高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

気をつけなければいけない脳貧血、特に妊娠中に注意すべきこととは

      2015/10/15

気をつけなければいけない脳貧血、特に妊娠中に注意すべきこととは

妊娠中に起こる脳貧血は、転倒の恐れもあるので

十分な注意が必要です。

まずは予防から始めましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

妊娠中の立ちくらみは脳貧血かも

妊娠前から貧血ぎみな人なら、経験があるかもしれません。なにかの拍子に目の前がチカチカと点滅し、無数の星が瞬いているかのような感覚や、座っていた姿勢から急に立つ時に一瞬クラっとする立ちくらみ。

これは“貧血になった”と表現されますが、実は「脳貧血」といいます。妊娠初期には、ホルモンの影響や体が新しい環境に適応していく過程で、自律神経が不安定になります。そのため血圧のコントロールが不十分になり、脳に血液が届かないと、このような「立ちくらみ」の症状がよくみられます。これは必ずしも血液成分中の赤血球が少ない本当の「貧血」とは限りません。

妊娠初期検査で貧血の値が正常だと言っても油断しないで。妊娠経過と共に、血液は胎盤循環に適応するため水分量が増えていき、相対的に赤血球濃度が薄く、つまり貧血ぎみになります。それに加え、ベビーの成長に鉄分が必要となるので、ママの体の貯蔵鉄が使われ、母体は鉄分不足になりがち。妊婦さんの3~4割が、鉄欠乏性貧血になるといわれています。

引用元-妊娠中の貧血:自律神経の不安定さが引き起こす症状 – 妊娠初期症状 完全ガイド – 妊娠・出産・マタニティ情報サイト – ニンプス(ninps)

貧血のような動悸や耳鳴り症状も脳貧血の可能性あり

簡単に説明すると、このような貧血に似た症状は、
意外かもしれませんが、脳貧血が原因なのです。

今まで脳貧血になったことのない妊婦さんもたくさんいると思います。
なぜ、脳貧血になるのでしょうか?

それは、血圧が関係しています。
高血圧や、低血圧になると脳貧血を引き起こしやすくなるのです。
高血圧といえば、妊娠中毒症が有名ですが、
低血圧でも脳貧血になります。

妊娠中は、赤ちゃんに栄養や、酸素が運ばれてるため、
妊娠前よりも体力を消耗しやすいのです。
無理をして体を動かすと脳貧血になりやすいので、
動悸や耳鳴りを経験した妊婦さんは
なるべく無理をしないようにしましょう。

引用元-【妊婦】動悸耳鳴りまめまいの原因は?仕事中に起きた時の対策 | 妊婦力

妊娠中の脳貧血の対処法とは

まずは、栄養不足にしないことが基本。理想を言えば、どんなに辛いつわりがあっても食事をしっかり摂って栄養補給を完璧にすることです。

特に、脳貧血に効果的な栄養はこれです。

ビタミンB群を補給すべし!

脳貧血の改善に「ビタミンB群」の補給は絶対条件。ビタミンB群は、食べたものが体内で働くエネルギーに変換し、効率良く「血液を作るエネルギー」にしてくれます。

また、造血や血管を健康にする働きも、ビタミンB群は持っています。

鉄分と葉酸を補給すべし!

妊娠中に低血圧になる人は「貧血」も併発している可能性が大です。ちなみに、血液を作る栄養素は「鉄分、葉酸、ビタミンB群」で、これらをバランス良く補給することが重要です。

また、葉酸は、脳貧血のもう一つの原因「自律神経の不調」を整える効果もあります。

実際、葉酸は「うつ病治療」に使われ、葉酸の摂取量が多い人は、うつ病になりにくいことが国内研究で分かっています。神経システムを正常にする効果があるんです。

最後に、妊娠中期以降は、お腹を上にする姿勢をやめること。お腹の胎児が母体を圧迫しないように、横向きになって寝ることが、脳貧血の対処法になります。

引用元-妊娠中の脳貧血の症状チェック|原因と対処法はこれだ!

妊娠中の低血圧は時期によって原因が違う

妊娠初期・中期・後期で低血圧の原因が違います。

妊娠初期には、つわりなどにより水分の摂取量が少なくなり、血圧が低下することがあり、めまいや立ちくらみがある起立性低血圧。

妊娠中期から後期にかけては、天井を向いて寝るとお腹の中の赤ちゃんが下大静脈を圧迫して、血液循環が悪くなるため急激な血圧低下を引き起こし、めまい・嘔吐・発汗・呼吸困難などを起こす仰臥位低血圧症候群があります。

胎児の心拍数も急激に低下しますので、もし、上向きに寝て、気が遠くなってゆくような感じがあれば、すぐに左側を下にして横になると楽になります。

また、妊娠中には低血圧だけではなく、お腹の中に赤ちゃんがいることにより、二人分の鉄分が必要となるため、鉄欠乏症の貧血になることもあります。妊娠初期からの鉄分補給が中期・後期への糧となります。

引用元-低血圧の妊婦さんに注意してほしい良い情報|低血圧改善のための効果的レシピ

子供にも多い脳貧血

大人は気分が悪くなっても、倒れてしまうということは稀です。では何故子供に多いのでしょうか。それは、重力でさがった血液がたまるのは足の静脈です。静脈には血液を押し上げる力はほとんどありません。静脈の周囲の筋肉の収縮により、静脈内部の血液を押し上げているのです。
成長期の子供はまだこれら筋肉などの器官の発達が不十分だったり、血管の弾力が足りない子供がいます。このような子供が長時間立ち続けていると、血液循環がうまくいかなくなり、意識を失って倒れてしまうのです。筋肉が十分に発達するにつれてこうしたことも起こりにくくなり、大人になると倒れてしまうことは少なくなります。

引用元-脳貧血|あおウサギ先生の【貧血診療所】

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ