高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

脳貧血の治療は病院の何科?また脳貧血の改善法とは?

      2015/10/16

脳貧血の治療は病院の何科?また脳貧血の改善法とは?

脳貧血でお悩みの方は多いと思います。

そんな時はまず病院に行くことです。

しっかり治療して脳貧血を改善していきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

脳貧血と貧血の違いとは

脳貧血と貧血とを混同されている方が多いのですが、脳貧血と貧血とは全く違う病気です。まず貧血について説明しましょう。貧血とは血液中の赤血球が少なくなって薄くなった状態を言います。例えば赤血球を作る材料である鉄分の摂取が少ない場合とか、胃潰瘍からの出血で血液が少なくなってしまった場合などに起こります。貧血になっているかどうかは血液検査で分かります。

脳貧血とは脳に必要な血液が一時的に欠乏したときに起こります。しばしば急に血圧が下がったときに起こるのですが、血圧が下がり過ぎると、脳に血液が届かなくなるからです。典型的な脳貧血の症状は、立ちくらみの際に起こります。しゃがんだり座った状態から立ち上がると、フーッとなったり、くらくらとしたりするのが、それです。

普段、立ち上がった際に、血圧が下がらないよう自律神経が血圧をうまく調節してくれています。ところが、その役目をはたす自律神経が弱っていると、立ち上がるという動作に伴って血圧が下がってしまい、すると脳貧血の症状がおこります。これを起立性低血圧と言います。

引用元-症状から分かる心配な病気、よくある病気/脳神経外科 山本クリニック 大阪市住吉区

脳貧血の治療は病院の何科へ行けばいいのか

どこの科に行けばいいですか、に対して意見が割れるのは、その症状を起こす疾患の候補が複数あり、それが異なる診療科に対応するものだからです。
あるいは、ある疾患自体が、診療科の境界にある場合にも同じような事になります。

そのような、境い目の症状に対してどこの診療科が中心となって診療に当たるかは、病院ごとに異なります。
そんなわけで、総合病院の総合受付に行く、というのが正解だと思います。

ところで、心療内科にかかっているなら、その主治医に相談してはいかがでしょうか。
特定機能病院などを受診するつもりなら、原則として紹介状が必要ですからね。

引用元-質問!ITmedia – 脳貧血は何科に行けばよいでしょうか?

脳貧血の原因について

脳貧血は、脳の血流が不足して
起こります。

原因は、以下のようなものがあります。

寝不足
ストレス
疲労
栄養バランスが悪い
朝ご飯を食べない
長時間の立ち姿勢
飲酒

他には急に立ったり起きたりして頭の
位置が動いた時に症状が出やすいです。

急に立つと血液が体の下の方に
行ってしまい、脳に届かなくなるからです。

つまり、下半身に血液が行って脳を
流れる血液量が減るからなのです。

また、『寝不足・ストレス・疲労・
栄養バランスが悪い・朝ご飯を食べない』
理由があり『長時間の立ち姿勢』が重なると
脳貧血が出やすいのです。

以前あなたは学校や会社の朝礼で
長話されて気分が悪くなったことは
ありませんか?

それはだいたい脳貧血の症状が
出たのです。

他の原因としては飲酒でも脳貧血は
起こります。

『飲酒のペースが遅い』『飲酒量が少ない』
という理由でも起こり、お酒に弱い人が
なりやすいのです。

引用元-脳貧血の原因と症状は?失神~転倒~大怪我しない為に! | 気になるニュース配信所

治療を行い脳貧血を改善しよう

脳貧血の症状としては立った時の立ちくらみの他にも立っていたら目の前が急に暗くなって倒れてしまったり、時間が経つにつれて顔色が悪くなったり、冷や汗が出たりといったものがあります。これらが出た場合には貧血ではなく脳貧血である可能性が高いです。この症状が起こる原因としては名称の通りに脳に送られる血液が一時的に阻害されることが原因です。こちらも間違えやすいですが、血液の濃度が薄いわけでもなく、血液が不足しているわけでもありません。ただ単に脳への血液の循環が上手く行っていないことだけが原因です。というのも脳は頭の高いところにあるため、心臓から血液を送るには勢いをつけなければなりません。その際には自律神経がその勢いをつけるため、逆に心臓へと行く際には勢いを調整する役割をしています。そしてこの自律神経がなんらかの原因で正常に働かなくなると発症してしまうということです。なのでこれを治療する方法としてはやはり自律神経を正常化させる必要があるということになります。自律神経が異常を起こす原因としては疲れや睡眠不足、ストレスといった要素が神経のバランスを崩していることになります。なので治療の方法としてはまず睡眠不足があるということでしっかりと睡眠を取るように普段からの睡眠習慣を整えることが大事となります。そしてストレスが原因ということなので、ストレスを上手く解消させる必要があります。そして疲れが原因ということで、その疲れを上手く取っていくようにしましょう。しかしこれら3つは人によっては中々改善をするのが難しい環境にある人もいるでしょう。なので場合によっては自律神経自体を活発化させるための方法を取ります。その方法は自律神経に刺激を与えることであり、熱いお湯と冷たい水、ようするに湯船と冷たいシャワーを交互に浴びると刺激となって自律神経を活発化させることができます。脳貧血に悩まされる方はまずはこのように刺激を与えて活発化させていき、そこから疲れやストレス、睡眠不足を少しずつ改善をしていきましょう。

引用元-脳貧血 | 脳の病気とその治療 | 脳外科・脳神経外科関連ポータル 脳の病気ウェブ

脳貧血の対策や予防法について

脳貧血の対策としては急に頭などを動かさないことが挙げられます。

やばそうなときは一呼吸おいてから動くようにしましょう。

また予防策ですが、
先ほど述べた通り脳貧血は自律神経と大きく関わっています。

なのでその自律神経の乱れをなくすことがそのまま脳貧血の予防策になると言っていいでしょう。

ちなみにこの自律神経の働きは人間が生活していく中でとても重要な役割を果たしており、
その働きが低下することは脳貧血だけでなく冷え性や耳鳴りなど様々な症状の原因となることが多いです。

具体的には規則正しい生活をおくることだと思います。

十分な睡眠をとることであったり朝食をちゃんととることだったりと、
基本的なところから自分の生活を見直していきましょう。

またストレスをためないことも大事です。

この現代社会で正直なところとても難しいことですが、
たまにはショッピングやカラオケなどで息抜きするのもとても大事なことだと思います。

引用元-脳貧血の原因とは?症状や対策など 普通の貧血とどうちがうの?? |

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ