高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1983年春センバツ】1回戦 久留米商業vs宇部商業|白球の足あと

      2017/04/01

【1983年春センバツ】1回戦 久留米商業vs宇部商業|白球の足あと

1983年 第55回選抜大会1回戦 久留米商業vs宇部商業

第1日目の第3試合はこの大会のAクラスに数えられている宇部商業と

右投げ左打ちの4番の山田が中心の久留米商業の対決となった。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

豪腕対決

第1日目の第3試合はこの大会のAクラスに数えられている宇部商業と、右投げ左打ちの4番の山田が中心の久留米商業の対決となった。

宇部商業のAクラスの要因は何と言ってもエース秋村の豪腕につきる。

140キロを越えるストレートを投げ、昨年夏の甲子園のマウンドも経験しているのが秋村の強みであった。

昨年夏の高岡商業戦で好投しながらも、最終回に自らの与四球と暴投により目前で勝利を逃していることから、秋村には捲土重来の思いがあった。

エースで4番という重圧をものともせず、秋の中国大会でも準優勝し堂々の選抜である。

対する久留米商業もエース山田が4番とチームの中心選手であり、ストレートは140キロを越える。

こちらも秋の九州大会で準優勝と、チームカラーと成績の酷似した同士の対戦となった。

予想以上の投手戦

試合開始が午後4時近くであり、開幕試合に比べていささか観衆が少なくなったが、そんな思いと裏腹に両チームのエースが素晴らしい投手戦を見せてくれた。

1回表の久留米商業の攻撃はトップバッターの武田。

秋村の糸を引くようなストレートが観衆を唸らせる。

トップの武田を三振、2番中野をファーストフライに抑えてツーアウト後、3番の矢羽田には四球を与えるも四4番のエース山田を三振に抑える素晴らしい立ち上がりを見せた。

筆者は作夏の高岡商業戦よりも速いと思ったので秋村の成長力に感動した。

初対決で三振に斬られた久留米商業のエース山田であったが、今度はマウンドで見せる。

こちらも噂に違わぬ快速球で宇部商業の1番下野、2番村上、3番中富の3人を3者三振。

秋村がキャッチャーミットに糸を引くような速球を見せれば、山田はキレのある速球を見せる。

互いに140キロを越える速球で観衆を魅了した。

筆者としても、今まで1点を争う投手戦を多数見てきたが、お互いに豪腕というプロ野球顔負けのような投手戦は初めてであったのでかなりの高揚感であった。

しかし、お互いにアキレス腱はあった。秋村は打線の援護があるまで力み、スタミナ切れを起こすきらいが懸念された。

一方の山田は九州大会前に痛めた右足付け根の状態が不安視された。

しかし、両エースの素晴らしい立ち上がりで1点の重みがこの試合にどれだけのし掛かってくるかは誰の目にも明らかであった。

2回表に久留米商業はワンアウト後に深町がセカンドの失策で出塁するも盗塁に失敗。

その後に糸永の内野安打、山口のフォアボールがあった事を考えると深町の盗塁は早まったかと思うが、それはあくまでも結果論であり、それほど秋村からチャンスは作れないといった攻めの表れだろう。

その後の塚本は三振で結局無得点であった。

その裏の宇部商業の攻撃は4番エースの秋村から。

秋村は山田のボールを捉え、レフト前ヒットで出塁。

エース対決にヒットを打たれ力んだか山田はツーアウトから連続でフォアボールを出してツーアウトながら満塁のピンチを迎える。

しかし、ここは9番の今井をファーストゴロに抑え、ピンチを凌いだ。

4回表にこの回の先頭の四番山田が秋村を捉えてライトへツーベースヒット。

続く福島がセンター前に弾き返して先制か?と思ったが、山田が帰れずに3塁ストップ。

しかし大チャンスに違いはなかった。

福島が盗塁を決めてノーアウト2、3塁のチャンスであったが、深町をセカンドフライ、永松を三振、山口をセカンドフライと、外野に飛ばす事を許さないピッチングで秋村は久留米商業の先制を許さなかった。

4回裏に逆に宇部商業はワンアウトから糸永のツーベースヒットを足掛かりにしようも、浜本がショートゴロに、浜口は三振と抑えられる。

このあとは互いに肝心なチャンスも作れず、いや両エースが奪三振ショーを繰り広げてチャンスを作らせなかった。

エース対決

息詰まる投手戦で7回終わって0vs0のまま8回表に入った。

このまま延長もあるかな?と思った矢先、秋村がこの回の先頭矢羽田にデッドボールを与えてしまう。

そして迎えるは4番の山田。8回のエース対決に固唾を飲んで見ていたら、秋村のストレートが山田のベルトより上に入ったので思わずアッと声が出た瞬間に打球はセンターオーバーのタイムリー2塁打となった。

均衡が破れるのはいつも一瞬である。

その後、3盗に失敗した山田は疲れを残したまま、マウンドへ。

8回裏の先頭はトップの下野。下野は見事ジャストミートでライト前ヒットで出塁し、2番村上がバントを決めてワンアウトランナー二塁で打順はクリーンアップというチャンスを演出した。

しかし3番中富は三振、4番秋村も高めの釣り球に誘われて連続三振となった。

この三振の瞬間に山田はガッツポーズ、秋村はバットを叩きつけた。

気づけばナイター試合になっており、見事な両エースのコントラストであった。

試合は9回にも四球のランナーをホームに迎えた久留米商業が1点追加し、だめ押しとした。

秋村は作夏に続く終盤のコントロールの乱れが残念であったが、素晴らしいピッチングであった。

それを上回った山田のピッチングも見事としか言いようがない。

試合は2vs0で久留米商業が勝った。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

とにかく両エースの投げ合いにシビれて目を離せれなかった!

1回戦でどちらかが消えるのが惜しい好カードでした。

私が初めて見た豪腕対決の投手戦でした。

久留米商の山田投手は打撃センスも素晴らしかったですね!

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ