高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

埼玉で子供が喜ぶ遊び場は?

      2015/10/25

埼玉で子供が喜ぶ遊び場は?

子供が喜ぶ遊び場をご紹介します。

自然や動物に触れることで子供の心を育てましょう。

好奇心をくすぐる場所ばかりです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

わんぱくな子供が遊べる公園

埼玉県比企郡滑川町にある、国営武蔵丘陵森林公園。公園の西口から歩いて2分の「わんぱく広場」が子ども達に大人気です。
「わんぱく広場」にあるアスレチックの「冒険コース」は、対象が小学生高学年以上です。1時間で1周できるように、24種の遊具が自然の地形を活かして配置されています。
小学生以下の小さな子どもには、「むさしキッズドーム」がおすすめです。大きなドームを中心に、小さな子どもが楽しめるよう、アスレチック要素がいっぱい。
ドーム内は、大きな滑り台やボールプールがあり、雨がふっても思いっきり遊べるのが嬉しいですね。

引用元-子どもが思いっきり外遊び!アスレチックがおすすめな埼玉の公園4選|子育てマガジン[コズレ]

みさと公園の魅力は、まるで海賊船のようなアスレチックを中心に、巨大な木製のフィールドアスレチックコースが展開されているところです。
他の公園ではまず見たこともないくらいの大規模なアスレチックや遊具が、何種類もあり子ども心を刺激します。
長い巨大なローラー滑り台は、直線とカーブするタイプと2種類。未就学児の小さな子どもには、こどもの砦がおすすめです。
小さなアスレチック遊具の他、チューブスライダーをはじめ様々なタイプの滑り台がいくつもあり、一日中楽しめますよ。

引用元-子どもが思いっきり外遊び!アスレチックがおすすめな埼玉の公園4選|子育てマガジン[コズレ]

埼玉の陸上自衛隊広報センターで子供と一緒に楽しもう

外が雨だったせいか、あまりこんでなくてすべてのアトラクションが体験できた。一番人気とされたヘリコプターのシミュレーションに向かう。身長110センチ以下は体験できないので幼稚園児の娘はできない。そして130センチ以下の子供は大人と一緒に乗らなければならない。この厳しいおきてのおかげで幼稚園児の娘を置き去りにして小学生の息子と二人で乗らねばならなくなった。かなりの長時間をかけて娘を説得し、息子と二人で乗ってみた。・・・・がいすに座って映像を見ながら若干ぐらぐらする程度で、この厳密さはなんだったのかと思うほど・・・・・。ちょっと期待はずれである。もうちょっとリアルにしてほしい気もする。

そして子供たちにいちばん受けたのは射撃シミュレーション。戦車やヘリになって敵を撃破し、その成績がプリントアウトされるもの。これはかなり楽しかったらしく、しばらくすると成績の印字された感熱ロール紙がたくさんたまった。しかし冷静に考えたら最近の家庭ゲーム機のほうが性能がよいし、リアルである。ゲームメーカーに頼んで戦車のデザインをちょっと変えてもらったほうが安上がりな気がした。

その他、宣伝色満載の3Dシアター。こっちはただのパナソニック製テレビだったので迫力的にはちょっとがっかり、しかし砲弾を撃つたびに床や空気が揺れて音的には迫力だった。なんだかんだ言って2回も見てしまった。

引用元-りっくんランド(陸上自衛隊広報センター):恐るべき児童公園:So-netブログ

埼玉の鉄道博物館で子供と様々な体験を

鉄道博物館は、子供たちが実際にものに触れて学習することを目的とした教育博物館としての性格も持ち合わせており、館内にはたくさんの体験コーナーがあります。

運行システムの体験や、運転シュミレーターなど豊富な体験コーナー

ミニ運転列車では、E223系やE531系など実在する車両を模した3人乗りのミニ車両で約300mの軌道を約6分間運転できます。実際に体験することで運行システムの知識を学ぶことができます。
運転シミュレータでは、蒸気機関車D51、205系山手線、209系京浜東北線などの運転体験ができます。こちらはミニ運転列車とは少し違い、実際に走行する車両から見える景色を映像で楽しむことができます。
蒸気機関車のシミュレータでは、蒸気を作り蒸気圧を調整する走行方法をシミュレートすることで、電車との違いを知ることができます。

運転士体験や車両デザインなどにも挑戦できる!

ほかにも、運転士体験教室があり、ディスプレイ付き簡易運転台で教室講師の話を聞きながら運転体験ができます。わからないことがあれば講師が教えてくれるので、いい勉強の場になるはずです。運転に関するコーナー以外にも、パソコンを使ってオリジナルの車両デザインができるデザインラボがありますので、クリエイティブなことに興味のある方は1度体験してみるといいかもしれません。中には、年齢制限があるもの、それぞれ料金がかかるもの、整理券が必要なものもありますのでご注意を。

引用元-埼玉「鉄道博物館」で憧れの車両運転を体験しよう!

イベントがたくさんある子供も飽きない大宮公園小動物園

イベントが盛りだくさんの無料動物園です。ツキノワグマが、ガラスに塗られたはちみつをペロペロと舐めるところが見れる「ツキノワグマのペロペロタイム」や「ブチハイエナのガリガリタイム」「フサオマキザルのおやつタイム」など動物を身近に感じることができるイベントがたくさんあり、子供たちも飽きることがありません。ぜひ、イベントお時間を合わせて楽しんでみてください。その他、超レトロ~なミニ遊園地もあり、色んな遊びが楽しめます。

引用元-【埼玉ママ必見】十分楽しめる!無料で遊べるスポットまとめ | てにをは ~旅行・観光・デート・ドライブスポット情報が満載!~

埼玉県こども動物自然公園で遊ぶ

入園料は大人(高校生以上)510円 、小人(小・中学生)210円、未就学児無料と国立公園と同等料金で、とても良心的です。
(車は別途駐車場代が600円、近隣なら500円がかかります)

園内には、水遊びができる『ジャブジャブ池』、室内で遊べる『子供の城』、小動物と触れ合える『ふれあいコーナー』、『牛の乳搾り体験』の他、ペンギン、キリン、カンガルー、コアラなど、本格的な動物園としても見応えのある動物たちを見る事ができます。

引用元-小さい子供でも楽しめる埼玉県の「こども動物自然公園」は水遊びもできて春夏におすすめ

twitterの反応

 - アウトドア, 生活ハウツー

ページ
上部へ