高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

貧血を食事で改善 妊娠後期に起きる貧血の予防となる食事とは?

      2015/10/10

貧血を食事で改善 妊娠後期に起きる貧血の予防となる食事とは?

元々貧血気味な人は、妊娠中はより酷くなる可能性が高く、

胎児は、お母さんの血液を通して、栄養や酸素を摂り入れるので

その分多くの血液が必要になってくるのです。

食事でしっかり体調を整えるようにしましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

妊娠後期の貧血には注意が必要

一番出産に向けて大事な時期なので、つわり等で食欲不振になり、思うように栄養素が胎児へ
行き渡らないと、成長不良で、未熟児や脳障害の子供が生まれてしまうことになるのです。
妊娠中は、お母さんだけでなく、お腹の中の子供にも、栄養素や酸素が必要になってくるので、
その分、全身に栄養素を送り届ける為に、血液が必要になってきます。

毎日多くの血液を作り続けるには、食事からたくさん摂り入れる必要があるのですが、
実際にはこういったつわりで食欲不振になり、鉄分が不足しがちになり、
これが貧血を益々悪化させてしまうのです。

最初のうちは、血液中の鉄分が胎児に届くので、軽度の貧血になっても、
胎児には問題はないのですが、それが続くと、思うように酸素や栄養素が届かないので、
赤ちゃんの発育に問題が出てしまうのです。

貧血になると、とても体がだるくて、疲れやすくなり、冷え性になれば、
食欲不振になり、益々栄養素が行き届かなくなるという悪循環です。
これでは、赤ちゃんにとってはあまり良くない環境なので、これから出産だという
妊娠後期は特に注意して、貧血対策をしなければならないわけです。
鉄分豊富な食事を心がけ、大切な胎児の成長を助けてあげましょう。

引用元-妊娠中の貧血は要注意!※対策法を特集

妊娠期別の食事ポイント

妊娠前期(1~4ヶ月)における食事ポイント

妊娠食は、つわりが酷い時は無理に食べなくてもOK。あまり気にせずに 食べられる時に食べられる物を少しずつ食べるようにしましょう。(出来れば消化の良い物を)生クリームなどの油脂類や砂糖や塩などの多いお菓子を控えましょう。つわりを悪化させます。子宮がおおきくなるにつれ 便秘気味になるので、海藻や根菜類などの食物繊維を多めにとりましょう。空腹も気持ち悪さの原因になるので、あまり空腹にせず小さいおにぎりや飴などを冷蔵庫に常備しておきましょう。匂いが気になる時は、冷たくすると比較的食べやすくなります。
妊娠中期(5~7ヶ月)における食事ポイント

妊娠中期は、つわりがおさまり食欲旺盛になるので体重増加に気をつけます。高たんぱく・低カロリーの食事を摂りましょう。胎児の著しい成長と共に鉄もより必要となります。貧血予防に鉄を多めに摂りたいものです。鉄分の多い食品を取り入れた献立を立てましょう。塩分の摂りすぎは難産などを引き起こす妊娠高血圧症候群の原因になります。ダシ汁やかんきつ類や香味野菜を利用して薄味を心がけましょう。果糖が豊富な果物も食べ過ぎないように注意します。
妊娠後期(8~10ヶ月)における食事ポイント

妊娠後期は、赤ちゃんが大きくなるにつれ、胃が押し上げられて胃もたれや胸焼けなどの症状が出ることがありますが少しずつ小分けで食べると良いです。1日で食べる量を減らすのではなく、3回で食べられなかったら4回に分けて回数を増やして食べます。陣痛が収まったら長期戦です。陣痛の軽いうちに消化の良いおにぎりやサンドイッチや雑炊などのエネルギーになる物を食べましょう。最も妊娠高血圧症候群になりやすい時期なので、塩分や水分のとりすぎには充分注意しましょう。

引用元-妊婦、妊婦になる人の食事と貧血のポイント|貧血の症状と原因、治療方法

つわり等で食事ができないときは葉酸サプリがおすすめ

毎日、必要な鉄分を食事から摂取するのは、日頃忙しい妊婦さんは簡単ではなかったり、つわりで食べられないときもあると思います。その時はサプリからの摂取がおすすめで『葉酸サプリ』が最適です。
理由として、妊娠中は、胎児の奇形のリスクを減らすために、葉酸の摂取が厚生労働省より推奨されており、葉酸サプリには、血液を作る上で必要な葉酸だけではなく、妊娠中に不足しがちな鉄分が配合されているものも多いからです。
加えて、葉酸は、妊娠中の赤血球濃度の低下による、悪性貧血の改善につながることもわかっているので、その点からも葉酸サプリは好ましいです。ただ、出回っている葉酸サプリの中には、酵母由来の天然葉酸かつ無添加のものの一方で、化学的につくられた合成葉酸がメインでいて添加物も多い粗悪なものあるので、きちんと見極めてから飲むことが大切です。

引用元-自覚症状を感じにくい妊娠中の貧血に要注意!初期症状と対策まとめ|葉酸サプリ110番|現役医者が明かす妊娠中おすすめの葉酸サプリ

貧血にいいレバーも妊娠期に食べ過ぎは危険?

鉄分の多く含まれる食材といってまず思いつくのはレバーですね。
病院でも、妊婦さんに栄養指導があった時に、鉄分の多く含まれている食材で一番にレバーが出てきました。
でも、指導の助産師さんが言うには、レバーに鉄分が多く含まれているからと言って毎日摂取するのは良くないそうです。
ええ?なんで?とびっくりしてしまったのですが、週に1度くらいにしてください。と指導を受けました。

レバーについて調べてみると、鶏レバーには40gで約3.6mgの鉄分が、豚レバーには50gで約6.5mgとかなり多い量の鉄分が含まれていることがわかりました。
じゃーやっぱり毎日食べたらいいじゃん!と思ったんですが、ここに落とし穴が!

レバー中には鉄分の他にもビタミンAが多く含まれているんです。
このビタミンAが曲者で、ビタミンAを摂り過ぎるとお腹の赤ちゃんに害がでることがあるそうです。
その為、レバーの食べ過ぎは良くないと言われたんですね。鉄分はとりたいけど、妊娠中の妊婦にとって赤ちゃんに害があっては元も子もありません。
ビタミンAの摂り過ぎにならないように、レバーは週1を目安に気を付けて摂取するようにしましょう。

引用元-妊婦が妊娠中に食べると良い鉄分の多い食品、食材

貧血の胎児への影響とは

通常の貧血(鉄欠乏性貧血)では、胎児の鉄分不足は起きません。しかしそれ以外の貧血(溶血性貧血・再生不良性貧血等)では、 胎児の発育に影響するので、詳しい検査が必要となります。貧血と診断されていても、出産で大きな影響や問題があった、という人はほとんどいらっしゃらないようです。むしろ産後にたちくらみなどの貧血を起こしやすく、鉄剤を処方される、ということもあります。また貧血や冷え症は母乳の出が悪くなりやすいので、休養を取って、栄養のある食事をしっかり摂りましょう。

引用元-妊娠中の貧血数値と症状!鉄分の薬で嘔吐など副作用あり? | SKYNEWS7

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ