高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 砂川北高校vsPL学園高校|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 砂川北高校vsPL学園高校|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 砂川北高校vsPL学園高校

圧倒的な存在感を放つPL学園。

それを追う2番手グループに大きく差をつけた、ダントツの優勝候補である。

その王者に北の挑戦者が立ち向かう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

北国から聖地へ

圧倒的な存在感を放つPL学園。

それを追う2番手グループに大きく差をつけた、ダントツの優勝候補である。

その王者に北の挑戦者が立ち向かう。

秋の北海道大会で決勝を争ったのは砂川北高校と函館有斗高校であった。

結果、函館有斗高校が1-0で勝利して選抜の切符を手にしたが好事魔多し。

不祥事により、選抜の出場権は準優勝の砂川北高校に移ることになった。

函館有斗高校に1点差という僅差で敗れた準優勝なだけあって実力は北海道トップクラスであるが、相手は全国一の実力高校であるPL。

まして急遽で有るがゆえの準備不足、北国特有の練習不足なのだからPLが相手であれば不利なのは否めない。

炭鉱の町の思いを背に、横綱にどう立ち向かうのか見ものである。

大本命PL登場

昨年夏、センセーショナルなデビューを果たした桑田と清原。

新2年生にして全国ナンバー1ピッチャーと4番バッターになった今、各チームから目標にされる立場になった。

140キロを越える伸びのあるストレートに昨年、池田高校の山びこ打線を手玉にとった大きく曲がるカーブ。

また、桑田は相手打者の心理を読むのに長けていて、全国ナンバー1投手というのは不動のものであろう。

一冬を越してどのような成長ぶりを見せるのか非常に楽しみである。

桑田に負けじとさらなる成長ぶりを見せている清原。

秋の近畿大会ではちょっとしたスランプに陥り打率を落としたが、さすがは全国ナンバー1スラッガー。

チーム1番の6ホーマーと、飛距離は随一な場面を見せた。

その他に三振ゼロの4割トップバッター黒木、4割6分9厘と打率ナンバー1の松本、4割3ホーマーの杉本、バッターとしても天才の桑田、4割バッターのキャプテン清水など、超高校級のオンパレードが揃う。

そしてショート旗手、セカンド松本を中心とした最高水準の守備力と、全く穴の無いPL学園の戦力には文句のつけようがない。

いかにPL学園と戦うか、何処がPL学園を倒すのか、今大会はPL学園が中心となる大会になるだろう。

PL、炸裂

PL学園の先発は控えの田口投手であった。

田口は1回の表、砂川北打線を三者凡退に切り抜けた。

その裏、PLの攻撃に対して砂川北エース辰橋は簡単にツーアウトをとった。

しかし、3番に先発出場した鈴木が一本足の構えから辰橋のストレートをバックスクリーンに運ぶ先制のホームランを放った。

目の覚めた中、続く4番清原はレフトスタンド中段へライナーのホームランを放った。

連続ホームランでやはりPLは違うな、と誰しもが思ったはずだ。

PL学園は3回の裏、トップの黒木がバックスクリーンに1発を放つと、今日はライトの守備で先発している5番桑田が左中間に大きなツーランホームランを放った。

PL学園は4回裏にも旗手がレフトへホームランを放って追加点。

これまで全てがホームランによる得点と、序盤にして格の違いを見せつけた。

砂川北の意地

5回の裏には桑田がこの日2発目となるホームランをレフトに放って早くもPLは14得点とした。

しかし、大量リードにもめげず、砂川北高校は反撃を開始した。

7回の表、先頭の4番長谷川がセンター前ヒットを放つと、続く福田、続石が連続でライト前ヒットを放ってまず1点。

続く代打の為国もライト前ヒット、2番手ピッチャーの湊もヒットで連打を奏でる。

このあと2番山下にもタイムリーヒットが出るなど、砂川北はヒット6本を浴びせて一気に5点を返した。

このあと、互いに点を取り合ったがPL学園の序盤の猛攻が響きPL学園が18-7で勝利した。

しかし、恐るべきPL学園の打線であった。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

予想よりもかなりの破壊力を見せましたね。

この打線は昨年の池田高校よりも恐ろしいでしょう。

しかし、函館有斗高校の補欠で出場した砂川北、反撃は感動しました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ