高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 愛工大名電高校vs丸亀商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 愛工大名電高校vs丸亀商業|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 愛工大名電高校vs丸亀商業

2年前の夏の甲子園大会ではベスト4という輝かしい成績も、昨年夏の

県予選ではまさかの1回戦敗退。

ドン底を味わったチームが半年後、東海チャンピオンとして甲子園に

帰ってきた。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

東海王者登場

2年前の夏の甲子園大会ではベスト4という輝かしい成績も、昨年夏の県予選ではまさかの1回戦敗退。

ドン底を味わったチームが半年後、東海チャンピオンとして甲子園に帰ってきた。

名古屋電気工業から愛工大名電高校に改名した矢先の1回戦敗けは、名門高校にとって屈辱以外のなにものでは無かっただろう。

しかしその直後からチームを立て直して15連勝した。

その原動力となったのはまず第1に勝負強い打撃陣である。

負けん気の強いメンバーが揃った打線は決してあきらめない。

東邦高校との決戦では0-4と敗色濃厚の中で、4番横井、6番杉山のホームランで追い付いた。

その勢いのまま東海大会を制し、秋の成績は26試合で25勝という驚異的な好成績を残した。

打たれたら打って取り返す粘りの打線に加え、エース千葉の粘りの投球も見逃せない。

一見、打撃中心のチームに見られがちであるが、千葉投手の防御率は1.60であり完封試合も6個ある。

そういったことから非常にバランスの良いチームと期待されている。

チーム打率ナンバー1

強豪ひしめく激戦区である四国大会において準優勝という素晴らしい成績を残し、文句無い選抜出場を果たした丸亀商業は今大会チーム打率ナンバー1の高校である。

その打率は驚異的な3割9分9厘。

四国の打撃の話題となれば、必ず山びこ打線の池田高校の名前が上がるが、今年度の丸亀商業はその池田高校を四国大会準決勝において壮絶な打撃戦を展開し、13-12で降している。

また、決勝では四国チャンピオンとなった明徳高校に敗れたものの、あの山本賢投手から4点を奪っている。

先発メンバーのうち5人が打率4割を越え、クリーンアップの3人だけで16ホーマーと破壊力は申し分無い。

新チーム結成以来、練習試合含めて4敗しているが、完封敗けは1度もないくらいである。

練習試合にも左右されるため、各チームで秋の試合数は異なるが、ヒットを100本打っているのは3番の5割バッター大川ただ一人だけである。

そして次には8ホーマーの4番長谷川が控えている打線なのだから、相手投手も立ち向かうには骨を折るだろう。

序盤から猛攻

1回の表、愛工大名電高校はワンアウトから2番安達がセンターを破るスリーベースヒットで出塁すると、続く3番中村の犠牲フライで早くも先取点をあげた。

これで波に乗った愛工大名電は2回の表、5番加藤、6番杉山が連続ヒットで出塁。

動揺したか丸亀商業エース河本は7番杉浦にフォアボールを与え、愛工大名電はノーアウト満塁のチャンスとなる。

ここで8番長坂がレフトへ犠牲フライを放ちまず1点追加すると2番安達、3番中村の連続タイムリーヒット等でこの回一気に5点を追加し早くも6-0とした。

しかし打力自慢の丸亀商業が黙っているはずが無い。

2回の裏、5番田岡のヒットから6番藤原、7番遠山がフォアボールを選んでノーアウト満塁。

続く8番浮田がライトへ2点タイムリーヒットを放って反撃の狼煙をあげると、ツーアウトから3番大川にもタイムリーヒットが飛び出して一気に4点を返した。

膠着から決着

序盤で6-4と打ち合いになったが、両エースが踏ん張り、3回以降ゼロ行進が続いた。

そんな中で先に動いたのは愛工大名電高校。

7回表、ワンアウトランナー1、3塁から3番中村のタイムリーツーベースヒットで2点を追加した。

これで丸亀商業エース河本はマウンドを降りたが、2番手宮内がそのランナー中村を牽制で刺すなど後続をしっかり抑えた。

しかし、諦めるわけに行かない丸亀商業は8回、ランナーを1人おいて6番藤原が左中間にタイムリーツーベースを放って1点を返した。

しかし反撃もここまで。最終回はあっさり終わり、試合は8-5で愛工大名電高校が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

序盤から打ち合いになり、試合はどうなるかと思いましたね。

両方のエースが豪腕タイプでは無いので、凄い得点ゲームになるかと思いきや、互いに要所をしめていました。

丸亀商業は序盤のミスが響きましたが、打力の片鱗は見せてくれましたね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ