高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 広陵高校vs法政二高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 広陵高校vs法政二高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 広陵高校vs法政二高校

古豪と呼ばれる伝統高校がある。

かつて優勝経験のある高校同士の対戦となるが、選手一人一人は

初の甲子園である。

先輩たちに負けじと伝統を繋いでいけるだろうか?

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

春の広陵

古豪と呼ばれる伝統高校がある。

かつて優勝経験のある高校同士の対戦となるが、選手一人一人は初の甲子園である。

先輩たちに負けじと伝統を繋いでいけるだろうか?

広島県と言えば広島商業という超の付く名門高校が存在するが、選抜に限ってはこの広陵高校も負けていない。

広陵高校は選抜大会において優勝1回、準優勝1回の経験をもつ伝統高校であるので、春の広陵という異名を持っている。

今大会のメンバーも伝統ある先輩たちに負けないような粒揃いである。

チーム打率こそ3割にギリギリ満たず、決して高くないが出塁率が以外に高い。

秋の成績では26試合のうち、フォアボールが93個と1試合平均3~4個は必ず選ぶ。

送りバントやエンドランなどの小技も上手い。

そして先発メンバー全員が盗塁を記録しているように、機動力野球でも得点出来る器用な1面を持っている。

どんな展開になっても食らいつき、敗れた7試合においても全て2点差までしかつけられていない。

あとはエース古田が大崩しなければ、広陵高校らしい展開に持ち込めるだろう。

打倒PLのエース山本

選抜大会出場がまだ2回目というのが以外に感じる法政二高校だが、名前はすでに全国クラスである。

その要因はやはり柴田を擁して初出場で初優勝した36年、夏春連覇の偉業が大きいところだろう。

偉大な先輩たちに負けじと今大会も素晴らしいメンバーが揃った。

まずはエース山本。

山本は今大会ナンバー1サウスポーの呼び声が高い。

重い速球は140キロを越え、カーブとスライダーの切れが抜群である。

昨年の春夏で大活躍した横浜商業を神奈川県で1番苦しめたのは2年生エースだったこの山本だった。

秋の成績でも10試合に完投してそのうち8試合を完封している。

関東大会で敗れた拓大紅陵高校戦では、少々打たれたものの防御率0.63と素晴らしい安定感を見せつけた。

今大会優勝候補ナンバー1であるPL学園がややサウスポーが苦手ということから、山本投手への注目も高まっている。

本人も打倒PL1色に向かっている。

そのエースを支えるのは3人の4割バッターが揃う打撃陣だ。

ホームラン数こそ少ないが、チーム打率は3割6分4厘と何処からでもヒットが生まれる打線である。

1試合平均、6点以上の得点力をほこる打線なだけに、早めに山本を援護したい。

序盤から動く

1回の表、ナンバー1サウスポーの山本から先制してペースを握りたい広陵高校であるが、そうは問屋が卸さなかった。

噂に違わぬ快速球で1番松岡、2番福永が連続三振に斬って取られた。

その裏、法政二高校はツーアウトランナー1、2塁から5番伊藤哲がセンターへタイムリーヒットを放って先制点をあげると、6番青柳がフォアボールを選んだあとに7番大山がライト前にタイムリーヒット、8番山本もセンター前にタイムリーと続いて法政二は初回から4点をあげた。

2回の表、接戦に持ち込みたい広陵高校は先頭の石橋がフォアボールを選ぶと5番金野が山本を捉えてレフトに2ランホームランを放ち、2点を返した。

ワンアウト後、足の早い7番中村が内野安打で出塁するも、得意の盗塁を阻まれて反撃ムードは終わってしまった。

法政二、強し

2点差とされた法政二高校はその裏、ワンアウトランナー2塁から3番加藤が右中間へタイムリーツーベースを放って再び突き放す。

続く4番伊藤憲もライト前ヒットを放つと5番伊藤哲の打球が野選となる。

ここは踏ん張りたい広陵エース古田であったが、6番青柳の打球はレフトスタンドへ飛び込むスリーランホームランとなった。

序盤で9-2と大差をもらった山本投手は、ピッチングを確かめるように低めに制球していく。

また、広陵高校2番手ピッチャーの高田も相手の大量リードにめげずナイスピッチングを見せる。

試合は8回に法政二がダメ押しの1点をあげた以外に動かなかった。

山本投手は4回以降ヒットを許さず、被安打4奪三振11というピッチングを披露した。

試合は法政二高校が10-2で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

好チーム同士の対戦でしたが、ワンサイドゲームになりましたね。

前半は変化球主体だった山本投手ですが、後半は速球を確認しながら投げているようでした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ