高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

幼児が風邪に 病院に行くタイミングとは?

      2015/10/28

幼児が風邪に 病院に行くタイミングとは?

子供の風邪で病院に行くべきなのは、どの程度の症状からなのか。

特に幼少期の場合は悩みどころですよね。

アフターケアも含めて勉強していきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

子供の風邪 病院に行くべき?

暖かいと思ったら、また寒くなったり、今の季節風邪には悩まされますよね。
特に小さいうちは、すぐに鼻が出たりして…。

風邪はひどくならないうちの方が早く治るので、私は早めに病院へ連れて行き、薬をもらうようにしています。
インフルエンザなどを移されない為に、大きな病院は避け、すいてる時間を狙って行きます。午前の診療が終わるぎりぎりの時間か、午後のいちばんの時間が比較的すいているみたいです。また、月曜・金曜・土曜は休日の前後のため、また木曜は午後の診療が休みのため、混んでいることが多いみたいです。

市販の薬は総合的に効くようになっているので、やはり診察を受けて、その症状に合った薬を処方してもらったほうが、よく効くようです。

また、風邪だと判断しても、実は違っていたりすることがないともいいきれません。

引用元-子供が風邪の時は病院へ行きますか? – 病気 | 教えて!goo

幼児の風邪で病院に行くタイミングとは

熱はカゼを治すのに大事だと分かっていても、どうしても心配になると思います。
特に夜間や休日に熱が出ると、すぐ病院に行った方がいいか迷う場面が多いと思います。
目安は、生後3か月を過ぎていて機嫌がよければ翌朝でもいいと思います。普段どおり、食べたり、飲んだり、遊んだりしていれば急がなくてもいいでしょう。

またカゼの時、子どもは突然中耳炎になることがあります。とても痛がるので何とかしてあげたいと思います。耳をとても痛がった場合、もし手持ちに痛み止め(熱さまし)があればそれを使って翌朝来院して下さい。この場合は熱がなくても使っても良いです。飲まなくても眠れそうなら、痛がる耳の後ろや下を冷やしてあげるのも良いです。おうちで鼻水が吸えるなら吸ってあげてください。それだけで楽になることもあります。

もし、様子を見て痛みが取れそうにない場合には、病院に行きましょう。

引用元-子供のかぜの症状・高熱、鼻水、鼻づまりについて | たかはし耳鼻科 – 耳鼻咽喉科 –

幼児の風邪の症状が長引くなら病院へ

1.熱が3日以上続くもの
 子供の熱には多くの病気が考えられますが,よく心配されることに“高熱の
ために脳が障害されるのでは?”ということがあります。これはずっと以前に
化膿性髄膜炎といった病気のために高熱が続いた後,脳障害を来したケースか
らこのような誤解が生じたものと思います。化膿性髄膜炎は今日でもかなり恐
れられている病気で発症当初からかなり集中的な治療をしないと後遺症なしの
救命が難しい病気ですが,戦前は抗生物質もなかったため,かなり悲惨なケー
スがあったのだろうと推測しています。しかし,基礎にある病気が特殊なもの
でないかぎり,高熱のために脳がやられることはありません。

 しかし,3日以上続いた場合は,診断,治療の遅れが後遺症につながりうる
ものもあります。

たとえば,川崎病なんていうのは治療が1週間も遅れれば,その子の一生に関
わる心臓後遺症を残します。また,はしかなども高熱が続きますが肺炎,脳炎
をはじめとした重大な後遺症があります。

2.生後5か月以下の児の発熱
 5か月以下の児は熱を出さないと思われていることがたまにありますが,結
構熱を出すことがあります。ある調査では,生後5か月以下で発熱したことが
ある子は15%と報告されています。そのうち,入院した子は11%でしたが,
その多くは特殊な治療を要さない病気であったとされました。確かにこの時期
の発熱は大半のものがかぜ,突発性発疹症といったウイルス感染症です。しか
し,前述した化膿性髄膜炎の場合などは一時間でも早く集中的な治療を開始す
ることで後遺症を最小限度にとどめうることができますし,尿路感染症,特に
腎盂腎炎などでも丁寧な精密検査の上での早期治療が必要になります。腎盂腎
炎は抗生物質の内服で容易に熱が下がるため,これだけ抗生物質が乱用されて
いると逆に診過ごされて治療が中途半端に終わり,知らない間に腎機能が悪く
なっているケースもあると思われます。実に成人の人工透析患者の2割は小児
期の腎盂腎炎が不適切に治療されたものであると言われています。

3.1週間以上続く咳
 子供の咳で1週間以上続くものには,喘息様気管支炎,肺炎あるいはマイコ
プラズマ肺炎,百日咳などがあります。外来で喘息様気管支炎と診断されると
お母さん方はすぐにTVなどの喘息でヒューヒューいって苦しんでいる姿を想像
して重症な病気とのイメージをもつ方が多いのですが,喘息様気管支炎の病態
は,乳幼児期の細気管支径が狭いこと,痰を作りやすいこと,痰を出しにくい
こと,風邪を引きやすく繰り返しやすいことといった特性から起こってくるも
のですから,3~6歳になると8―9割がどんどん良くなってきます。最初の
1―2年は病院通いで苦労しても,治ればあれは何だったんだろうというくら
いに良くなって,ほとんど病院にも来なくなってしまいます。もしかしたら,
あんまり治らないので,他の病院に行っているのかもしれませんが………。

 マイコプラズマ肺炎も学童期に多い病気で,最近でもたまに流行が見られま
す。外来で一般に用いられている抗生物質が効かなくて,こじれてしまってい
る例がたまにありますが,その咳は比較的特徴的ですので,咳を聞いただけで
診断がつく例もあります。これも早くに治療してやれば,あまり苦しまなくて
済みます。

引用元-

熱があっても食欲があって元気なら病院に行かなくていいケースも

風邪をひいたかも、と思ったときにすぐに病院へ連れて行くかどうかは、迷うところです。最近ではたいしたことがないのに病院へ行くことを「コンビニ受診」といって問題視する風潮があります。とはいえ、「たかが風邪」と思っていると思わぬ症状の悪化にあわてることも……。いったいどのようにして判断すればいいのでしょうか。

基本的には、発熱があっても食欲があって元気であれば、ひとまず家庭で様子を見ましょう。
ただし、普段と様子が違う時、例えば咳がひどくてゼイゼイするといった呼吸困難の場合や、痙攣、頭痛と嘔吐などがある場合は、すぐに病院へ連れて行くことをお勧めします。また、生後2カ月までの乳児は症状が急変しやすいので、なるべく早く病院に連れて行きましょう。

自宅で様子を見る場合には、部屋を暖かく保ち(18℃以上)、体温を下げるために薄着にします。寒くてガタガタと震えているときには、タオルなどをかけて覆ってあげましょう。ただし、震えているときは体温が上がっている途中。上がりきったら薄着にして、体温を下げるようにしましょう。

セキをしていたりノドが痛いという場合は、のど飴やトローチをなめさせるのもいいでしょう。ハッカの味や匂いがするものはメントールが含まれていて、鼻の通気性を良くして呼吸を楽にする作用も期待できます。

引用元-子どもの急な風邪 病院へ行く前にお母さんができること

幼児の風邪 病院に行った後のケアとは

● 水分補給を忘れずに
家庭でできる一番大切なことです。喉が痛いときは、しみないように麦茶や牛乳、冷めたポタージュスープなどがおすすめです。

● 解熱する
水分補給に加えて、氷枕や冷却ジェルシートなどを利用しましょう。熱でぐったりしているときや、寝つけないときは、病院で処方された解熱剤を使用してもいいですね。

● 食事に気をつける
酸味や塩味が強いものは避けます。のどごしがよく、噛まずに飲み込めるもの、豆腐やおじや、そうめんなどがおすすめです。

● お風呂の入り方
高熱でぐったりしていなければ、シャワーで汗を流しましょう。夏風邪のウイルスは湿気を好み、汗ばんでいる皮膚にも付着しているので、シャワーは効果的です。

引用元-子供の夏風邪、症状と治し方は?高熱・腹痛・下痢は病院へ行くべき? – こそだてハック

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ