高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 高島高校vs佐賀商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 高島高校vs佐賀商業|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 高島高校vs佐賀商業

方や初出場であり、方や2回目の出場。

フレッシュ溢れる新鋭高校にとって、歴史を作っていく最初の礎と

なるのは何であろうか?

1戦1戦が名門高校への足跡になる。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

10連敗中の滋賀代表

方や初出場であり、方や2回目の出場。

フレッシュ溢れる新鋭高校にとって、歴史を作っていく最初の礎となるのは何であろうか?

1戦1戦が名門高校への足跡になる。

滋賀県代表は選抜大会において目下10連敗中である。

県内どのチームもそれを食い止めるべく、甲子園出場を掲げていた。

その中でダントツの優勝候補であったのは近江高校であったが、滋賀県大会でその近江高校を退けるチームが現れた。

それが初出場を決めることになる高島高校である。

近江高校にリードを許しながらも驚異的な粘りを見せ、最終回に一気に3点を奪う逆転劇を見せた。

その勢いのまま滋賀県大会を制して近畿大会でもベスト8入りしたのが評価された。

高島高校の原動力となっているのは、打たせてとる技巧派エース赤水の制球力だろう。

決して豪速球を投げるワケでは無いが、防御率は1点台を記録している。

そして打者では、7ホーマーの4番采野に注目している。

最低身長軍団

今大会の佐賀商業はチーム平均身長が出場高校の中で1番低い。

しかし、それを十分に補うチームワークがある。

特筆すべき選手がいるというよりは、各々が役割をきちんとこなしている。

そのチームワークで練習試合においては九州大会準優勝となる佐世保実業に5-4で競り勝っている。

その後、佐賀県予選を勝ち抜いたのはやはり繋ぐ野球によるものであった。

九州大会でも、熊本県最強と言われる鎮西高校に5-4と競り勝ち、敗れた都城高校戦でも0-1と僅差であった。

夏の選手権大会では2年前のエース新谷投手を要し、パーフェクトゲーム寸前のノーヒットノーランを記録したのは記憶に新しい。

そのように夏の甲子園は7度も出場している名門高校であるが、春の選抜大会はまだ2回目の出場である。

前回出場の時は1勝して甲子園球場を去ったが、今回はそれ以上の成績をおさめたい。

エンタイトルホームラン!?

1回の表、高島高校はワンアウトから2番橋本がフォアボールを選ぶ。

続く辻がセンター前ヒットを放ってランナー1、2塁となったあと、打席には予選7ホーマーの4番采野。

采野は期待に応えてセンター前にタイムリーヒットを放って高島高校が先制して初出場のチームに歴史を作った。

しかしその裏、佐賀商業はワンアウトランナー1、3塁のチャンスで4番七田が右中間に2点タイムリースリーベースヒットを放って逆転した。

初回は互いに頼れる4番がタイムリーヒットを放つ格好となった。

4回裏に1点を追加した佐賀商業は5回にビッグイニングを作る。

先頭の1番高柳がレフト前ヒットで出塁すると、2番藤田もヒットで続く。

3番島がライト前ヒットを放って満塁としたあと、4番采野の内野安打でまず1点を追加した。

続く5番中原の打球はレフトの頭を越えて長打コースと思いきや、打球は気がつくとレフトラッキーゾーンに転がっていた。

審判が腕を回し、満塁ホームランとなったが、後のビデオ判定ではワンバウンドしている事が判明した。

ラッキーゾーンに歴代優勝高校の白い盾が飾ってあり、白球と重なってバウンドが審判に見えなかったのが原因であった。

審判の判定は絶対であるため、覆ることなく満塁ホームランとして試合は続行された。

猛打、佐賀商業

9-1と大差で迎えた6回裏にも、佐賀商業は7番原口のタイムリーなどで3点を追加し、12-1と点差を広げた。

7回の表、高島高校はツーアウトから3連打で満塁とすると4番采野、5番前田のタイムリーなどで2点を返した。

続く8回表、高島高校は1番馬場がレフトへ意地のホームランを放って1点をまた返す。

しかし8回の裏、佐賀商業はエラーで出塁したランナーを皮切りに、6番田中のタイムリースリーベースヒットや8番山口の右中間タイムリーツーベースなどで一気に5点を追加し、ダメ推しとした。

試合はこのまま17-4で佐賀商業が勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

あの満塁ホームランで勝負ありましたね。

しかし、ワンバウンドには非常に気付きにくい打球でした。

前代未聞の事件の1つとなりましたが、高島高校の反撃も素晴らしいものがありました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ