高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

骨盤のゆがみを治す骨盤体操 そのやり方とは?

      2015/10/17

骨盤のゆがみを治す骨盤体操 そのやり方とは?

体のゆがみを取ることが健康につながったり、

体型維持につながるそうです。

ここではそのやり方についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

まずは骨盤のゆがみをチェックしてみよう

人は気付かないうちに骨盤がゆがんでしまっていることがあります。自分の骨盤がどれくらいゆがんでいるか、簡単なチェック方法を紹介します。

目をつむり、片足立ちをして10秒以上、全くぐらつかずに立ってみる。

10秒立っていられなかった人は、骨盤がゆがんでいるでしょう。

イスに腰掛けて脚を組む。これを左右、両方で試す。

どちらか一方が組みにくかったり、きつく感じたりしませんか?無意識のうちに同じ方向に脚を組んでしまうという方は、体が曲がって骨盤がゆがんでいる証拠です。

地面に十字にテープをはる。その上で目をつぶって30回足踏み

終わったら自分が十字からどれくらいずれているか確認しましょう。骨盤が歪んでいる人は、歪んでいる方にずれていきます。

引用元-【骨盤矯正運動】骨盤体操の驚愕のダイエット効果と方法!ベルトは? – ダイエットサイト.BIZ

生活の中の悪習慣を改善して骨盤のゆがみを直そう

美しいプロポーション、すっきりとしたレッグラインを保つには、身体の前後左右のバランスを均等に保ち、全身の筋肉をバランスよく使うことが大切です。

例えば、「猫背」は体の前後のバランスを崩し、バストが下がったり、肩や背中に無駄な肉のつく原因です。血流も悪くなり、冷えや下半身が太りやすくなります。その他にも、下記のような習慣には注意が必要です。

■身体の歪みにつながる悪習慣
いつも同じ肩、手でカバンを持つ
ソファでうたた寝
テレビ見るとき、ごろ寝、脚を組んで座る
横向きで寝る
正座をよくする
ハードな運動をしている
これらに該当する人は、身体のゆがみが原因で下半身がやせにくいのかもしれません。なので、該当する生活習慣をまずは改善してください。日々の悪習慣が続き、筋肉がバランス良く使われないことで、筋肉・骨格の「ゆがみ」へとつながり、ボディラインが崩れたり、下半身太りの原因となるのです。

引用元-下半身太りを解消させる「自力骨盤矯正エクササイズ」のやり方 | コウヅ式体質改善ダイエット – オフィシャルサイト

骨盤体操の正しいやり方とは

骨盤体操とか骨盤のゆがみを取ると脚が細くなると、よく言われているので気になりますよね。

パンツやジーンズをはいても、足は入るけど骨盤が広くてお尻が入らない…
ってとき、もう少しお尻の横幅が狭ければ履けるのになあ。。。とガッカリしてしまいます。

胸はないのに、お尻や下半身だけどっしりボリュームがあるようなら
骨盤体操で上半身と下半身のバランスが整ってくるかもしれません。

骨盤を整えるのは難しいとか、骨盤のゆがみととるのは大変と思うかもしれませんが、
実はちょっとしたコツを抑えればすぐに骨盤の状態は変わってきます。

骨盤は重い上半身を支えたり、歩いたり、運動したりかかる衝動を受け止めて
脳に負担をかけないようにする働きもあります。

内臓も保護していますし、骨盤はがっちりした骨格だと思いますよね。
骨盤が動いたり柔軟さを持っているとは考えにくいかもしれません。

ですが、骨盤もごくわずかですが動くと言われています。
それゆえに悪い姿勢によってゆがみも生じやすくなっているんですね。

骨盤のゆがみを治すために骨盤体操をするわけですが、
そもそも骨盤がゆがむってわかりにくいですよね。

骨盤のゆがみというのは、骨盤の動きに偏りができたり、
本来動くべき可動範囲が変わることで、骨盤の機能に影響を与えることです。

骨盤体操は柔軟性のある骨盤にするために、なるべく手順どおりに行うほうが効果が得られやすいです。

ラジオ体操でも体のそれぞれの箇所に効果的な動きがつながって、一連の体操になっているように、
骨盤体操もある程度、動きの順番も気をつけてみてください。

まずは骨盤体操で骨盤の周りをほぐすことで、動きの硬い骨盤から、
徐々に動きやすい骨盤に矯正していきましょう。

骨盤体操を行う時間帯は、寝る前のからだがリラックスしている時が良いでしょう。
とはいえ、取れる時間は人によって違うと思うので、とれた時間にやってみてください。

体調が悪いのに行ったり、体操をすると痛みが出るようなときはやめましょう。
食事前の30分や食後1時間も体操は控えたほうがいいでしょう。

もちろん、お医者さんから運動の制限をされているような人や
何か治療を受けている人は、骨盤体操は簡単といっても影響があるかもしれませんので、
主治医の先生に相談してから行ってくださいね。

行う順番も、できればいきなりいきなり骨盤に働きかける運動より、
骨盤周辺の緊張をほぐすような動きから始めましょう。

引用元-骨盤体操の正しいやり方|骨盤周りをほぐすと下半身に効果アリ

骨盤体操を実際にやってみる やり方は?

骨盤体操その1

1、軽く足を開いて仰向けに寝る。
2、足の甲を軽く伸ばし、左右の親指をくっつける。
3、そのまま床から20cm~30cm持ち上げる。
4、その状態を5秒。これを5回から10回繰り返し。

■骨盤体操その2

1、うつぶせになり、足首の下に丸めたタオルでクッションをつくる。
2、両足を揃え、両肘を付いて上半身を起こす。
3、そのまま体をひねり、左腰を10cmくらい持ち上げ、1分間キープ。
4、右側も同様に1分間キープ。

■骨盤体操その3

1、足を開いて真っ直ぐ立ち、ゆっくりと大きく腰を回す。
  左回しと右回し、10回ずつです。
2、真っ直ぐの姿勢のまま、さっきよりも少し早めに、
  また左右10回ずつ回す。俯せ、仰向け、立ったまま。

このみっつの組み合わせで骨盤のゆがみは解消され、
下半身すっきり!!美しい姿勢の女性を目指しましょう!

引用元-骨盤体操のやり方いろいろ<産後,不妊,ダイエット>

目的に応じた骨盤体操を そのやり方とは?

・お尻を引き締める
両足を肩幅に開いて立ち、両手は頭の後ろで組みます。
上半身をまっすぐに伸ばしたまま、お尻を突き出すようにしながらゆっくりと腰を下げます。

・太ももの筋肉を鍛える
壁から1メートル程度離れた場所に、両足をそろえて膝をついて座ります。
両手をまっすぐ伸ばして壁につけ、右足を立てます。
両手で壁を強く押しながら、左足をアキレス腱を伸ばすように後ろへ出します。
そのまま太ももに力を入れて10秒くらいこの姿勢を保ちます。
逆側も同様に行って下さい。

・仙骨を鍛える体操
うつ伏せに寝て、両手は前に出し、ひじは約90度に立てます。
足の膝を約90度に曲げて立たせ、左右にゆっくり振ります。
息を吐いて右へ、息を吸いながら真ん中の位置へ、息を吐いて左へ、息を吸いながら真ん中へ、と行い、
これを繰り返します。

・骨盤の歪みを矯正する体操
両足をやや開き気味にしてまっすぐ伸ばして座り、右手は指を広げて後ろについて、
左手は股間の前へ、息を吐きながら右側に身体をひねり、左手を右手の上に重ねるようにして、
息を吸いながら元の位置に戻します。
これは骨盤が左に歪んでいる時の矯正で、右に歪んでいる場合は逆に行います。
ひねりづらい方に骨盤が歪んでいます。

・腰椎の歪みを矯正する体操
足をまっすぐ腰幅に開いて伸ばし、両手で足の指をつかみます。
息を吐きながら左(右)へ身体をひねり、息を吸いながら元の位置に戻します。
腰椎の歪みを取ることで腰痛を抑えることが出来ます。

引用元-カンタン!効果大!産後骨盤矯正体操のやり方

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ