高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

病院から転院させられた その理由とは?

      2015/10/22

病院から転院させられた その理由とは?

病院に長いこと入院していると転院させられることがあります。

これには病院側の理由があるそうです。

もちろん、全てがこれに当てはまるわけではありません。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

祖母が転院することに その理由とは?

理由その1 診療報酬

現在の診療報酬*の仕組みでは、高度急性期機能や急性期機能を担う病棟であっても、入院90日を超えた患者さんには療養病棟と同等の診療報酬体系が適応されるなど、病院が治療のためにどんなに薬を使ったり検査したりしても、その患者さんの診療報酬が下がるということになっています。

*診療報酬
病院などの医療機関が行った医療サービスに対する対価として医療機関が受け取る報酬のことです。

これには、急性期の治療を行う病棟と、回復期や慢性期の治療を行う病棟の機能を明確にする、という理由があります。(ただ、急性期病棟から転院する患者さんを受け入れる、リハビリテーションのための病棟や長期療養のための病棟がまだまだ見つかりにくいという現状もあります。)

理由その2 病棟の機能

病棟の機能には、高度急性期機能、急性期機能、回復期機能、慢性期機能があります。

高度急性期機能・急性期機能の病棟は、急性期の患者さんが、状態の早期安定化に向けて医療を受けられる病棟です。
回復期機能の病棟は、急性期を経過した患者さんが在宅復帰に向けて医療やリハビリテーションを受けることができる病棟です。
慢性期機能の病棟は、長期にわたり療養が必要な患者さんが入院できる病棟です。

今回のおばあちゃんは、足を骨折し急性期機能の病棟で治療を受けていました。
しかし、おばあちゃんは高齢でまだ歩行が安定していないため、そのまま自宅へ帰るよりも、もっと手厚いリハビリテーションを受けておばあちゃんやご家族の方が安心して自宅で生活できるように転院を勧めたのです。
転院先はおばあちゃんと家族、主治医、受け持ち看護師、MSW(医療ソーシャルワーカー)と相談して決めました。

引用元-看護ネット|第5話 転院編

病院で転院に追い立てられる理由について

看護職員の配置が手厚い病棟(看護ランクの高い病棟)ほど、診療報酬上の「平均在院日数」のシバリが厳しく、もしも患者全体の平均在院日数がそのランクの上限を超えてしまうと、低い点数の入院基本料しか取れなくなるからです。

実は、入院患者を追い立てる診療点数上の仕組みは、もう一つあります。

個々の患者の1日あたりの入院基本料も、入院期間が長くなるほど、階段のように下がっていくのです。これは「入院基本料の逓減制ていげんせい」と呼ばれます。

階段のように点数が下がる

今年度の診療点数表をもとに、具体的に説明しましょう。

一般病棟で、看護ランクが10対1(入院患者10人につき看護職員1人)の場合、平均在院日数のシバリは21日以内。入院基本料のベースは、1332点です(1点は10円)。

それに、入院期間に応じた加算があり、合計点数は次のようになります。

入院期間 加算 合計
初日~14日目 450点 1782点
15~30日目 192点 1524点
31日目以降 なし 1332点

入院してまもない時期の患者に比べ、31日目以降の患者は、病院にとって、1日あたりの収入が4500円も少なくなります。

そのことと、平均在院日数のシバリの二つの理由から、病院は、入院期間の長くなった患者を早く出そうとするわけです。

看護ランクの低い病院だと、平均在院日数のシバリはもう少しゆるく、一般病棟の場合、13対1のランクなら24日以内、15対1のランクなら60日以内ですが、入院基本料の逓減制は同じようにあります。

背景には、(1)医療費のかさむ入院の期間をできるだけ短くしたい(2)急性期向けかそうでないのか、病院ごとに機能(役割)を分けたい――という政策目的があります。そうなるように、厚生労働省が診療点数を決めているのです。

つまり、患者が追い立てられるのは、病院がいじわるしているのではなく、経営上の理由です。病院としては、ずっと面倒をみたくても背に腹は代えられないし、次の患者のためにベッドも空けないといけない、というわけです。

引用元-医療のかかり方(19)入院患者はなぜ追い立てられるのか : 原記者の「医療・福祉のツボ」 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

転院したいと思ったら担当医以外の意見を聞く その理由とは?

転院を決断する前に、それまでかかっていた担当医以外の医師の意見を聞いてみることは、とても大切なことです。
担当医以外の医師から意見を聞くには、セカンドオピニオンの仕組みを利用するとよいでしょう。
セカンドオピニオンは、直訳すると『第二の意見』という意味です。この仕組みを使うと、病院を変えないで、担当医以外の医師から病気の状況や治療法に関する意見を聞くことができます。
セカンドオピニオンを受けるためには、担当医に「セカンドオピニオンを受けたい」ということをはっきり伝えます。すると、担当医が紹介状(診療情報提供書)を作成し、レントゲン写真などの検査データを貸してくれるので、それを持って紹介先の医師を受診します。通常、セカンドオピニオンの窓口は予約制となっています。
“言い出しにくいから内緒で”と思われるかもしれませんが、担当医からの情報がなければ、検査を一からやりなおす必要がありますし、これまでの治療経過もまったく分からなくなります。
担当医に話しにくいとおっしゃる方は多いのですが、たとえば、「治療を決める前に、できるだけたくさんの情報を集めて、自分で納得して治療を受けたいので、○○病院でセカンドオピニオンを受けてきたいと考えています。必要な書類をお願いできますか。」という風に、自分の気持ちを率直に伝えることが大切です。
また、ぜひ心にとめて頂きたいのですが、セカンドオピニオンはあくまで現状の見立てと将来の治療にかかわる相談をする場であって、現在の担当医の実力や過去の治療について判断する場ではありません。
セカンドオピニオンを受けたら、そこで聞いた話や情報を、後日、担当医に報告しましょう。
担当医以外の医師の意見を聞いた結果、あなたが心から納得して転院を決断できたのであれば、その時に改めて担当医に転院を申し出てみるのがよいでしょう。

引用元-初めにかかっていた病院から転院することに悩んだが、医師の言葉で決断できた。

うつ病患者が転院を考える理由

医師に

「今の状態を教えてほしい」
「このままでいいのだろうか」

と疑問に思ったことを正直に言っただけで

「私のことを信用していないのか」
「だから治らないんだ」

と逆に怒られた場合。

上記の例は実際にあります。

もちろん、良い医師に当たって治った方もいる
一方で、上記の医師に当たり、
余計にこじらせたケースは後を絶ちません。

こういった医師に対して、
「大丈夫か?」と身構えてしまったり、
不信感を抱いてしまうのは当然だと思います。

私はカウンセラーですが、
クライエントの話を聴いて
おかしいと思った場合は、
転院について話し合うこともあります。

行けばいくほど症状が悪化するなら、
病院を変えた方が良いと伝えることもあります。

ただ、転院する場合は
本当に慎重に進めた方が良いです。

医師は
なぜこの人は転院したのだろうか?」
「まさか前の病院で問題を起こしたのでは?」
とまずは考えます。

そのため、なぜ自分が転院しようと
決意したのかをしっかりと
意識しておくことが大切です。

また、転院の前に
セカンドオピニオンをすることを勧めます。

引用元-うつ病の人が転院を考えるとき(こんな医師は転院した方が良い): うつ病がなかなか治らない方へ―医師も知らないうつ病の治し方

病院のセカンドオピニオンをすすめる理由とは

セカンドオピニオンのメリット

  1. 日本での未承認薬、承認薬の範疇に囚われず、また臨床試験も含めて大きな選択肢の中から最適な治療法を提供してもらえます。
  2. 大きな選択肢があると理解できることで、今後の治療に関する安心感が湧いてきます。
  3. セカンドオピニオンを取得後、日本に帰国してからも、こちらの医師はずっと患者さんの主治医になり、日本の主治医と共に患者さんの治療について考えてくれます。
  4. 日本での未承認薬もアメリカではすでに承認されている薬がたくさんあります。すなわちそれだけ使用経験が高く、日本の主治医はアメリカの主治医から論文などからだけではわからない情報を引き出す術になります。
  5. 引用元-セカンドオピニオン 取得の理由 | メディエゾン – Mediaison

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ