高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

ダイエット効果にも!柔軟な体をストレッチで作ろう

      2015/11/01

ダイエット効果にも!柔軟な体をストレッチで作ろう

体が硬くても日常生活に重大な支障が出るということは

あまりないと思います。しかしストレッチをして柔軟性を

高めることによるメリットはたくさんあるのです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年夏の甲子園】1回戦 浦和学院高校vs泉州高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  浦和学院高校v...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 西日本短大付属高校vs県立岐阜商業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦  西日本短大付属...

【2009年夏の甲子園】決勝 中京大中京VS日本文理|印象に残った好ゲーム

来年の夏、100回大会を迎える甲子園。 これまでの好ゲ...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|明豊VS神村学園

花咲徳栄の埼玉県勢初優勝で幕を閉じた2017年の夏の甲子園。...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|日本航空石川vs木更津総合

2017年の夏の甲子園の印象的なゲームといえば逆転やサヨナラ...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 横浜商業高校vs熊本工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 横浜商業高校vs熊本工...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った好ゲーム|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英vs大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英vs大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

スポンサーリンク

柔軟性を高めるストレッチの効果とは

ストレッチングとは意図的に筋や関節を伸ばす運動です。体の柔軟性を高めるのに効果的であり、準備運動や整理運動の一要素としても活用されています。最近では美しい姿勢の保持やリラクゼーションの効果が明らかとなってきました。広い場所や道具を必要とすることなく行えることから、愛好者が増えている運動のひとつです。

ストレッチングとは意図的に筋や関節を伸ばす運動です。かつては柔軟体操とも呼ばれていました。ヨガやピラティスもこの運動の範疇に含まれます。体の柔軟性を高めるのに効果的であり[1]、準備運動や整理運動の一要素として活用されています[2]。

柔軟性は体の柔らかさを表す体力の一要素です。柔軟性は一般的に関節可動範囲(ROM)や座位体前屈などで評価されています。柔軟性は他の体力要素と違った特徴を有しています。それはほぼ全ての世代にわたって男性よりも女性の方が優れているという点です。
ストレッチングにより柔軟性が増す理由は、筋の伸張反射の感受性が低下することと筋や靱帯の弾性要素が組織科学的変化を起こすことが要因です。また、ストレッチングは2-3メッツの強度がありますので筋温や体温を高める効果があります。これらが柔軟性の向上やウォーミングアップ効果と関連しているのです。

最近ではこれらの効果に加えてリラクゼーションの効果が明らかとなってきました。30分程度にわたり全身の筋を順番に伸ばしていくようなストレッチングの前後で脳波や自律神経活動を調べてみると、前頭葉でのアルファ(α)波を増加させ、心拍変動を増加させ心拍数を低下させること、すなわち自律神経の活動が副交感神経活動を有意に変化させることが明らかとなっています[3]。

引用元-ストレッチングの効果 | e-ヘルスネット 情報提供

柔軟ストレッチでリラックス効果もあり

身体の柔軟性を高める効果があるとされるストレッチ、ヨガやピラティスなどの道具を使わない運動の仲間です。最近では柔軟性をアップさせてくれるだけでなく、リラクゼーション効果があることも解明されたらしいのです。
ストレッチ中、脳からα波が放出され、心拍数の低下や自律神経系の副交感神経が優位になるとそうです。また座位体前屈をした際、カラダの柔軟性が高い人は動脈硬化の発症率が低いという報告もあります。
ストレッチが習慣づくと、リラックス効果が得られるようになります。
ストレッチを開始するに当たって、三日坊主で終わらないよう、無理せずに続ける楽しみを見るけることも必要になってきますね。

引用元-硬いカラダを柔軟に~股関節ストレッチ | ダイエットSlism

柔軟性が低い場合のデメリットとは

・下半身太りなどの原因になる

筋肉が硬いということは、その筋肉があまり使われていないということです。脂肪がつきやすくなり、下半身太りなどの原因になると考えられます。

・腰痛や肩こり、悪い姿勢につながる

一部の筋肉が緊張していることは、体のアンバランスに繋がります。そのことで腰痛や肩こりが引き起こされているケースが少なくありません。

例えば腰を曲げる際に、もも裏の筋肉が硬いと、腰を使って前屈みになろうとします。このことが腰に負担をかけているのです。こういう人は普段から、腰も後ろに偏って引っ張られているので、姿勢を悪くする原因にもなっています。

・ケガをしやすい

柔軟性が少ない人は、そもそも動きが悪いか、動かそうとしないか、別の筋肉や関節を使って動こうとします。

そのことで体の一部に負担が偏ってしまい、ケガの起こるリスクが大きくなると考えられます。

また、筋肉を柔らかくしておくことは、肉離れなどのリスク減少に繋がります。

・動きが悪くて、スポーツパフォーマンスもダウン

カラダが硬いこと=関節の動きが悪いことです。歩いたり走ったり投げたり飛んだりというスポーツ動作にはデメリットとなります。日常生活のあらゆる動きもスムーズさに欠けます。

引用元-1日3分3つのぐんにゃり柔軟ストレッチ│これだけでアナタも手が床に

ストレッチをすることのメリットについて

ストレッチは誰でも簡単に行うことが出来ます。トレーナーがいなければ出来ないようなものではなく、仕事のちょっとした合間や疲れたかな、と感じたときなど自由に行うことが可能です。ストレッチを習慣化することで得られるメリットには以下のようなものがあげられます。

●身体が柔軟になる
毎日行うことで筋肉の柔軟性が高まります。

●全身の血行がよくなる
全身の筋肉を動かしてストレッチを行うので、筋肉のポンプ作用により血行がよくなるといわれています。

●肉体や精神の緊張が解きほぐされる
体を動かすことで肉体や精神が緊張が開放され、リラックス効果をもたらします。

●スポーツ活動の効率が高まる
ウォームアップ時に行うことで筋肉を温めることができ、競技に向けての心身の準備が整います。

●スポーツによる傷害や筋肉痛を予防できる
筋肉が温まらないうちに過度な運動を行うと、筋肉や関節を痛めてしまう原因となることがあります。ストレッチは傷害予防や筋肉痛の軽減に関与します。

●肉体や精神に活力を与え、疲労を回復させる
心身ともに「やる気」がおきて活力が高まり、疲労回復に貢献します。

●肉体の老化が予防できる
体の柔軟性を保つことは肉体の老化予防に効果があるといわれています。

引用元-ストレッチ理論(柔軟性の定義/ストレッチのメリット)

ストレッチで柔軟性を高めてダイエット効果

体が柔らかくなると、基礎代謝もアップ

しかし、身体の柔軟性を高めることによって、
基礎代謝を高めることは可能です。
そして、基礎代謝が上がると血行が良くなり、
ダイエット効果が期待できるだけでなく、
お肌の調子がよくなったり、
若返りの効果も考えられます。
また、肩こりや腰痛といったコリも軽減されます。

それでは、柔らかい体を作るためには、
どのようにしたらよいのでしょうか。

最も手軽な方法として、ストレッチがあります。
これと、同様の効果があるものとしては、
ヨガやピラティスもあります。
これらを、定期的に継続することで、
カロリーを消費するための筋肉もつきます。

そして、ダイエット効果を妨げる原因として、
ストレスも考えられますが、ストレッチを行うと、
リラックス効果もあり、ストレスの解消にも役立ちます。

なかでも、ストレスを抱えると、
甘いものが食べたくなったり、お酒が飲みたくなったりと、
暴飲暴食になってしまう人もいますが、その予防にもなります。
ですから、ダイエットの効果を上げるために、
身体をほぐしてあげましょう。

引用元-ダイエット | 【簡単!】柔軟性を高めるストレッチ方法

twitterの反応

 - 健康・美容, 生活ハウツー

ページ
上部へ