高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年夏の甲子園】準決勝 池田高校vsPL学園|白球の足あと

      2017/04/19

【1983年夏の甲子園】準決勝 池田高校vsPL学園|白球の足あと

1983年 第65回選手権大会準決勝 池田高校vsPL学園

大会もいよいよ準決勝となった。

史上初となる夏春夏の3季連覇へ向けて最大の難関と

言われた中京高校との試合を制した池田高校にエースと

4番が1年生というPL学園が挑戦する。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

峠を越えた池田か

大会もいよいよ準決勝となった。

史上初となる夏春夏の3季連覇へ向けて、最大の難関と言われた中京高校との試合を制した池田高校に、エースと4番が1年生というPL学園が挑戦する。

中京高校というライバルを退けた事で、翌朝の新聞には「池田、大旗見えた」とあった。

広島商業戦で頭部にデッドボールをうけた水野投手は中京高校戦を気力で投げきったが、この日の朝のピッチング練習でキャッチャー井上に球が走らない事を伝えたという。

しかし、たとえ調子の悪い水野でも、地力の高さから簡単に攻略されることは無いと思われた。

勢いのPLか

大会前は池田の話題に隠れてダークホース的な存在であったPL学園。

しかしPL学園の戦いぶりを振り返ってみると1回戦、2回戦と圧勝している。

特に1年生エースの桑田が中津工業戦でホームラン&完封という離れ業をしていたが、大会は池田1色でありさほど話題に上がらなかった。

ところが3回戦で選抜ベスト4の東海大一に完勝し、準々決勝では高知商業の津野投手から大量点を奪うと打撃力は池田高校にひけをとらないという声が聞かれるようになっていた。

だが、今回は中心選手が1年生のPLが池田高校につけ入る隙は無いだろうというのが多くの声であった。

初めての光景

1回の表、池田高校はツーアウトから3番江上がセンター前ヒット、4番水野もセンター前ヒットを放ち、ランナー1、2塁とする。

難しいコースに投げた球を連打されたことでマウンドの桑田は奮えたという。

続く5番吉田もストレートを捉え、桑田の足元を抜いたと思った打球を桑田が上手く捌き、ピッチャーゴロに仕止めた。

打球の早さから足元を抜けたらセンター前ヒットに間違いなくなったであろう。

2回の裏、PL学園はツーアウトランナー1塁から打席には7番小島。

微妙な判定から三振を免れた小島は水野のアウトコースを捉えて右中間へのツーベースヒットを放ち、PL学園が先取点をあげた。

これで試合は面白くなると思ったが、続く8番桑田が高めのストレートをレフトスタンドに文句なしのホームランを放つと球場の雰囲気は一変した。

続く9番住田はバットを短く持ちながらも甘く入ったスライダーをレフトラッキーゾーンへ運んだ。

この連続ホームランに対して「いつも自分のやっている事を相手にやられてしまいました」と実況の植草アナウンサーは叫んでいた。

池田、敗れたり

3回裏には朝山のタイムリー、4回裏には7番小島のホームランにより、加点を続けるPL打線。

序盤で6-0となると明らかに番狂わせムードとなっていく。

ことに公式戦でホームランを打たれた事の無い水野が、7番8番9番の下位打線に1発を打たれた事実は受け入れ難いものだろう。

対して焦りから早打ちとなる山びこ打線は3回、4回とダブルプレーとなる悪循環に陥ってしまう。

何とかしたい池田高校は6回の表、2番金山がセンター前ヒットを放つと3番江上が桑田のカーブを捉えて強烈なセンター前ヒット。

これでノーアウトランナー1、2塁として4番頼れる水野。

ようやく池田らしさが見えかけたが、水野は桑田のカーブにピッチャーゴロのダブルプレーとなる。

この瞬間に池田の3季連覇が無くなったと思ったファンは少なく無いだろう。

増してこの試合、PL守備陣のファインプレーにより、ヒット性の打球がほとんどアウトになったことも大きい。

終盤に入った7回裏、キャッチャー井上のパスボールから7点目を追加すると、池田高校に反撃の力は残っていなかった。

最終回、3番江上、4番水野が倒れると滅多に使わない代打を送った蔦監督。

代打増冨は期待に応えれずにショートフライに倒れて池田の3連覇の夢は消えた。

1年生エース桑田の大活躍により、PL学園が7-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

早稲田実の荒木から池田の水野へ、その水野からPLの桑田へ。

伝説となった世代交代ですね。確かに水野投手はよく見えませんでした。

しかし、PL打線の当たるべからずと言った破壊力は本物でした。

 - スポーツ, 夏の甲子園大会, 高校野球

ページ
上部へ