高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

脳貧血の症状には吐き気も 起立性低血圧とは?

      2015/10/14

脳貧血の症状には吐き気も 起立性低血圧とは?

脳貧血の症状は様々ですが、ひどい場合は吐き気も

するほどです。また、低血圧の人は脳貧血になりやすいので

気をつけましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

脳貧血の代表的な症状について

脳貧血とは脳の貧血と書きますが、

その名の通り脳に行く血液の量が少なくなった時におこる様々な症状のことです。

具体的には

たちくらみ
めまい
頭痛
気が遠くなる
失神する

などがあります。

脳貧血の特徴としては急に立ち上がったり起き上がったりなど頭の位置を動かした時に症状がでやすいということです。

理由は単純で急に立つと血液が体の下の方に行ってしまい、
脳に届かなくなるからです。

また長時間立っていたり休憩せずに運動した時にもよくおこります。

小学校のころ校長先生の話で長時間立っているときなどにに倒れそうになったことはありませんか?

これも立派な脳貧血の一つです。

引用元-脳貧血の原因とは?症状や対策など 普通の貧血とどうちがうの?? |

低血圧だと脳貧血になりやすい

脳貧血と深く関わることの一つに低血圧があります。この低血圧になると、朝起きれなくなったり、体がかったるく疲れが溜まっているように感じるといった症状があらわれます。低血圧というのは、心臓から全身へ送り出す血圧が低い状態のことを言います。この血圧が低いと、長時間座っているときに足に溜まったヘモグロビンを一気に頭まで送ることができずにめまいなどを引き起こしてしまうことが多くなります。低血圧を改善するためには、朝に熱めのシャワーを浴びたり、軽い運動をして体全体に刺激を与えて活発に働かせてあげる必要があります。

引用元-夏になる人が多いので要注意!脳貧血の原因や対策方法についてのまとめ! | からきゅれ

脳貧血で冷や汗や吐き気はなぜ起こるのか

『脳貧血』は、脳への血液の流れが一時的に悪くなることで起こります。

通常であれば、血液の流れは『自律神経』によって調整されています。しかし、疲れや睡眠不足、またストレスなどが原因で、この『自律神経』が正常に機能しなくなると、血液の流れが悪くなり『脳貧血』を引き起こしてしまうのです。血液が全身にいきわたらなくなることによって、冷や汗や吐き気、めまいなどの症状も出てしまうのですね。

また、低血圧の人が『脳貧血』になりやすいというデータもあるようです。
心臓から勢いよく血液が押し出されていれば、脳への血液の流れもスムーズなのですが、重力に逆らえるだけの勢いがない低血圧の人は、脳の血液量が不足して、『脳貧血』を起こしやすいのです。

引用元-貧血だと思っていませんか?冷や汗や吐き気を伴うその症状

脳貧血は起立性低血圧とも言われる

起立性低血圧(または起立性調節障害)などとも言われる、脳貧血。そもそも血液は液体なので、重力の影響を受けて下へ下へとたまりやすい性質を持っています。その血液を全身で循環させるためには、足の筋肉がポンプの働きをして、重力に逆らって血液を心臓に送り返します。さらに、自律神経は足以外の血管の周囲の筋肉の収縮も促して、血圧を調整することで通常は脳の血流が減りすぎないしくみになっています。
ところが、自律神経の働きが乱れて血圧が低くなると、一番上にある頭にまで十分に血液を送りづらくなるため、脳への血流が不足して脳貧血を起こします。脳貧血は、それ自体で命を落とすようなことはありません。しかし駅のホームなどでは、ひとつ間違えば重大な結果をまねく可能性がありますし、倒れた拍子に頭を強く打つ危険な場所もあります。「おかしいな」と思ったら、一刻も早く座ったりしゃがんだりして、頭を低くします。できれば、安全なところで横になって休みましょう。

外気温や、オフィスの冷房の設定などは、自分では変えることが困難なものです。そうした環境によって体がダメージを受けているとき、お勧めしたいのが台湾式リフレクソロジー。

足の裏には、各器官に繋がっている「反射区」があり、そこを刺激することで各器官の働きを正常化します。また足の筋肉をしっかり揉みほぐすことにより、足に血液がたまるのを防ぎます。
足だけではなく、手にも「反射区」が存在します。脳貧血の場合には、胸より上の血流を整えるのに大変効果的なハンドリフレクソロジー(手のリフレクソロジー)も併せて行うと、相乗効果でさらに良い結果が得られるでしょう。

引用元-脳貧血 / 足つぼ・足裏マッサージ、フットケアのドクターフット健康教室

自律神経を整える効果的な方法とは

立ちっぱなしによる脳貧血を防ぐためには、できるだけ座ったり、立ちっぱなしから急に動き出したりせず、ゆっくり動くことが大切です。起こってしまったら、頭を低くして横になりましょう。頭へ血液をいきわたりやすくすることで、回復を早められます。 また、自律神経の乱れを解消する方法ですが、まずは睡眠をたっぷりととることです。規則正しい睡眠が、自律神経を整えます。また、冷水と温水のシャワーを4~5回交互に浴びるのも効果的だと言われています。刺激を与えることで、自律神経の働きが活発になるのです。

 いかがでしたでしょうか?一見、貧血と捉えられやすい脳貧血ですが、そのメカニズムは貧血とは別物だということがわかりました。立ち仕事の方は十分に注意したほうがいいですね。また、日々のストレスでも症状が現れてしまうことから、ストレスや疲労を溜めこまないように気をつけましょう!

引用元-貧血になると汗が大量に出るって本当? めまいがとまらない症状とは?

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ