高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 拓大紅陵vs智弁学園|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 拓大紅陵vs智弁学園|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 拓大紅陵vs智弁学園

打高投低となりつつある高校野球界において、また新たに打撃に

磨きをかけたチームが2校。

打ち合いが予想される試合の鍵を握るのはなにか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

関東の猛者

打高投低となりつつある高校野球界において、また新たに打撃に磨きをかけたチームが2校。

打ち合いが予想される試合の鍵を握るのはなにか?

名門高校ひしめく千葉県予選を6連勝した拓大紅陵高校は、新鋭高校とは思えない無類の強さを見せつけた。

それは決勝の習志野高校戦で立証された事であろう。

その後、練習試合も猛打爆発で3連勝して関東大会を迎えた。

関東大会では140キロのストレートをなげるサウスポー山本率いる法政二高校に7-6と打ち勝っている。

また、秋の成績では敗れた試合でも完封負けが1度もなく、併殺打がゼロという効率的に得点を重ねるチームである。

小枝監督の構想のもと、打撃練習を中心にした練習メニューが花を咲かせてチーム打率は3割を越えた。

特にクリーンアップが強力で、3番小川は4割5厘と抜群の成績を残した。

ホームランこそ無かったものの、スリーベースヒットが8本と盗塁がチーム1。

それを4番今村、5番鈴木の3割3ホーマーコンビが返していく。

また、エース古橋も制球力に長けており、防御率こそ3点台であるが、打線が湿った試合では完封試合を見せている。

名門高校のダブルエース

奈良県予選と言えば、天理高校と智弁学園の2強ムードが毎年漂っている。

しかし作夏の甲子園出場を果たした天理高校が早々と敗れ、智弁学園が危なげ無く優勝した。

ライバル天理高校と対戦したとしても、智弁学園が勝っていたと言われるほど戦力は充実していた。

トップバッターの楳原が4割2分、3番の野辺地が4割3厘と4割バッターが2人もいる。

4番葛原も3割9分を越えるのだから、チーム打率が3割4分6厘というのも頷ける。

拓大紅陵と同じく、打を全面に押し出しているチームと言えよう。

泣き所と言えば投手陣がやや安定感にかけている。

そのため、エース坂口を中心に堀川、青山、中井の3人がローテーションを組んでいる。

その中でも堀川投手の調子が良い。近畿大会の2回戦で対戦した全国一の戦力をもつPL学園を相手に、1-1の引き分けで再試合に持ち込んだのは堀川投手の力量が大きい。

再試合こそ敗れたものの、4-7であったのだから、打力もやはり高いものがあるという証左であろう。

このような2校であるため、打撃戦が予想された。

先取点が鍵になるだろうとの見方であった。

予想外の展開

先発ピッチャーは拓大紅陵がエースの古橋、智弁学園はPL学園戦で好投した2番手堀川であった。

1回の表、拓大紅陵はトップの前橋がいきなりヒットを放つ。

2番坂巻が送りバントを決めてランナー2塁とチャンスを作るが、ここは堀川が踏ん張って後続を抑えた。

その裏、智弁学園もトップの楳原がヒットを放って出塁したが、古橋投手が後続を抑えた。

2回の表、拓大紅陵は先頭の5番鈴木が右中間にツーベースヒットを放つと、続く6番菅谷がバントで送ってランナー3塁とチャンスを作る。

しかし、7番田崎が三振、8番古橋がファーストゴロに倒れて無得点に終わった。

4回の裏、智弁学園は先頭の2番渡辺のヒットを3番楳原が送ってランナー2塁とチャンス。

しかし、古橋投手の上手い牽制によりランナー渡辺がタッチアウトとなった。

このまま5回をおわるまで予想外の投手戦を繰り広げた両校であった。

いきなりの打撃戦

6回表、拓大紅陵はワンアウト満塁から6番菅谷がスクイズを決めて均衡を破った。

すると7回表、堰を切ったように拓大紅陵がワンアウトランナー2塁から5連続タイムリーヒットを放って一気に5点を追加した。

沈黙していた智弁学園も7回裏、ワンアウトランナー1、2塁からマウンドを降りた5番堀川がタイムリースリーベースヒットを放つ。

このあと坂口にもタイムリーが飛び出して一気に3点を返した。

しかし、取られたら取り返す。8回の表、拓大紅陵はランナーを2人おいて3番小川がレフトへスリーランホームランを放って再び6点差とした。

これが智弁学園の反撃ムードを揉み消した。

試合はこのまま拓大紅陵高校が9-3で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

打撃戦が予想された場合、きっかけがないと以外に投手戦が続くケースがあります。

先に先取点を奪った拓大紅陵の采配はスクイズでした。

スクイズが決まっていなければ違う試合になっていたかも知れませんね。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ