高校野球、ゲーム、スポーツなどオールラウンドなキュレーションです

89ちゃんねる

フィギュアスケート見所たくさんのグランプリシリーズ

      2016/09/22

フィギュアスケート見所たくさんのグランプリシリーズ

10月より開催されているフィギュアスケートISU(国際スケート連盟)

グランプリシリーズですが、見所満載です。

昨年度ジュニア王者の挑戦や、あの選手の復帰試合も。

日程をチェックして応援しましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【1986年春センバツ】大会ベストナイン|白球の足あと

1986年 第58回春の選抜甲子園大会ベストナイン 激...

【1986年春センバツ】決勝 池田高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

池田高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 宇都宮南高校vs新湊高校|白球の足あと

宇都宮南高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準決勝 岡山南高校vs池田高校|白球の足あと

岡山南高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 広島工業高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

広島工業高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】準々決勝 新湊高校vs京都西高校|白球の足あと

新湊高校vs京都西高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】準々決勝 池田高校vs尾道商業高校|白球の足あと

池田高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】準々決勝 岡山南高校vs上宮高校|白球の足あと

岡山南高校vs上宮高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 高知高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

高知高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 広島工業高校vs浜松商業高校|白球の足あと

広島工業高校vs浜松商業高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】2回戦 京都西高校vs函館有斗高校|白球の足あと

京都西高校vs函館有斗高校 1986年 第58回春の選...

【1986年春センバツ】2回戦 拓大紅陵高校vs新湊高校|白球の足あと

拓大紅陵高校vs新湊高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 天理高校vs尾道商業高校|白球の足あと

天理高校vs尾道商業高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 防府商業高校vs池田高校|白球の足あと

防府商業高校vs池田高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 上宮高校vs松商学園高校|白球の足あと

上宮高校vs松商学園高校 1986年 第58回春の選抜...

【1986年春センバツ】2回戦 岡山南高校vs秋田高校|白球の足あと

岡山南高校vs秋田高校 1986年 第58回春の選抜甲...

【1986年春センバツ】2回戦 御坊商工高校vs宇都宮南高校|白球の足あと

御坊商工高校vs宇都宮南高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 高知高校vs帝京高校|白球の足あと

高知高校vs帝京高校 1986年 第58回春の選抜甲子...

【1986年春センバツ】1回戦 浜松商業高校vsPL学園高校|白球の足あと

浜松商業高校vsPL学園高校 1986年 第58回春の...

【1986年春センバツ】1回戦 鹿児島商業高校vs広島工業高校|白球の足あと

鹿児島商業高校vs広島工業高校 1986年 第58回春...

スポンサーリンク

フィギュアスケートグランプリシリーズ昨年ジュニア王者が第2位

フィギュアスケートGPシリーズ第1戦、スケートアメリカ最終日は24日(日本時間25日)、米ウィスコンシン州ミルウォーキーで行われ、シニアのGPシリーズにデビューした昨季の世界ジュニア王者・宇野昌磨(17=中京大中京高)は男子フリーでは176・65点で1位となり、合計257・43点で2位に輝いた。

引用元-宇野昌磨 GPデビュー戦2位!フリートップでSP4位から巻き返し (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

前日のSPで4位と出遅れた宇野だったが、フリーでは4回転―2回転の連続ジャンプを決めるなど圧巻の演技で高得点を叩き出して1位。合計258・95点をマークして優勝したマックス・アーロン(23=米国)に及ばなかったものの、初の大舞台で表彰台の快挙を成し遂げた。

 SP10位の無良崇人(24=洋菓子のヒロタ)はフリーは129・17点、合計200・83点で10位だった。

引用元-宇野昌磨 GPデビュー戦2位!フリートップでSP4位から巻き返し (スポニチアネックス) – Yahoo!ニュース

フィギュアスケート女子注目の宮原は3位

 【ミルウォーキー=共同】フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ最終日は24日に米ミルウォーキーで行われ、女子は宮原知子(大阪・関大高)が前日のショートプログラム(SP)に続いてフリーも122.95点の3位で、合計188.07点の3位となった。

 SP首位の15歳、エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)がフリー2位の合計206.01点でGP初優勝。今井遥(新潟県連盟)が10位、中塩美悠(広島ク)は11位だった。

 男子はSP4位の宇野昌磨(愛知・中京大中京高)と10位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)がフリーに挑む。

引用元-宮原は3位 フィギュアGPのスケートアメリカ  :日本経済新聞

2015年GPシリーズ日本人出場選手について

<2015年GPシリーズ日本人出場選手一覧>

第1戦 スケートアメリカ
2015年10月23-25日 アメリカ大会 @ミルウォーキー
出場選手:無良 崇人選手、宇野 昌磨選手、今井 遥選手、宮原 知子選手、中塩 美悠選手

第2戦 スケートカナダ
2015年10月30日-11月1日 カナダ大会 @レスブリッジ
出場選手:羽生 結弦選手、村上 大介選手、村上 佳菜子選手、永井 優香選手

第3戦 中国杯
2015年11月6-8日 中国大会 @北京
出場選手:小塚 崇彦選手、浅田 真央選手、本郷 理華選手

第4戦 エリックボンパール杯
2015年11月13-15日 フランス大会 @ボルドー
出場選手:村上 大介選手、宇野 昌磨選手、本郷 理華選手今井 遥選手、村上 佳菜子選手

第5戦 ロステレコム杯
2015年11月20-22日 ロシア大会 @モスクワ
出場選手:小塚 崇彦選手、本郷 理華選手、加藤 利緒菜選手、永井 優香選手

第6戦 NHK杯
2015年11月27-29日 日本大会 @長野
出場選手:羽生 結弦選手、無良 崇人選手、浅田 真央選手、宮原 知子選手 (+男女一人づつ出場します。)

引用元-海外スポーツサービス専門 ワールドスポーツコミュニティ株式会社/観戦チケット手配|海外マラソン|スポーツビジネス|プロテスト|ウェディング | フィギュアスケート出場選手発表!

浅田真央選手がグランプリシリーズで復帰

フィギュアスケート2015-2016シーズンは
浅田真央選手の復帰で注目を集めることは
間違いなし!

1年ぶりの真央ちゃんのスケート
ちゃんと滑れるのか?

いや一昨年以上に進化しているのか?

不安tと期待が入り混じっています…。

そんな浅田真央選手がグランプリシリーズに
出場することが発表されましたね!

引用元-フィギュアスケートグランプリシリーズ2015の日程や女子出場選手は | Irodori Terrace

浅田真央選手ですが、通常であれば昨シーズン
休養しており、前年度実績はありませんので、

地方大会、全日本選手権などで高得点を出さな
ければ出場できません。

が、そこはさずが浅田真央選手。

これまでの実績が考慮されて出場が認められた
ようです!

引用元-フィギュアスケートグランプリシリーズ2015の日程や女子出場選手は | Irodori Terrace

フィギュアスケートISUグランプリシリーズの出場資格について

出場資格要件はシーズンごとに発表されているが、ISU世界ランキングの改定がなされた2007-2008シーズン以降はほぼ変わっていない。前シーズンの世界選手権の上位者、ISUランキングやシーズンベストスコアの上位選手などが出場資格を獲得する。各選手は最大で2大会まで出場することができる。
2014-2015年シーズンの出場資格要件は以下の通り[1]
シード選手
2014年世界選手権の1位から6位までの選手をシード選手とする。シード選手には、くじ引きによって2大会が割り当てられる。
過去10年間の世界選手権で上位6位に入った選手が復帰する場合、一度だけ2枠の出場枠を得ることができる。また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。
もしシード選手または復帰する選手が、割り当てられたどちらかの大会を欠場する場合、それが医療上の理由であったとしても、他の大会への新たな割り当てはない。
ここまでで欠員があった場合、2014-2015年シーズンのベストスコアが2013年世界選手権の上位6名と同等かそれ以上の選手が優先的にシード選手になる。
招待選手
2014年世界選手権の男女シングルで7位から12位、ペア/アイスダンスで7位から10位でミニマムスコアを満たす選手は、2つの大会に選出されることが保証される。もしそれらの選手で引退者が出た場合、2014年世界選手権の13位以下、11位以下の選手が順に選出される。
過去2シーズンの世界選手権で7位から12位に入ったペア/アイスダンスの選手が、新しいパートナーと組んで出場する場合、直前のパートナーとのベストスコアでリストにのることができる。また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。
2012年または2013年の世界選手権で7位から12位に入った選手が、2012-2014年シーズンを怪我で欠場、もしくは競技会に参加しなかった場合、直近のシーズンのベストスコアでリストにのることができる。また、出場のためのミニマムスコアを満たす必要は無い。
ここまでの記述にあてはまらない選手で、ISU世界ランキングで上位24位または2013-2014年シーズンのベストスコアでミニマムスコアを満たした上位24名の選手は、1つの大会が保証される。ベストスコアのリストは、シーズンごとに、以下の大会のものから編集される。
ISUジュニアグランプリおよびファイナル
ISUグランプリシリーズおよびファイナル
ISUチャンピオンシップス(世界選手権、欧州選手権、四大陸選手権、世界ジュニア選手権)
冬季オリンピックまたはユースオリンピック
その他、ISU国際スケート連盟によってそれぞれの年にISUがそれと認めた大会)
世界ジュニア選手権のメダリストとISUジュニアグランプリファイナルの金メダリストは、出場のためのミニマムスコアを満たしており、2014-2015年シーズンからシニアに参加する意向があれば、選考対象に含まれる。
大会開催国の選手は最大で3名、その国の大会に参加できる。この3名とは、ここまでの記述に当てはまる選手から選出される。もし開催国がその3名分の権利の行使をしないならば、その空き枠は、2のa.からe.に該当する選手から満たされねばならない。開催国の選手を出場させる場合、まず2014-2015年シーズンのベストスコアの上位75名の中から選ばなければならない。開催国の選手は出場のためのミニマムスコアを満たしている必要は無いが、満たしていることを推奨している。
2のa. b. c. に該当するのすべてのスケーターが1つの大会に選出されてもなお空き枠がある場合、開催国は2014-2015年シーズンのベストスコアの上位75名から選手を選出して空き枠を埋めることができる。
シード選手と復帰する選手とここまでの招待選手の他に、それぞれの開催国のISUメンバーは、ISUフィギュアスケートイベントコーディネーショングループによって設定された選出手続きにより、追加選手を選出することができる。しかしながら、一つの大会の最大エントリー人数は以下の通りである。
男女シングル 8人~12人(13人以上でも7人以下でもいけない)
ペア 6組~8組
アイスダンス 6組~8組
招待選手は2つより多くの大会に参加することはできない。これらの大会はISU世界ランキングのポイントと賞金が与えられる。
最大、3人/3組の選手が同一国から同じ大会に出場することができる。
もし、シード選手では無い選手が選出された大会に出場しない場合、他の大会に選出されることはない。
もし、シード選手では無い選手が医療上の理由で選出された大会に出場しない場合、他の大会に選出されることはない。
ミニマムスコア
2014-2015年シーズンのグランプリシリーズに出場するには、2014年世界選手権の優勝者の3/5のスコアもしくは、ISUの設定する最低技術点のいずれかをクリアしていなければならない。
2014-2015年シーズンのグランプリシリーズの出場に必要なミニマムスコアは
男子シングル 169.56
女子シングル 130.02
ペア 134.94
アイスダンス 105.27
2014-2015年シーズンのグランプリシリーズの出場に必要な最低技術点は
男子シングル SP:31.68 FS:59.97
女子シングル SP:25.68 FS:40.32
ペア SP:26.20 FS:43.08
アイスダンス SD:20.25 FD:31.23

引用元-ISUグランプリシリーズ – Wikipedia

twitterの反応

 - スポーツ, フィギュアスケート

ページ
上部へ