高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

【1984年春センバツ】1回戦 新津高校vs金足農業|白球の足あと

      2017/04/19

【1984年春センバツ】1回戦 新津高校vs金足農業|白球の足あと

1984年 第56回春の選抜甲子園大会1回戦 新津高校vs金足農業

春を告げる選抜大会において、雪国代表にとっては長い期間グラウンドを

使えないというハンディキャップがある。

しかしハンデを糧にしなくては、明日の勝利は見えては来ない。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年 夏の甲子園】1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業高校

1986年 第68回選手権大会1回戦 桐蔭高校vs宇都宮工業...

【2017年 夏の甲子園】 印象に残った試合|波佐見vs彦根東

印象に残った試合 波佐見vs彦根東 【2017年 夏の甲子園...

【2017年 夏の甲子園】印象に残った好ゲーム|仙台育英VS大阪桐蔭

2017年 第99回選手権大会 3回戦 仙台育英VS大阪桐蔭...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 秋田工業高校vs倉敷工業高校 ...

【2017年 夏の甲子園】気になるチームや選手を紹介|群馬・前橋育英

夏の甲子園を振り返って気になるチームや選手を紹介 20...

【1986年 夏の甲子園】1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校|白球の足あと

第68回選手権大会1回戦 東海大甲府高校vs福井商業高校 ...

【2017年夏の甲子園】埼玉県勢初優勝!決勝でも見せた打線の凄さとは?

第99回全国高校野球選手権大会は花咲徳栄が 埼玉県に初...

【1986年夏の甲子園】1回戦 甲西高校vs三沢商業高校|白球の足あと

開幕試合は初出場の若い勢いか、 もしくは前年から連続出...

【1986年夏の甲子園】注目の出場校|白球の足あと

1986年 第68回選手権大会の注目の出場校 春を告げ...

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

スポンサーリンク

念願の初出場

春を告げる選抜大会において、雪国代表にとっては長い期間グラウンドを使えないというハンディキャップがある。

しかしハンデを糧にしなくては、明日の勝利は見えては来ない。

新潟県代表として選抜出場も難しいなか、甲子園大会1回戦突破という目標がしばらく達成されないまま凍結状態にある。

実際新潟県自体のレベルが高くなく、県予選を突破しても北信越大会では苦戦が続いていた。

新津高校も北信越大会で星稜高校に完敗を喫したが、新潟県内においては無類の強さを発揮したことが選抜された要因となった。

チームの生命線は打たせて取るピッチングが身上の投手陣。

エース間、2番手広田のダブル右腕はともに防御率1点台と安定している。

ただ、攻撃力は低い。

2割6分のチーム打率もさることながら、エラーの数より低い盗塁数ではチャンスはなかなか作れない。

エース間が4割を打つ4番バッターでもあるので、あとはナインが間を助けたいところだ。

農業高校の星

同じく雪国からは、秋田県代表の金足農業が見事に初出場の切符をつかんだ。

しかし初出場と言ってもこの金足農業のレベルは高い。

東北地区では右の水沢、左の金野と言われるほど、エース水沢の評価は高い。

東北大会決勝で大船渡高校と延長16回を投げ合い、敗れたものの水沢の評価はより高まった。

防御率が0点台を記録したのは素晴らしいが、何と言っても制球力の高さが水沢の武器。

卓越されたコントロール技術で打たせて取る。

打たせたあとは、鍛えられた守備陣が固い守りを見せてくれる。

エラーも2試合に1個あるか無いかという安定ぶりだ。

打線の方も活発で、チーム打率も3割6分を越える。

特に1番大山から6番鈴木までの6人の破壊力は抜群で、6人のアベレージは4割2分を越える。

特にエースで4番の水沢は、チーム1番のホームランバッターなので、当たればピッチングも波に乗る。

新津高校の打線がやや線が細いため、この雪国対決は金足農業が有利との予想で試合は始まった。

まとまっている金足農業

1回の表、マウンドの水沢が緊張してコントロールが定まらない中、新津高校トップバッター広田はフォアボールを選んだ。

2番遠山の送りバントが水沢の足に当たり、フィールダーチョイスとなった。

しかし逆にこれで水沢は緊張から抜け、3番後藤をピッチャーゴロに抑えると4番間をファーストゴロ、5番帆刈を三振に斬った。

その裏、金足農業もトップの大山がフォアボールで歩く。

2番斎藤が送りバントを決め、ツーアウト後に4番ピッチャー水沢がレフトにタイムリーヒットを放って金足農業が早くも先取点をあげた。

自らの先制タイムリーで意気揚々の水沢は、伸びのあるストレートにカーブとシュートを織り混ぜて2回、3回、4回と三者凡退に抑えた。

新津高校エース間も毎回ランナーを出しながら、追加点は与えずに踏ん張った。

水沢ワンマンショー

5回の表、デッドボールは与えたものの、水沢はヒットを許さない完璧なピッチングを見せた。

その裏、金足農業はツーアウト満塁から5番長谷川、6番鈴木に連続タイムリーヒットが飛び出して一気に3点を追加した。

依然として水沢は新津高校にヒットを許さず、6回、7回とノーヒットピッチングを披露した。

7回裏、金足農業は先頭の斎藤がレフト前ヒットで出塁すると続く3番工藤の送りバントがエラーを誘ってランナー1、2塁。

ここで4番ピッチャーの水沢がレフトラッキーゾーンに飛び込むスリーランホームランを放ち、ダメ押しの7点目が追加された。

8回の表、新津高校は先頭の宮崎がフォアボールで出塁するも、水沢の牽制球でタッチアウト。

ツーアウト後、9番木村の打球はサードの頭を越えるヒットとなり、ノーヒットノーランは阻止した。

しかし両高校の実力は歴然で、このまま試合は金足農業が7-0で勝利した。

文 山口 元樹

高校野球好きの一人言

気がつくと今大会の完封1番乗りでしたね水沢投手。

素晴らしいピッチングにノーヒットノーランもあると思ってしまいました。

打線の方も力強く、数年の東北代表には無い総合力の高さを感じました。

 - スポーツ, 春のセンバツ, 高校野球

ページ
上部へ