高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

右側の骨盤や下腹部が痛い その原因とは?

   

右側の骨盤や下腹部が痛い その原因とは?

骨盤や下腹部に鈍痛や鋭痛がある場合、

色々な原因が考えられます。症状をしっかり確認し、

痛いと思ったら無理せず病院へ行きましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

右側の骨盤にピキッという痛みが 痛みの原因は?

私も数日前から同様の症状に悩んでいます。

カイロプラクティックには今年初めから通っていて、骨盤のずれなどを
定期的に調整してもらっています。

右の骨盤が上方に上がっているという、体の歪みが定着しているので
これから来るんだと思われます。

今回は貴方のように毎日立ち上がったときや、歩きだしなど
痛みが激しいので、カイロの先生に定期外のスケジュールで
予約を入れました。(明日です)

数年前からの体重増加、更年期など諸症状が
重なったものも原因ではと自分で感じています。

(それを解消するために、ウォーキングやカーヴィダンスを真面目に
やりすぎているのもいけないのかもですね)

整形外科などに行くと、原因をさぐるよりも
痛みを取ることになってしまいそうで、カイロプラクティックを集中的に
やってみるつもりです。

参考になれば、幸いです。

引用元-右側の骨盤が痛みます。 – 前側?お腹側?の、右の骨盤が痛いんで… – Yahoo!知恵袋

右の骨盤のすぐ上が痛いが病院の検査でも異常なし 考えられる原因は?

骨盤のすぐ上のはわき腹でしょうか?
これだけではちょっと分からないんですが、アドバイス程度に聞いてください。

主人が骨盤のすぐ上(わき腹)肋骨の下の範囲が痛くなり(激痛!!!)
「尿路結石」でした。
2年程前から時々痛みがあったようですが、ガマンしているうちにすぐ治っていたそうです。
多分、ちょっとずつ出来ていたんでしょうね。それがついに激痛となり、病院で検査して分かりました。
尿路結石は腎臓から膀胱までの尿管で、尿を出すためにぜん動運動するので、石が出来ると痛いのだそうです。

主人の場合は、CTを撮ったら、腎臓から尿管にかけて肥大していたのでした。
レントゲンには石は写らなかったので、点滴で造影剤を血管に入れて、レントゲンを撮り、石が詰まった所まで造影剤が溜まるのを確認できました。
あとは、超音波検査もしました。きらきらしたもの(石だそうです)が見えました。

病名が確定するまでは、他の病気も疑われました。
虫垂炎、胆石など。
主人は痛み止めと、ぜん動運動を止めて石のすべりを良くする薬を飲んで、1ヶ月で石が出ました。
でも、体質だそうで、腎臓の中にはまだ石の予備軍があるようです・・・
普段から運動(ジョギングなど)をすることと、とにかく水をたくさん飲むことと言われました。

原因が早くわかるといいですね。何だか分からないと、とても不安ですよね。
「尿路結石」の場合は、「泌尿器科」です。
アドバイスになったのか分かりませんが、どうぞお大事に。

引用元-右,骨盤のすぐ上の痛み – 病気 | 教えて!goo

右骨盤あたりの痛みの原因は体の歪みが多い

在宅ワークに転職してから丸々一年以上が過ぎ、最近の一番の悩みが右骨盤のあたりに襲ってくる鈍い痛み。激しい痛みというよりは、体を動かすふとした瞬間に発動するのが何とも煩わしくて辛いんです。

行動するたびに痛みは続いているので、長時間にわたって仕事をしている時には背中にまで広がってしまう事も。最初は耐えられていたのですが、徐々に大きい波のように襲ってくることも増えてきたんです。

前職は接客業で一日中立ちっぱなしだったので、真逆の座りっぱなしに限界が来たのでしょう。私は長時間の調べ物をしたりしている時に、左ひじを机について体重をかけています。

結果、体に歪みが生じてしまい右骨盤の痛みに繋がりました。それ以外にも、左側にだけ鞄を掛けていたり、座るときに左ひざばかり立てたりしている事もいけなかったんですよね。

猫背もどんどん酷くなる一方だし、これ以上は母のように椎間板ヘルニアになってしまいそうだったので、骨盤矯正に効くらしいクッションを購入してみました。

広がって歪んでしまった骨盤を引き締めてくれる効果があり、長時間座っていても右骨盤が痛むことが減少。お値段的にも千円前後とリーズナブルなのが嬉しいですよね。

ただ、クッションに座っている間だけしか効かないのと、一ヶ月も経たないうちにぺったんこになったのが残念でした。毎月のように買わないといけないとなると、結構痛いです。

そこで、次は骨盤ベルトを試してみた所、これがかなり効きました!一日のうちにつけている時間は数時間だけなのに、続けて使っているとはめていない時でも痛みがとても和らいで楽なんです。

骨盤ベルトは本当に体の歪みから解決してくれるので、酷かったはずの猫背も真っ直ぐになりました。体が正しくて楽な姿勢を覚えたみたいです。

巻き方にはちょっとしたコツがいるのですが、慣れてしまえばあっという間に装着出来て、動きづらさもほとんどありません。しかも、服の下につけていても目立たないので、長めの運転をしなければいけない外出の時にも役立ちます。

そして、骨盤ベルトを外していて右骨盤に違和感を覚えたら、骨盤矯正ストレッチで体の歪みを即座に調整するようにしています。短時間で終わるストレッチなので、仕事の合間のリフレッシュにもなるから便利。

肩幅に足を開いたら、腰に手をつき大きく回します。この時のポイントは、頭や足は動かさずに腰だけを回していく事で、左回しと右回しを十回ずつするだけ。そのあとに前屈から後ろに体を逸らす事で、心地よい脱力感で体が軽くなります。

引用元-右骨盤あたりの痛みの原因は体の歪みだった | ねーねー聞いて☆私たちの体験談♪

右の下腹部が痛い時に一番に疑うのは急性虫垂炎

まず右の下腹部の痛みと言えば一番に疑うのは急性虫垂炎、いわゆる盲腸です。

虫垂炎とは盲腸にある虫垂というくぼみに便が詰まるなどして閉塞し、細菌感染で炎症が起きた状態です。
よくある疾患でありながら診断が難しいのが厄介なところです。

初めは上腹部痛や吐き気・嘔吐、食欲不振などが症状として現れることがあり、急性胃腸炎と間違われやすいのです。
しかし、虫垂炎であれば数時間から半日程度で痛みは右下腹部に移動し、お腹をかばうような前傾姿勢になったり、右足でジャンプした際に右下腹部に響くようになります。

虫垂炎を起こし血流がわるくなった虫垂はやがて壊死して破れる穿孔(せんこう)を引き起こしてしまいます。
そのとき、膿が流れ痛みが和らぐことがありますが、その膿が原因で腹膜炎を起こすとさらに深刻な状況になります。

右下腹部が痛みだして立っていられないようなときは、虫垂炎を疑ってすみやかに診察を受けることをおすすめします。

引用元-女性の右の下腹部に痛みがある時に原因として考えられる病気は?

右の下腹部の痛み 婦人科系で考えられるのは卵巣のう腫

まず、婦人科系の病気で考えられるのは「卵巣のう腫」でしょう。
「卵巣のう腫」とは、卵巣の中に液体や脂肪などが溜まり、風船のように卵巣が腫れる病気。卵巣にできる【腫瘍のうち一番多いのが、この「卵巣のう腫」です。痛みが出ないことが多く、良性の腫瘍ですが、腫瘍の根元がねじれると腹痛を引き起こします。
また、病気ではありませんが、「排卵痛」という痛みもあります。月経から2週間ほどたったころ、排卵期に出る下腹部の痛みです。排卵後、卵巣には「黄体」というものが残り、少し腫れた状態になることと、女性ホルモンの分泌により腸の動きが鈍くなるのが原因とされています。

次に、消化器系の病気で考えられるのが、「憩室炎」、「虫垂炎」と「過敏性腸症候群」です。
「憩室炎」は、大腸の壁が弱いところに袋ができ、そこが炎症を起こす病気です。通常は、S状結腸という左下腹部にある大腸の一部で起きることが多いのですが、40歳以上はかかりやすいので注意が必要かもしれません。
「虫垂炎」は、いわゆる「盲腸」。右下腹部にある虫垂がやはり炎症を起こし、悪化すると、穴があいて膿や腸液があふれ出します。「腹膜炎」にまで進行すると死にもつながります。
「過敏性腸症候群」は、検査では異常が見つからないにも関わらず、腹痛や便秘、下痢など腸の異常が長く続く病気。10人に1人の日本人がこの病気にあてはまるとされています。原因ははっきりしていませんが、精神的なストレスや不規則な生活によって、腸の運動を司る自律神経が乱れるケースが多いようです。

もともと腰痛もあるとのこと。痛みがこれ以上増えるのはストレスになるでしょうから、一度、婦人科のクリニックか消化器内科のクリニックを受診することをおすすめします。

引用元-右端骨盤辺りの痛み | その他 | ドクター相談室 | +Wellness プラスウェルネス

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ