高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 取手二高校vs松山商業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 取手二高校vs松山商業|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 取手二高校vs松山商業

ダントツの優勝候補ナンバー1、PL学園に迫るチームは何処なのだろうか。

その1番手として名前の上がる、関東最強の取手二高校が甲子園に登場する。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

関東大会最強

ダントツの優勝候補ナンバー1、PL学園に迫るチームは何処なのだろうか。

その1番手として名前の上がる、関東最強の取手二高校が甲子園に登場する。

取手二高校は昨年の選抜からの連続出場となる。

昨年は1回戦で後塵を拝したが、甲子園を経験したことは選手たちには大きな刺激になった。

しかし、本命視された夏の茨城県予選でまさかの4回戦敗退を喫し、チームはドン底状態に陥った。

だが、木内監督が惚れ込んでいる1年生から主力として活躍している吉田、佐々木、下田、石田、中島、桑原の6人衆を中心にチームは潜在能力を開花させた。

乗りに乗ると爆発する打線は破壊力を増してチーム打率を3割8分5厘に跳ね上げた。

特にキャプテンでトップバッターの吉田が類い稀なリードオフマンぶりを発揮し、4割5分を越える打率にホームランも7本と、チームを引っ張った。

エース石田は140キロを越えるストレートに切れのあるスライダーのコンビネーションが抜群で、完投した15試合のうち完封が10試合と素晴らしい安定感を見せた。

しかし、大会前に肩を痛めたことが懸念されていた。

名門を支える左腕

選抜出場13回目を数える松山商業は、選抜大会で優勝2回の経験を持つ。

夏の選手権大会においても、4度の優勝を誇る超名門高校として甲子園の歴史に名前を刻んでいる。

その松山商業の伝統は守りからリズムを作り、チャンスを確実にする野球。

金属バットの出現により、池田高校を代表とする打撃のチームが主流となりつつある昨今であるが、今大会の松山商業もやはり守備力が重視された伝統野球を基本としている。

サウスポーエースの酒井は低めに球を集めて的を絞らせないピッチングを身上とし、打たせて凡打の山を築く。

それをバックが固い守備力で抑えてリズムを作り、攻撃のチャンスを伺う寸法だ。

攻撃に関しても、松山商業史上最強クラスの打線が仕上がった。

チーム打率は今大会出場高校でナンバー1となる4割2分2厘。

4割を越えるバッターが6人と、四国大会においてトップレベルの攻撃力を見せた。

キャプテン乗松は5割というアベレージを残し、4番の村上は敗れた明徳高校戦で屈指のピッチャー山本賢からホームランを放っている。

エース酒井が要所を締めれば鬼に金棒と言える。

1回戦屈指の好カード

1回の表、取手二注目のトップバッター吉田が打撃妨害で出塁すると、吉田は盗塁をすかさず決めた。

ツーアウトとなったが、4番中島が左中間にツーベースヒットを放って取手二高校が先制点をあげた。

肩の痛みが治まらず、先発のマウンドを控えの岡田に託した取手二エース石田はレフトの守備で先発した。

岡田は制球に気を付けて上々の立ち上がりを見せた。

4回の表、取手二高校は平岡のツーベースヒットで追加点を奪う。

すると松山商業エースの酒井のコントロールが甘くなりランナーをためた後、2番の佐々木にセンターオーバーのスリーベースヒットを浴びてこの回一気に3点を失った。

しかし、松山商業はその裏、ツーアウトランナー2、3塁として7番白石がライト前にタイムリーを放つと、8番酒井、9番後藤の連続タイムリー等で一気に4点を返し、同点とした。

ここで2番手の変則サウスポー、柏葉がマウンドに上がった。

取手二高校、強し

同点とされてエースがマウンドを降りればチームの士気が下がる懸念もある。

しかし、取手二高校はすぐさま5回の表、制球の乱れた酒井を攻め、吉田のタイムリーヒットなどで3点を上げ勝ち越した。

取手二のマウンドを預かった柏葉は凡打の山を築き、松山商業の強打を封じていく。

そうこうしているうちに9回の表、取手二は下田のスリーベースヒットを、今日はレフトの守備位置で先発した石田が犠牲フライでホームに招き入れ、ダメ押しの1点を追加した。

試合はこのまま取手二高校が8-4で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

共に打撃には定評があるものの、エースは互いに不調。

石田投手はマウンドに立ちませんでした。

力のある松山商業をエース石田不在で倒した取手二高校の打線は凄かったです。

柏葉投手、5イニングスのリリーフでノーヒットピッチングとは圧巻でした。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ