高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

病院を転院 紹介状なしでも大丈夫? 診察情報提供書って?

      2015/10/23

病院を転院 紹介状なしでも大丈夫? 診察情報提供書って?

紹介状を見かけるタイミングとしては病院を転院する

時が主だと思います。

紹介状は思っている以上に大きな役割を果たしている

のです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

病院で発行される紹介状とは診察情報提供書のこと

一般には紹介状と呼ばれるが、内容はあいさつではなく、症状・診断・治療など現在までの診療の総括と紹介の目的などである。他の医療機関との有機的連携や保健福祉関係機関との診療情報の相互提供を行うことで、医療の継続性を確保し医療資源・社会資源の有効利用を図るために利用される。紹介する際にこれまでの診療内容がなければ、新しい施設で改めて検査や診断が必要になり効率的ではないためとされる。
特定機能病院を受診する際、初診患者が紹介状を持っていないと特定療養費を請求されることがある。これは紹介外来制といい、地域医療から高度医療まで医療機関ごとに役割を分担すべきとの考え方に基づく。初診患者は基本的に地域の診療所で診療し、高度な医療行為を必要とする患者は大病院へ転送するという枠組みである。
紹介状は、患者の依頼によって作成される場合と、医師が他の病院の方が適切と考えて作成する場合がある。どちらの場合にも紹介状を発行する場合には診療情報提供料という費用がかかる。診療情報提供料は診察費などに加えて診療費として請求される。
診断書の発行は療養の給付とは考えられていないが、診療情報提供書の交付は、療養の給付対象(診療情報提供料Ⅰ(250点/レントゲンフィルム、血液検査結果などが添付してあった場合はさらに200点加算)であり、公的医療保険が適用される。

引用元-診療情報提供書 – Wikipedia

大病院の受診で紹介状を必要とする理由

大病院が初診時に紹介状を持ってこさせようとする理由はいろいろあります。 その一つとしてまず挙げられるのが、大きな病院に来る専門的な治療や検査が必要でない患者さんが多すぎる現状が挙げられます。

とりあえず大きな病院ならば安心だからという考えで、なんでもかんでも総合病院や大学病院にかかる人が多いのはいまだに問題となっています。

本当に専門的な治療を必要とする患者さんのために、医療資源を確保しておかなくてはならず、適切な医療を適切な患者さんに配分するためのシステムが必要とされてきました。

そこで、かかりつけ医やクリニックのレベルで専門的診療の必要性を選別するというのが、初診時に紹介状を義務づけることの目的の一つです。

引用元-紹介状をもらうだけの受診は可能?大病院初診時の紹介状の意味

紹介状なしで転院すると料金が高額になるのはなぜ?

大学病院や高度医療を専門としている病院には、検査機械も数多くあり設備も整っています。

そこで働く医師も高度な治療に専念していて、同じように症状が重い患者さんほどより専門的な治療を必要としています。

最近では、風邪などの軽い症状や重篤な病気でない場合でも、設備が整っている大きな病院での受診を希望する患者さんが増えてきています。

初診の患者さんへの対応が多くなるあまり、本当に専門的な治療を必要としている患者さんにまで回らなくなってしまうことが大きな問題となっています。

かかりつけの病院を見つける

あくまで大学病院をかかりつけとしていない場合ですが、このような事態を少しでも少なくするためにも、まずは近くの医院やクリニック等で受診されるのが望ましいとされます。

風邪が必ずしも軽い症状とは言い切れませんが、個人病院でも十分必要な処置が受けられます。そして必要であれば紹介状を書いてもらい別の病院で受診するといった場合もあります。

診療所やクリニックによっては、決まった曜日に大きな病院から医師が派遣されて来ている場合もあるので、その日に合わせて受診するというのも一つの選択ですね。

特定療養費とは「高額な料金を支払ってでもここでの受診を希望します。」といった患者さんのための制度とも言えますね。

最近はテレビで医師不足など医療の現場を取り上げるニュースも多くなってきました。

設備が整っている大きな病院で診察してもらいたいと思ってしまうのが患者さんの本心ですが、地域でのかかりつけ病院を見つけたりするなど、受診への意識を少しでも考えないといけないと思います。

引用元-病院から病院への転院~紹介状の有無で金額も異なる~ | 教えてカードローン

妊婦検診の転院時に紹介状があるかないかで費用は変わる

紹介状があるのであれば
新しい病院でも初診料はかかりません。

ただ、その紹介状をもらうのに料金がかかります。

こちらは病院によって変わりますが、
2000~3000円程度のところが多いでしょう。

また、紹介状がない所は新しい病院でも初診料がかかります。

病院によって初診料は違いますので、
確実な金額を知りたい場合は問い合わせてみるのがいいです。

大体の金額として、個人病院で3000円程度、
大きな総合病院で5000円程度です。

これを見ていると紹介状をもっているのといないのとであれば
そこまで金額面だけでみるとそこまで大差がありませんね・・・笑|д゚)

引用元-妊婦検診の転院!紹介状のもらい方は?費用は? | ANOTHER WEDDING

スムーズな診察のためにまずはクリニックへ 結果次第で紹介状先の総合病院へ

ある日、病気になったとき、いきなり「大学病院」や「国立病院」へ駆け込むのは得策でありません。「総合病院」にかかるには基本的に医師の書く「紹介状」が必要だからです。
紹介状があると、医師間できちんと情報共有されますし、患者も重複して検査を受ける手間が省けます。また大規模な病院には一日何千人もの患者が来院しますから、本当に重篤な患者の診療をスムーズに行うためにも、なるべく紹介状を持参したほうがいいでしょう。
こうした事情からも体調に異変を感じたら、まずかかりつけの「クリニック」を受診すること。そこで医師の診断を受け、結果に応じて適切な「総合病院」を紹介してもらいます。たいていの「クリニック」では提携している病院か患者が希望する病院宛てに紹介状を書いてくれます(診療情報提供料がかかる)。
入院や手術を終えた後は定期チェックを「総合病院」が、日常のケアを「クリニック」が行います。また救命救急センターに運び込まれたケースなどでかかりつけの「クリニック」を持たない患者には、「総合病院」から居住地域の「クリニック」を紹介したり、長期入院が必要な患者の転院先として「地域連携型病院」を紹介したりする場合があり、医療の世界ではこれを「逆紹介」と呼んでいます。

引用元-使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」の特集 | ドクターズ・ファイル

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ