高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 都城高校vs和歌山工業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 都城高校vs和歌山工業|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 都城高校vs和歌山工業

今大会はサウスポーに好投手が目白押し。

どのピッチャーが左腕ナンバー1なのだろうか?

まずは秋の九州チャンピオンとなった都城高校の田口投手が名乗りを

あげる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

九州チャンピオン登場

今大会はサウスポーに好投手が目白押し。

どのピッチャーが左腕ナンバー1なのだろうか?

まずは秋の九州チャンピオンとなった都城高校の田口投手が名乗りをあげる。

今年の都城高校は川野監督にして理想のチーム作りが出来た。

まず第1の理想は打線に切れ目の無い打撃力であった。

練習の8割を打撃練習にあててきた結果、秋の成績では1度も完封敗けが無いほど得点力が上がった。

特にトップの安藤から5番の田口まで続く3割打線は九州大会でも打ちまくった。

中でも4番の矢野がチームトップの3割8分9厘、4ホーマーと勝負強さを見せ、27試合で29打点と頼もしい主砲として君臨している。

この矢野を中心とした得点力にエース田口の安定感が加わるのだから、まさに鬼に金棒。

21試合に登坂して16試合を完投し、7完封。

レベルの高い九州大会で防御率1.79とは恐れ入る。

和歌山最強を倒した和工

和歌山県内において実力、実績ともにダントツで優れているのは名門箕島高校。

今年度も尾藤監督のもと素晴らしい戦力を誇った。

嶋田、杉本の超高校級のダブルエースに伝統の小技を駆使したバランスの良いチームであった。

しかし虎視眈々と打倒箕島に燃えていた1校である和歌山工業がその箕島高校を8-5で撃破すると勢力図は崩壊、一気に和歌山県内は戦国時代と化した。

そして秋の和歌山県大会を制したのはやはりその和歌山工業であった。

その原動力となったのは新2年生エース森岡の左腕がまず1番にあげられるだろう。

168センチと小柄ながら小気味良いリズムで丹念に低めをつくピッチングは真骨頂、そんな森岡のペースがハマればまず打たれない。

非常にコントロールがよく、打線の援護を待てる安定感もある。

九州の左腕とどこまで投げ合えるだろうか楽しみである。

打線に目を向けてみると、トップバッター松山が一際目立つ。

34試合で68安打というヒット製造機ぶりで稼いだ打率は4割8分6厘というアベレージ。

これを4割3分5厘、4ホーマーと当たった4番の岩橋に繋げば、和歌山工業の得点シーンが目に浮かんでくる。

サウスポー対決

エース田口が九州1の大型左腕と評判なだけに、やはり都城高校が有利との予想で始まった試合であるが、1回の表の都城打線を和歌山工業の森岡は簡単に三者凡退に斬った。

その裏、和歌山工業の攻撃を田口も三者凡退に抑えた。

両左腕が素晴らしい立ち上がりを見せて投手戦も考えられた矢先に試合は思わぬ形で動く。

2回の表、ワンアウトから5番田口のセカンドゴロがエラーとなり、都城は初めてのランナーを出す。

このエラーに動揺したか森岡投手は制球が甘くなり、6番黒島にレフト前ヒットを打たれると7番林田にレフト線を破るタイムリーツーベースヒットを浴びて、都城に先制の2点を許した。

田口投手に完璧に抑えられ、ノーヒットの和歌山工業は4回裏、フォアボールのランナーを2塁において7番中林がエラーを帳消しにするタイムリーヒットを放って1点を返した。

このあと、両左腕が好投し、試合は終盤に入る。

延長、決着

予想を越える森岡の好投に応えたい和歌山工業は7回裏、先頭の6番上田が右中間を破るスリーベースヒットを放つ。

ワンアウト後、この同点のチャンスに8番森岡がスクイズを決行するが、ダブルプレーの失敗に終わり、同点を逃した。

最終回、和歌山工業はツーアウトランナー2塁からまたしても中林がタイムリーヒットを放ち、ついに和歌山工業は同点に追い付いた。

しかし延長10回の表、都城高校はツーアウトから森岡がデッドボールで出した安藤をおいて2番田中がタイムリースリーベースを放って勝ち越すと、動揺した和歌山工業守備陣は3番山元の打球をエラーし、痛い2点目を献上してしまった。

その裏、力尽きた和歌山工業を田口投手がピシャリと抑え、4-2で都城高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

優勝候補ナンバー1のPL学園を倒す可能性を秘めていると言われた1校に、都城高校の声もありました。

かなりの力強さを感じましたが、その打線を5安打に抑えた和歌山工業の森岡投手、1回戦で去るには淋しいくらいでしたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ