高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

病院からの転院には民間救急車やサポートキャブを利用しよう

      2015/10/25

病院からの転院には民間救急車やサポートキャブを利用しよう

救急車の台数が不足する問題が浮上した時に

新しく出てきたのが民間救急車やサポートキャブです。

もちろん乗務員は条件をクリアした方が乗っているので

安心して利用しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

高機能救急車を民間病院で 転院にも使用

この救急車の一番の特徴は、防振ストレッチャー。これまでは患者を乗せたストレッチャーをじかに救急車に運びこんでいましたが、防振台の上にストレッ チャーを置くことで、段差や発進・停止などでの振動が吸収され、患者の体への負担を減らすことが出来ます。また段差などの多い道路でも敏速な運転が可能に なったことで、搬送時間の短縮も期待できます。

さらに、心電図モニター、人工呼吸器、自動体外式除細動器(AED)などを常設。これにより、脳内出血の方や自発呼吸が困難な方など重症の患者も、病院独自で搬送できるようになりました。

これまでは、重症患者の転院では、狭山市消防本部の救急車に応援を依頼していました。しかし狭山市が保有する救急車は5台で、すべてが出動することもあります。今後は、消防局の救急車に空きを確保することで、結果として、地域の救急患者への迅速な対応へとつながります。

転院患者の安全・安心の向上と、地域の緊急患者への迅速な対応。この2つを可能にする高機能救急車を導入したことで、より質の高い医療サービスを今後も目指します。

引用元-社会医療法人財団 石心会 埼玉石心会病院 » Blog Archive » 最新機能の救急車を導入、安全・安心の搬送を!

転院では救急車ではなく介護タクシーが主流

運転手さんは気さくな方で、道中色々な話をして下さいました。
しかし私が「4年前の転院では、民間救急車に乗った」と言うと
「それは、変ですねぇ」と。
例えば酸素吸入だとか、点滴だとか、そういう特別な処置をしていない
患者さんが、わざわざ救急車を使うのは変ね、と言うのです。
「介護タクシーで対応できる範囲ですよ」と。

救急車の手配は病院の先生に勧められた話をすると
「うーん。病院の先生って、治療や病気のことは詳しいけれど
転院とか、そう言う、病院外の事に関しては、意外と
疎いんじゃないかしら」とも。
そうかな。だけど思い当たる節は、今回もありました。
担当医のI先生は「病院の救急車を出して転院させます」と言っていたし。
『病院だから先生の言い分は絶対正しい』と思って、鵜呑みにするのは
ちょっと違う場合があるかもしれない、と考えさせられる出来事でした。

ちなみに同じような距離で、民間救急車は3万円以上かかりましたが
介護タクシーは8800円ほど。
心付けを渡しても、一万円ちょっとです。比べると、うんと安い。
(タクシー会社によって、料金やサービスは若干異なりますが
私が今回調べた範囲では、どこもそんなに大差はなかったです)
早くから、この存在を知っていればと、正直悔やまれたけど
これもまた勉強かもしれません。

引用元-第51話「転院。介護タクシーを利用する」:おやおや介護絵日記:So-netブログ

転院の際に使用される民間救急車と消防救急の違いとは

<消防救急と民間救急との違い>
緊急性の少ない患者を安全・安心に速やかに目的地へお連れするのが民間救急ですので、消防救急とは異なる有料サービスとなります。

1.緊急事態に対応するものではないため緊急走行は出来ない
民間救急の車両は車赤色灯やサイレンは搭載していません。信号や法定速度を遵守します。
患者の様態に留意して、快適な走行を心がけています。

2.搬送中に医療法に触れる行為を民間救急の乗務員が行うことは出来ない
民間救急の乗務員が、救命士や看護師であっても、現行法の元では医療行為は出来ません。
但し、搬送に同乗する搬送元病院の医師・看護師は、医療行為可能です。従って、民間救急で患者搬送を
行う場合、予め搬送中に医療行為が予定される場合は、搬送 元病院の医師または看護師の同乗が必要になります。

引用元-民間の救急車は、赤色灯・サイレンが無く、緊急走行も出来ないと聞いたので… – Yahoo!知恵袋

民間救急車の乗務員と車内設備は?

通常の搬送では、1台につき乗務員2人以上とすることが義務付けられています。乗務員は以下のいずれかに該当する人です。 (「東京消防庁民間患者等搬送事業に対する指導及び認定に関する要綱」より抜粋 [※1] )
満18歳以上の者で、患者等搬送業務員基礎講習を終了し、適任証の交付を受けた者
満18歳以上の者で、医師、看護師、准看護師、保健師、助産師、医学士、看護学士等、前(1)に掲げる者と同等以上の知識及び技術を有する者として救急部長(以下「部長」という。)が認め(特例適任)、適任証を交付した者
搬送用の自動車については次のような規定があります。 (「東京消防庁民間患者等搬送事業に対する指導及び認定に関する要綱」より抜粋 [※1] )
サイレン及び赤色灯の装備をしないものであること。
十分な緩衝装置を有するものであること。
患者等を収容する部分は、ストレッチャー又は車椅子を1台以上収容できる容積を有するものであること。
換気及び冷暖房の装置を有するものであること。
ストレッチャー、車椅子等を、車体に確実に固定できる構造であること。
ストレッチャーは、患者等固定用ベルトを有するものであること。
携帯電話等、緊急連絡に必要な機器を有するものであること。
以上は最低限の規定で、実際にはこれらの設備以外に、酸素ボンベや人工呼吸器などの応急手当用器具を備え付けています。

引用元-民間救急 -新しい医療体制 (1)-

病院へ 救急車の代わりにタクシーを

救急車の出動件数の増大と救急車の車両不足を解消するために、「サポートキャブ」を東京消防庁が導入した。

救急車の出動件数の増大の原因の中に軽症者や通院など緊急性の低い目的で救急車を利用する人が目立つという。

東京消防庁は、2000台規模のタクシーを保有し、運転手の3割以上が心臓マッサージなどの応急手当て講習を受けた「救命技能認定者」などの条件を満たしたタクシー会社と提携する。

東京民間救急コールセンターで、受診できる病院を確認して紹介し、タクシー会社に配車を手配する。

料金は通常のタクシーと同じ。当面は約1000人が講習を終えている国際自動車株式会社の提携でスタートした。順次拡大する方針だ。

過当競争の激しいタクシー業界の新しい役割とニーズが出てくるのではないか!

引用元-救急車の代わりにタクシーを!=「サポート・キャブ」導入-東京消防庁: SHOYO_ASAIの未来を拓く自己コーチング

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ