこのまま岐阜第一高校が5-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

岐阜第一エース加藤投手、素晴らしい安定感でした。

今大会は快速球を投げるピッチャーが多いのですが、加藤投手のような凡打の山を築けるピッチャーも見ていて安心ですね。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ